« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

新南半球6ネーションズ、日本とフィジー加入か?

先週25日にSanzaarのNew Zealand, South Africa, Australia and Argentina
が会合を開き、現行の4カ国のラグビーチャンピオンシップを拡大して
2国を加入させることで合意したようです。
またTimesです。一部ですが。
日本が特に大きい人参だそうです。日本は北半球ですが、タイムゾーンは3国とは合います。

NZでも。

今週金曜、明日ですね、日本とも話するようです。

実現すると毎年5試合のテストマッチが。日本でも2,3試合あるでしょうか。

ワールドカップ開催地でも開催できそうです。

欧州の6ネーションズは新チームに門戸を開きたくないようです。

時差ありますし。

オールブラックスとウエールズファンが、
NZからは1万5千人きたといいますから、ほとんど決勝の予定だったと思います。
チケット、イングランドとボックスファンが欲しがっているようです。
リセールに出していると思います。だからリセール制度があるんですね。

オールブラックスファンが3位決定戦のチケット求めて
すごいです。ウエールズファンもいるかも。
私100回ほどカゴに入れようとしましたが、用意できませんでした。苦笑。
すごい、販売開始以降一番込んでいるかも。

NZファンには気を付けたほうがいいようです。
渋谷で問題起こしています。

ウエールズ、リー・ハーフペニーコンカッションです。FBがいなくなりました。
Hallam Amosはミスが多くて。
でも他はベンチを入れるとベストに近いです。
Wales: Hallam Amos, Owen Lane, Jonathan Davies, Owen Watkin, Josh Adams, Rhys Patchell, Tomos Williams; Ross Moriarty, James Davies, Justin Tipuric, Alun Wyn Jines, Adam Beard, Dillon Lewis, Ken Owens, Nicky Smith.

Reserves: Elliot Dee, Rhys Carre, Wyn Jones, Jake Ball, Aaron Shingler, Gareth Davies, Dan Biggar, Hadleigh Parkes.

オールブラックスはベテランに変えてきました。

All Blacks: 15. Beauden Barrett, 14. Ben Smith, 13. Ryan Crotty, 12. Sonny Bill Williams, 11. Rieko Ioane, 10. Richie Mo'unga, 9. Aaron Smith, 8. Kieran Read (c), 7. Sam Cane, 6. Shannon Frizell, 5. Scott Barrett, 4. Brodie Retallick, 3. Nepo Laulala, 2. Dane Coles 1. Joe Moody.

Reserves: 16. Liam Coltman, 17. Atu Moli, 18. Angus Ta'avaou, 19. Patrick Tuipuloru, 20. Matt Todd, 21. Brad Weber, 22. Anton Lienert-Brown, 23. Jordie Barrett.

ウエールズ決勝で見たかったですが、オールブラックスとの対戦は
66年ぶりの勝利がかかっているので、ワールドカップの4年より長い
意味があります。笑い。

クラブチームはその間2回勝っています。
New Zealand 0 vs Newport 3 30 October 1963

1972年10月31日、40年前にABsがウエールズのクラブ Llanelli(スラネスリー)に負けています。

エデイの後任にイングランド協会のナイジェル・メルビルがガトランドにオファーして
、断られてことがあって、自分を脅かす存在と思っていたと思います。

ジャステイン・マーシャルはウオーレン・ガトランド推しのようです。

中村亮土が母校鹿児島実業を訪問。
南日本放送
いいタックルしてましたね。
2013年に書いたものですが
帝京大SO中村亮土は日本代表として楽しみ
その通りになってよかったです。

私は熊本天草育ちですが、テレビは鹿児島のを見ていたので。
長崎もそうですが。
熊本のほうが映りは悪かったかも。距離的には熊本が
遠かったです。
長崎に原爆が落ちた時祖母は光が見えたといっていました。
そいういうことで川内原発恐いです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2019年10月30日 (水)

ジェイミー・ジョゼフ、オールブラックスコーチの有力候補になってきています。

1995年のオールブラックスのコーチ、ローリー・メインズ、ジェイミー・ジョゼフを推薦
しました。
オールブラックスコーチにです。
逆境の経験が必要と語り、暗にスコット・ロバートソンを
カンタベリーという恵まれた環境で温室育ちと
指摘しました。
ジェイミー・ジョゼフはまさに、ローリー・メインズの
教え子です。ワールドカップメンバーでしたし、
オタゴの重鎮ですから。
ウオーレン・ガトランドはBIライオンズコーチとの
契約があるので、次は難しいようです。
次の次でしょうか。
でも金曜日の試合後に何か変化するかもしれません。

JJがオールブラックスコーチの期待が高まってくると、ジャパンの
コーチのオファーはどうなるでしょうか。
ワールドカップ後、NZで候補者が応募して、クリスマス前に
いろいろ聞いて決まるようです。

ローリー・メインズはオールブラックスに革新的なプレーを
もたらしました。
自陣からも攻める、繋ぐラグビーでした。決定力もあり、ロムーが
その象徴でした。
1987年に優勝して、1991年は3位と,沈滞しました。
それはメインズが現役時代にそういうグラウンドいっぱい
走り回るラグビーをやってたのを参考にしたと思います。
大会前1年はあまりさえずに、とても優勝できるとは思えない状態でしたが
大会に入ってから変貌しました。
優勝の賭けも低かったです。
それが一気に優勝しそうになったので、1995年は、掛屋に
毒を盛られて決勝では動けず、ボックスの優勝となりました。

ブライアン・オドリスコールのワールカップ15に福岡と流とガッキーの3人が
入っています。
Brian O'Driscoll's team of the tournament:

15. Beauden Barrett (New Zealand), 14. Kenki Fukuoka (Japan), 13. Manu Tuilagi (England), 12. Damian de Allende (South Africa), 11. Semi Radradra (Fiji), 10. George Ford (England) 9. Yutake Nagare (Japan), 8. Duane Vermeulen (South Africa), 7. Sam Underhill (England), 6. Aaron Wainright (Wales), 5. Maro Itoje (England), 4. Alun Wyn Jones (Wales), 3. Kyle Sinckler (England), 2. Ken Owens (Wales), 1. Keita Inagaki (Japan)

NO8は姫野だという意見もありました。

 

エデイがガトランドに意地悪な反応したようです。
自分は決勝進出で得意の絶頂なのかもしれません。まだ試合終わっていませんが。
このあたりに人間性が出ますね。
出し殻のオールブラックスに勝ったわけですが。
ウエールズはレフリーにやられただけで試合は勝っていました。
イングランドはウエールズより試合が1試合少ないです。フランス戦がなかったので
、試合があったらけが人出たかもしれません。ここまではかなり
ラッキーな面もあります。

ナイジェル・オーウエンスがファイナルから外れたのは、前回やったからのようで、
ウエイン・バーンズはファイナルにイングランドが出たので、ブロンズのほうになりました。
ガルセスはそいういうことのようです。
ヤコ・パイパーは写真の問題で、またファイルナルはボックスなので
できなかったようです。ナイジェルはふくらはぎ痛でした。

ゴルフとラグビー、似たところがありますね。
タイガー・ウッズも

決勝戦のチケット持っていたんですが、リセールしました。
ほんの若干,もったいないかなと思いましたが、3位決定戦のカードが
決勝だと思って買ったので。それにほかの理由もありましたから。
3位決定戦か見たかったですが、カゴに入らなくて。

オールブラックスファンもリセールしたでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (6)

2019年10月29日 (火)

レフリー、ジェローム・ガルセス、バランスを取ったか。?

ガルセスの笛が疑問視されています。
スプリングボックス対ウエールズの
アラウイン・ジョーンズが持ち込んだ時、ボックスの選手Franco Mostertが倒れこんで
寝ています。
この人ですね。

中立のイングランドのレフリーが指摘しています。
タイムズに写真もあります。勝ちを取られたと
南アフリカのサイトも
同点で10mラインから5mはいったところですからキックも入ったと思います。

写真は寝た後の立った写真です。
ビデオでは73分ごろ。
オフサイドの位置で寝てプレーしています。
ビデオだとはっきりわかります。
黒髪が長いロックです。
エリオット・デイがフランソワ・ローをクリーンアウトに入るのを邪魔しています。
寝ているので回り込んでいますから遅れました。
珍しくアラウイン・ジョーンズが怒ってジャージーつかんでいます。
ガルセス目の前で見ています。

それにすぐ後のモールを崩したというカレのプレーも微妙でした。
この最後の笛二つが影響しました。
ボックスは倒れこみ気味のプレーすごく多かったです。
ブライトンでもそうでしたが。ボールだしを邪魔しています。
ガルセス、ガルセスをはずせとワールドラグビーに嘆願書を
出されてボックスファンを恐れてバランスを取ったかも。

レフリーの笛で局面が変わる試合でした。
まさしくコイントスの裏表が出るかというような試合でしたから。

決勝はナイジェル・オーウエンスになりそうです。

ガルセスがファイナル、ウエイン・バーンズが3位決定戦になりました。

やはりテイア1のメデイアですね。チェックしてます。

こういうのをquality paperと言います。他の部門の威を借りてるだけなのと違います。

結果は変わらないかもしれませんが、信じてよかったです。

ウイリアム王子
ウエールズ代表に温かいメッセージを送る。

母親と小さいころから見ているので愛情があります。

弟のヘンリー王子は決勝を見に来るようです。

ソニーはカナダのリーグに高額のオファーなので行くようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

ウエールズ、1953年以来のオールブラックスに勝利の機会が

ウエールズけが人に散る。

スクラムに差がありました。

負けは負けですが、試合はほんのわずかな差でした。
ジョージ・ノースの怪我痛かったです。
後半追い上げの時、いたら違っていたかも。
リー・ハーフペニーは勝っていたらMOMでした。
でもウエールズ、オールブラックスと対戦します。
1953年に勝ったのが最後ですが、対戦の機会が来ました。

切り替えます。

ボックスのフランソワ・ローはブライントンで
ヘスケスがトライした時、マフイにハンドオフされて
呆然としていましたが、ジャッカルを決めました。
ガルセスの笛で。こんなこともあるんですね。
でもほんとわずかな差でした。スプリングボックスおめでとう。
ウエールズには楽しませてもらいました。
選手層が薄い中で、これだけ怪我が相次いでいましたが。
ガトランドもいずれオールブラックスで優勝してくれると
思います。
ただ今大会、「スプリングボクス問題」でボックスのこと
考えることが多く、それで負けたのかも。笑い。
色々調べました。
まず、1995年南アフリカでのワールドカップを1か月滞在して
取材された、毎日新聞の元記者大野晃氏の
1995年の「南アW杯リポート」を偶然見つけました。
スプリングボックスと書いておられます。
また大野氏から問い合わせに直接ご返事をいただき、スプリングボックス/ボックスと
いうこともお聞きしました。
ラグビー通信では今大会のことも書いておられます。

スポーツ紙が1,2ボクスと書いていましたが、これは
共同通信の語句ガイドブックがそうなっているからのようです。
こちらにも連絡して、語句を検討するという返事でした。
共同通信さんには産業部ですが製品の取材で2回お世話になったことがあります。
もう一つ、大手紙にも問い合わせましたが、やはり
1か月滞在された方のほうが信じられます。この大手紙、二つほど
疑問に思うことがあるので。クオリティペーパーの点も
あることは知っていますが、腰砕けの面もあります。

ボックスのチームバスに乗っている人にも何回か聞きました。
そういうことで、スプリングボックスも縁があったので、決勝は応援するこtに
します。今大会尻上がりに調子出てきていますね。
ボックスキックばかりなのがちょっとですが。

両チーム81回キックだったそうです。

当たり前ですか。ボックスのボックスキック。ハハ。
なお、ボクスの単数形はボクになって変ですね。
僕ボク、朴もあります。
それに相互変換でボクスだったらbokusしかないので、
そんなチームどこにも存在しません。

3位決定戦が残っていますが、負けたアイルランドやスコットランドのサポーターの気分です。
オールブラックスも1991年は出たことあります。
スコットランドとでした。
1991年も、オールブラックスはジョン・ハートと
グリッツ・ワイリーが仲が悪く、チーム事情悪かったです。

ステイーブ・チューはまだ変なこと言っています。
早く、マーク・ロビンソンに代わってほしいです。
そういう面もあるでしょうけどひどい。

オールブラックスをダメにした一人でしょう。

ハカが派手になったことは、生前コリン・ミーズも批判していました。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

ウエールズ、アンダードッグを楽しんでいる。

どんどん書いて欲しいらしいです。
きょう出る人で
Leigh Halfpenny, Jonathan Davies and captain(今の) Alun Wyn Jones, George North
の4人が2011年の準決勝フランス戦に出てたんですね。
Ken Owensは行っていますがまだ若手でした。
心強いです。

出ないですがBradley Daviesも。

イングランドはカパオパンゴが矢印のようになるのを、
包むようにして、心理的動揺させてました。
凝りすぎのハカで自滅した感じです。マイナスでした。
ずっと前の(1960年代)のように、ゴールラインに平行に
並んでいると、そういうことはされないですが。

ウエールズが決勝進出したら、ウイリアムズ王子も来るようですし
ハリー王子も来て、兄弟で応援することになります。
チャールズ皇太子に続いて家族で応援です。

オールブラックス、イングランドにも負けたかという感じです。
ラーメン食べてましたからね。

NZではイアン・フォスターの株が下落しています。
ジェイミー・ジョゼフが上がっています。
もちろん。

新潟は今頃。ガッキーがいるのに。
おかげで熊本開催になりました。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (2)

2019年10月26日 (土)

お茶の出し殻のようなオールブラックス

3連覇できないと思っていましたが決勝までは行くと
思っていました。またしてもエデイにやられました。
そしてマロ・イトジェに。おめでとう。イングランド。
ロックの強いチームは強いですね。
それほど不安定なオールブラックスでした。
レフリーの目を盗んで、PGを3mぐらい前から蹴る
チームが優勝するわけはありません。
金儲けのためのハカに現を抜かしていたので。
カパオパンゴはもう使わなくなると思います。
もっと質実剛健で短いのでいいです。

奢りです。

ステイーブ・ハンセンは何だったんでしょうね。
サー・グラハム・ヘンリーとウエイン・スミスと
リッチー・マッコーとダン・カーターが作った
チームに乗った人だったかも。
厳しいですが。
その人たちが抜けたらほとんど残っていませんでした。

アーロン・スミスを使い続けましたね。タックルの弱さが
今日も何回かありました。
FW周辺を責められると動けなくなります。
TJ・ペレナラを何故先発しないのかと
ずっと疑問に思っていました。

オールブラックスは次のコーチも頼りないので
しばらく低迷が続くでしょう。
1969年から見ていますが、いつも強かったわけではなく
半分ぐらいはよく負けていました。

ウオーレン・ガトランドが立て直してくれると思います。

今日はやっぱりという感じです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2003年のリベンジができるかオールブラックス

イングランドに負けたのは2002年で、翌年のワールドカップでh
対戦していませんが、
準決勝ワラビーズ戦です。
Four more yearsのあの試合です。
コーチはエデイ・ジョーンズ。
しかもこの時のオールブラックスのコーチの
ジョン・ミッチェルがイングランドのDFコーチに成り下がっています。
オールブラックス史上最低のコーチでしょう。
アシスタントコーチのロビー・デイーンズはおとなしくて
ひどかったミッチェルを抑えきれませんでした。
タナ・ウマンガが直言したらしいですが。
負けた相手の軍門に下るという節操のなさです。
ここで勝たないとオールブラックスではありません。
私がエデイに厳しいのはこのことがあるからですね。
ジャパンに対してはよくやってくれましたが。
フィッツイが東京に来て、グラント・フォックスと旧交を温めている
用ですが、相変わらず予想ははずれています。
コーチに向かない脳が筋肉の人です。
イングランドは規律が悪いのでペナルティキックが重要になります。

リアム・ウイリアムズ今大会
余りいいプレーしてなかったです。
ダン・ビガーとぶつかったりしていました。
Wales: Halfpenny; North, J Davies, Parkes, Adams; Biggar, G Davies; Wyn Jones, Owens, Francis, Ball, Alun Wyn Jones (capt), Wainwright, Moriarty, Tipuric.

Replacements: Dee, R Carre, Francis, Beard, Shingler, T Williams, Patchell, Watkin.

2015年大会ではウエールズはボックスに準々決勝で19-23で負けてますね。
けが人が多い大会でした。
リベンジになります。

私は、今大会は強い主将でロックがいて、さらに
最も優れているコーチがいるウエールズが勝つと期待し信じていますが
今日ばかりはオールブラックスファンに戻ります。
ウオーレン・ガトランドがオールブラックスコーチになれば
もう揺らぐことはありませんが。

日本にオールブラックスファンが多いのは、交流の歴史が
圧倒的に多いからです。
最初は1955年オールブラックスコルツの来日だと思います。
ウイルソン・ウイナレー主将、pinetree コリン・ミーズ、日本でその
ニックネームがつきました。ケル・トリメーン等、その後の
1960年代の史上最強時代を作った人たちがいました。
日比野さんはウイングで対戦したことがあるようです。
それからはNZUとの試合に移っていきました。
今も来ることあると思います。長いです。
オールブラックスは数名入っていましたが。
アール・カートン
グラハム・ソーン
ミック・オカラハン等。
ジェラルド・ケンバー主将はオールブラックスになれなかったです。
ポンソンビーも来たことがあります。ブライアン・ウイリアムズがいました。
日本からも多くのチームが行っています。
ワラビーズは少ないです。
イールズが主将の時来ましたが、観客少なかったですね。
ブランビーズが駒沢に来て、日本代表と試合したかと?
思いますが、その時はエデイがコーチだったかもしれません。

高校代表は来ましたが。

交流が少ないのに人気が欲しいというのは虫がよすぎます。

また同じことを言われないように。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

ジェイク・ホワイト、ワールドカップは強い主将・ロックのチームがエリスカップを掲げる。

ワールドカップ優勝コーチですが、
アラウイン・ジョーンズをリッチー・マッコー、フランコ・ピナー、
ジョン・イーズルズ、マーチン・ジョンソンと同じだと評価しています。
正直ですね。ロックで主将は二人です。
ウエールズの心臓だと。
エラスムズも記者会見ではウエールズを褒めています。
内心は違うんでしょうが。
リアム・ウイリアムズがかかと怪我したみたいです。
痛いですが、リー・ハーフペニーがいます。

オールブラックス対イングランドを事実上の決勝戦と言う人もいますが、
イングランドはそうではないですよね。
2003年優勝したチームほどの力ないです。
イングランドは今大会、まだ強い相手と当たってないです。
フランスと試合してないですし、レッドカードのアルゼンチンでしたから。
ワラビーズは、ワラビーズのワールドカップ史上で最弱でした。
オールブラックスもベストでないし。
両チーム年齢とかキャップ数似通っていますが。
オールブラックスはラインアウトを増やすでしょうね。
平均身長だいぶ違うようです。
2位決定戦というところかも。
スパイ騒動って、エデイが言い出したことなので、作り話でしょう。
何か言い出すのはいつもエデイですから。
安っぽいすぐわかるマインドゲーム。自信がないんでしょうね。
選手には迷惑かも。
優勝するチームがどこになるかです。

ジェイク・ホワイトと対極をなす発言です。

デイブ・レニーが次のワラビーズコーチになりそうです。

トニー・ブラウンは日本に来ないと思います。
オールブラックスのアシスタントコーチになる機会は
そうありませんから。

日テレ、ラグビーワールドカップ、最初は孤軍奮闘
ジャパンの選手が優先して出演しているのも当然ですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

オールグラックス対イングランドは2002年から16勝2敗

オールグラックス対イングランドの2002年からの対戦成績です。
2勝のうち、一つは、2003年優勝したチームがミッチェル&デイーンズの
チームに勝ったのが入っています。あとはホーム、トウイッケナムです。
イングランドがオールブラックスに勝つのは難しいことです。
1点差負けが2回。
大差もありますが、僅差も多いです。
今回は僅差になって、オールブラックスの勝利を期待します。
コーチ同士は舌戦してませんが、ヘラルドとエデイはやっているようです。
ヘラルドがイングランドは嫌われ者と言っています。日本ではなぜかそうでは
ないですが、世界ではそうです。のべつまくなしに人種差別の歌っていますからね。

スコット・バレットを6番で使い、神風キッドに対抗するようです。

オールブラックスFW圧倒すると思います。

イングランドはデイズニーの近くで練習しているようです。

通信社の語句ハンドブックを使わない人はこうなります。

試合は地上波で放送されるようですね。

ユーミンのラジオに堀江選手が出演

この人が受けてくれたらジャパンはもっと強くなります。
ジェイミー・ジョゼフがベスト8に行きましたが。
ウエイン・スミスという話もあるようです。一紙だけ書きました。
次のジャパンのコーチにです。
彼が受けてくれるかどうかが一番問題ですが、健康の問題と旅行が多いので
オールグラックスのアシスタントコーチをやめた経緯があります。
ジャパンもっと強くなります。神鋼を見ればわかると思います。
JJもウエイン・スミスだと実績、能力が違いますから
つむじを曲げるでしょうね。
Wフェラーリを繋げたのはトニー・ブラウンだと思いますが
彼は次期オールグラックスコーチ候補二人からひっぱりだこで
功績大きかったと思います。

日本がボックスに完敗したので、準決勝のウエールズ戦、ボックス有利という
日本の記者さんの記事目につきますが、ウエールズもアダム・ベアードとアダム・シングラー
という大型選手がいるのでフイジカルの差はそれほどありません。
ボックスはキックで攻めるでしょうが、ウエールズのバック3はハイボールに
強いです。ダン・ビガーも。
差があるのはコーチの経験です。
ラッシーはハイネケン・メイヤーの後はキヤノンのクッツエがやってたので
去年から2年です。ウオーレンはウエールズコーチとして12年、
B&Iライオンズコーチ、2回、2年後もう1回、アシスタントコーチとして、南アツアー1回。

準々決勝しか見てないようです。
ウオーレンは子供のブライアンをウエールズ代表と一緒の練習に呼んだようです。
ハイランダーズでサンウルブズとの試合で重傷を負いましたが
治ったようです。秩父宮ラグビー場で練習しています。
ステイーブ・ハンセンに許可取ったようです。オールグラックスに
なるかもしれませんので。
怪我を振り払いたかったのかも。バーバリアンズに選ぶようです。
イングランドとか、別の練習場でやっていますが、ウエールズだけ
恵まれていると思いましたが、チャールズ皇太子が激励に来るから
だったのかもしれません。長年のつかえがとれたかのような顔が

印象的でした。

ボックスファンはガルセスが嫌いみたいです。今回のBプールのオールブラックス戦も
そうで負けましたから。さらにブライトンでもそうでした。
さらに準決勝のオールグラックス戦も。
さらに2017年のウエールズ戦もそうで、これも負けています。
ガルセスはボックス戦14試合吹いて、ボックスが勝ったの4試合のようです。
ボックスファン、ガルセスを替えてという署名まで始めているようです、
これますます、ガルセスの印象悪くしていますね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2019年10月23日 (水)

Prince of Walesチャールズ皇太子、ウエールズラグビーを訪問

天皇陛下即位の儀式のため来日中ですが、トレーニング会場を
訪問するようです
チャールズ皇太子はラグビー観戦は小さいころの経験でほとんどしないようですが
最近はテレビでは見てはいるようです。

ブライトンの奇跡を見て、上皇陛下にメッセージがあったようです。
妹のアン王女はスコットランドを見ていましたね。
ウイリアムズ王子がウエールズラグビーのパトロンです。
Princes of Walesだったダイアナ妃が好きで二人の王子を連れて観戦していました。

チャールズ皇太子はガトランドのウエールズコーチ時代に
初めてチームを訪れたようです。というか何十年もないことではないでしょうか。
火曜日に日本についた、オーウエン・レインにワールドカップキャップを
プレゼントしました。
チャールズ皇太子はイングランドチームには行かないんでしょうか。
エリザベス女王健在ですが、重みありますね。次期国王ですから。
非常に珍しいことです。初めて見ました。エリザベス女王がラグビー見ていたのを

覚えていますが。

姫野がプレイヤーオブトーナメントの候補にあがりそうです。
タックルとキャリー、ジャッカルで印象を残しました。

準決勝のレフリー
ナイジェル・オーウエンスがオールブラックス対イングランド、
でタッチジャッジがRomain Poite と Pascal Gauzere
TMOがMarius Jonker
でもこの試合地上波では放送ないようですね。
面白い試合なのに。
オールグラックスコーチのステイーブ・ハンセンと
エデイ・ジョーンズはメールを交換する友達です。
去年の対戦は16-15でオールブラックスでした。
今回も接戦になると思いますがオールブラックスが勝つと思います。

ジェローム・ガルセがウエールズ対スプリングボックス
タッチジャッジはWayne BarnesとBen O'Keeffe
TMOがBen Skeen
ヤコ・パイパーはウエールズファンとのひじうち写真で
はずされました。
ボックスのラシー・エラスムスがジャパン戦の後、
あと2週間と言っていますが、それが実現するかどうか。

ゴルフとラグビー似ているところもあります。
アプローチが
体をぶつけあうのは他にないものですが。
バスケットのニュース減ったと思います。

ロシアラグビー事情。スターリンがソ連時代に禁止していたようです。

ラグビーは自由な考えが必要ですからね。

流よく言った。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

ラグビー日本代表の試合が多くなってほしいです。その準チームであるサンウルブズも。

ジャパンロスがあるようです、次のワールドカップまで待つのでなく、
その4年間でもっと日本代表の試合を見たいと思うのではないでしょうか。
来年イングランドが来るようですが。

トップリーグ、国内リーグも大事ですが、よりレベルの高い試合も
多く見れるのがいいと思います。
ジャパンを応援するとOne Teamになりますから。一番盛り上がります。
4年後だけでなく、その後もずっと続くように。

サンウルブズのスーパーラグビー復帰
ラグビーチャンピオンシップ参加が進みそうです。
スーパーラグビーとラグビーチャンピオンシップ参加だと
試合数が大幅に増えます。トップリーグ、新プロリーグと重なる部分が
ありそうです。誰がサラリーを払うのかという問題もありますが。

ラグビーチャンピオンシップのみとかのは?プションは?

サム・ケインも日本が truly top tierだと好意的に発言しています。

村田亙さん 課題
ボックス戦敗因はセットプレーの差

こういう見方をしている人がいるのはいいですね。
ファンの中にもスプリングボックス戦は力の差があったと
感じている人も見受けられます。こういう指摘、批評がチームを
強くします。

ジャパン、バレードやりそうですね。
府中でなく、銀座とか。

オールグラックスとアイルランドが16.4%
日本シリーズが8.4%だったようです。
これを待っていました。
野球がNO1かのように振舞うのはやめてほしいと思います。
他のスポーツもあります。
すぐにはいかないと思いますが、その契機になれば。
サッカーはワールドカップでベスト8に行ったことはまだないんですね。

ウエールズのJosh Navidiが肉離れで、代わりにセンターの若い21歳の」Owen Laneが
よばれることになりました。3列の代わりにバックスになったのは
3列は選手が多く、センターが不足しているからです。
カレと同じく次世代の中心選手のレーンが呼ばれるのはいいことだと思います。

ラグビーロスはワールドカップまだ4試合あります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

ジャパン、ベスト8進出は偉業。お疲れ様でした。

昨日の昼に近くを散歩したら、
向こうから、ジャパンの
ジャージーを着た小学生の兄弟が歩いてきました。
ここまで来たかと。吉兆だと思いましたが。
彼らが今後ラグビーをプレーしてくれると思います。
ラグビーが日本人に刻み付けられました。

スクラム押されましたね。後半はスーパーラグビーで何度も
見た光景で敵陣に行けませんでした。

コルビをマークしすぎて、マッピンピに走られました。
最初のトライ、田村のタックルが決まりませんでした。
ボックスも研究してますね。タックルの弱い田村を
狙った感じです。


速いデイフェンスでバックスも動けませんでした。
これはスクラムを押すと、プレシャーがかかりますから。
スクラムはやっぱりエデイ時代が強かったと思います。
今のは耐えるスクラムで押すスクラムではありませんでした。
ラグビーは前5人ですから。
この経験を生かして、押すスクラムにして欲しい。
ラインアウトもリーチをマークされて何本か取られていました。
セットプレーに差がありました。
日本も2m級のロックでないと。
ベスト8進出はジェイミー・ジョゼフとトニー・ブラウン、スコット・ハンセン、
長谷川コーチの功績ですが、より強くってほしいと思います。
段階を踏んでと考えていたのかもしれませんが
スーパーラグビーを避けて、逃げているようでは、今日のような結果に
なります。強いところとやらないと強くなりません。
180cm台のロックを使っているようでは。
あえて言いますが、今の方法では限界だと思います。

ワールドカップは続きます。これからが本番です。

ウエールズは1点差でフランスに勝利して、
2011年の準決勝の8-9の1点差負けのリベンジしました。
フランスロックのレッドカードがないと負けてたと思います。
これも2011年のサム・ウオービトンのレッドカードの裏返しでした。
フランスは決勝に進み、オールブラックスと7-8でした。
Aaron Wainwrightはトライと肘打ちされましたが、MOMでした。
次のキャプテンになりそうです。
ヌタマックのキックが2回ポストに当たってはずれたのも味方しました。
フランスはやっぱりファビアン・ガルシエが次のコーチになるようです。
U20も強いようですし次回は優勝候補でしょう。
イングランドもフランスと試合してたら楽に勝てなかったと思います。

ウエールズは、試合直前ジョナサン・デービスが膝の怪我で交代して、
バックスの攻守の要ですから、2トライ取られました。
交代で入ったSHのトモス・ウイリアムズがボールを
剥ぎ取り、トライにつなぎました。

ブライアン・オドリスコールがワールドカップ優勝は、オールブラックスか
イングランドだと言ったようです。彼はライオンズツアーで
ジョナサン・デービスにポジション奪われたのをまだに持っているようです。

ウエールズがジャパンの仇を取ってくれますよ。

姫野

ブログ村ラグビーに参加しています。

 


ラグビーランキング

 

| | コメント (2)

2019年10月20日 (日)

スプリングボックス、去年スコットランドと26-20

ワールドカップ2回優勝とか予選リーグ最多得点とか無敵の印象も
少しありますが去年のボックスの欧州ツアーです。

カナダとナミビアが入っていますから。

イングランド 12-11 負け
フランス 26-29 勝ち
スコットランド20-26 勝ち
ウエールズ 20-11 負け

ジャパン、スコットランドとの点差参考になると思います。

ワールドカップで急に強くなるものでもありません。
イングランド対ワラビーズ 37-18でしたから。

ランク ジャパン6位 ボックス4位

一方的な19日の準々決勝でした。
イングランドはワラビーズに40-16の大勝。
イングランドの瞬間湯沸かし器Kyle Sincklerはマムが誇りに思うように
プレーしたと。写真があります。丸くなったんでしょうか。


アイルランド時代の終わり
ローリー・ベストも引退し、セクストンも怪我勝ちになっています。
ジョー・シュミットも家族と過ごしたくて情熱がないようです。
これでジョー・シュミットのオールブラックスコーチ候補は
消えたかもしれません。

ボーデン・バレットは祖父が亡くなったので期するものが
あったようです。
46-14でした。

ワラビーズは繋がりません。
チエイカももう覚悟しているでしょう。

こちらの準決勝はオールブラックスとイングランドになりました。
今度は僅差の勝負になると思います。
ファレルのキックがモウンガよりわずかにいいようです。

長くラグビー見ていると、伝聞で書いた記事が事実でないと
わかることですね。
血管は生まれたばかりの赤ちゃんと同じ(no plaque )ですから柔軟です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

ラグビーワールドカップ世界も注目

ジェイミー・ジョゼフにNZのインタビューが殺到しているようです。
彼が緊張したりするかも。
選手がしっかりしていますから。

松島がBBCに取り上げられています。
スコットランド戦は6千万の人が見たようですね。
5486万2000人という説もあります。
桐蔭学園も取材しています。
ボックスのウイング、コルビとは南アフリカU20のトレーニングスカッドで
一緒だったようです。

New York Timesも日本のラグビー熱を取り上げて、ジョー・ストランスキーに
話を聞いています。ストランスキーも日本のファンには驚いていて
この大会に参加して楽しいと言っています。
それだけ、ワールドカップが世界的に注目されているということですね。

ウエールズメンバー
L Williams; North, Jonathan Davies, Parkes, Adams; Biggar, G Davies; Wyn Jones, Owens, Francis, Ball, Alun Wyn Jones (capt), Wainwright, Navidi, Tipuric.

Replacements: E Dee, Carre, D Lewis, Beard, Moriarty, T Williams, Patchell, Watkin.

2011年、ワールドカップでフランス戦に出た人は、アラン・ウイン・ジョーンズだけですかね。
新アタックコーチのステイーブン・ジョーンズも出ていたようです。
フランスではフルバックのメダールが出ていました。
アラン・ウインがまだセーブしているので暴れてほしい。
ロックはアダム・ベアードがリザーブに入り、アダむ・シングラーがはずれました。

今日からノックアウトステージですね。
東京も午後は雨は降らないようで、大分は晴れそうです。

紳商リポD
商売は厳しい戦いの連続だが、その戦いはあくまで紳士的

自称ヘッドコーチさん

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

サー・ガレス・エドワーズ、jジャパン、スプリングボックスにanother seismic shockを予想

ボックスは6人のFWをベンチに入れたようです。叩き潰そうと
していますね。

サー・ガレスは日本のゲームスタイルが好きで、
ジャパンはボックスに勝てると言っています。
日本は予測不可能なことをやってくる。
ウエールズはボックスには最近ずっと勝っていますから
弱点を知っています。
直近では4連勝です。
サー・ガレスはライオンズでオールブラックスにもスプリングボックスにも
勝った人です。古い読者にはおなじみのプレー。

前回の熊谷のボックス戦は
堀江と姫野が出てませんでしたね。
この二人は大きいです。
堀江は第二スタンドオフですし、
的が絞りにくいです。

オールブラックスのモウンガと ボーデン・バレットの二人
1FEと似ています。

NZのテレビでも話題に。
堀江、JJに勝つ。ハハ

キーラン・リードがハカ問題で答えていますが、ハカは自分たち向けと
言っていますが、長すぎることが問題で相手チームに不利だから
アイルランドの記者も言っているわけです。短くすればいいだけです。

How To Pronounce Springboks
この問題、原因は突き止めたんですが、エデイがボックスに勝つまで何故
45年テイア1に勝てなかったのと同じ理由です。
他の人の名声の威を借りてることです。

アフリカーンスー英語?でも

エデイはワラビーズに6連勝の余裕からか、チェイカをいなしています。
Randwick clubの友達だと。試合前に勝負あり?でしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

オールブラックス対アイルランドになったのでハカ問題が

再燃しました。
アイルランドの記者がハカは商業的なものになった、
adidasの影響?とも言っています。
1970年代は30秒なかったのに長いものに。
元記事は

ハカはマオリの人を侮辱するものになってしまった。
キーラン・リードはアイルランド系です。アイルランドの記者ですから
それを知っていると思います。リードがハカを
リードしています。オールブラックスのハカがマオリのものでなく
ヨーロッパ系白人が踊っています。逸脱以外の何物でもありません。

NZ側にもそれを受け入れた人がいます。

NZ紙が選ぶ予選リーグのフィフテイーン
日本から3人FWのみです。稲垣、堀江、リーチ
ウエールズが3人、テユピリック、ガレス・デービス、ジョシュ・アダムズ
オールブラックスが3人 モウンガ、レナート・ブラウン、ボーデデン・バレット
田村、福岡もどうですかね。
スクラムハーフはガレス・デービスですね。スピードがあります。

ラグビーが他のスポーツにいい影響を与えているようです。
卓球の石川佳純選手は前からラグビーの話していますね。

ITメデイアがラグビー取り上げています。
ジェイミー・リッチー、193cmあるんですね。

ユルグアイ/ウルグアイには。
熊本のような地方都市にはこういうことは印象が悪いです。
フィジーに勝った価値を下げてしまいました。

地方都市大分に4チーム集合ですね。
チケットはまだ余っているようですが、遠くて。
ワラビーズやスコットランドファンが準々決勝予想したのと
違ってリセールに回したのありそうです。大分が余って
関東に少し売りが出ています。
3位決定戦もあります。
これがジャパン対イングランドになる可能性もありそうです。
その時はエデイを破ってほしい。

ベスト8進出についてエデイの話が聞けないのは宮崎/大分にいるからですね。

元武蔵丸は秩父宮で見かけたことがあります。
大きい背中でした。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

ジャパン、6ネーションズのアイルランドとスコットランドに勝ちました。

ワールカップAプール4勝でベスト8進出ですが、冷静に考えると
6ネーションズの2国に勝ったことになります。

ジャパンが6ネーションズのレベルにあることが
証明されました。
タイムゾーンとフライトの問題があり6ネーションズ加入は
難しいですが、
ラグビーチャンピオンシップに加入させろという声
NZの新聞で出てきています。
ワールドラグビーのビーモント会長によると、ランクだけでないそうですが。

そのランキングです。

20年後も日本で開催と森会長が話していますが、
Bプランも考えてほしいです。試合中止がないように。

海外メデイアも日本に注目しています。
この多さです。

ジャパンはバック3が優れているという評価を英国の新聞がしています。
ベスト8中1位です。両ウイングですね。

アイルランドはオールブラックスと対戦しますが
直近の対戦ではアイルランドが2勝しています。
オールグラックスは前回優勝したチームと、今回を比較すると
3列とハーフ団、ミッドフィールドが劣るとアイルランド側は見ているようです。

準々決勝のレフリーです。
ウエールズとフランス
Jaco Peyper
ジャパンとスプリングボックス
Wayne Barnes
イングランドとワラビーズ
Jerome Garces
オールグラックスとアイルランド
Nigel Owens

8チームの内、半分がキウイのコーチですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2019年10月15日 (火)

サム・ケイン、リーチ・マイケルにエール

オールブラックスフランカーですが、チーフスでチームメイトでしたからね。
ベスト8にリーチしたので。
リーチは特別なguyで本当に印象的な人だと言っています。
彼を知る人は、ジャパンの成功とリーダーシップは驚きではない。
ケインもチーフスでもオールブラックスで主将やったことがあり
リーダーシップがあります。

ジェイミー・リッチーと田村優
ノーサイドです。
田村も前回のスコットランド戦でインターセプトの
パスを払拭できてよかったですね。

視聴率は瞬間ですが53.7%でした。

ベスト8の組み合わせです。

さっそくワラビーズのチエイカがイングfランドを口撃しています。
最近はイングランドがワラビーズに対して6連勝のようで、
記録伸ばしそうですね、

ワールドカップのトライ記録はロムー(1999年)とハバナ(2007年)と
前大会ののジュリアン・サヴィアの8です。
これを追っているのが、ジョシュ・アダムズ5と松島5、そして福岡の4ですね。
やはり決勝に行った人が取るでしょう。
シェーンの2007年の6という記録もありますのでまずはそれが目標になります。

Rhys Carre
ウエールズの21歳のプロップですが
突進力があります。189cm、138kgありますから。
まだスクラムが経験が少ないのでベンチですが
フランス戦出てきそうです。

Canon's Free Viewpoint Video Systemが話題になっているようです。

テレビカメラとは違う視点で楽しめます。

仕組みは
何10ものカメラを合成して画像作成しているようです。

お陰様で昨日のブログアクセス729件ありました。
ジャパンのお陰でもあります。

国際ラグビーに関心を持つ人が増えています。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2019年10月14日 (月)

ジャパン見事な大量リードでスコットランドに初勝利、ベスト8に。おめでとう。

ついにスコットランドに勝ちました。
日本は今までスコットランドにテストマッチでは
勝ったことがなかったのです。

1977.9.18 スコットランド 国立競技場 ● 9 - 74
から見ていますが。

1989年と1991年の日本-スコットランド戦
スコットランドは日本にとっては一番いい教師だったと思います。
越えないといけない。溜飲が下がりました。

にわかという言葉がありますが、スコットランドとは前回大会だけでは
ありません。あえて言うと、にわか記事が多いと思います。
やはり経験を積んだ記事が今後に続いてほしいです。

キース・クインがオールブラックスに東京で104点取られた試合のこと
書いています。

最初のトライこそ許しましたが、その後は4連続トライで大量リードでした。
これだけリードすると試合運びも安定します。スコットランドが
追い上げを見せましたが、最後まで守り切り勝利しました。
トライをあげた人を最初に祝福するのは堀江選手でしたね。
ジョニー・グレイの頭突きは大丈夫でしょうか。

レイドローはこれがスコットランド代表としてのラストゲームなので
涙を流していましたね。負けたからではないと思います。
スコットランドのフランカー、リッチー活躍していました。

大阪なおみ選手もMOMのプレゼンターでf来ていましたね。

日本がボックスに勝ち、準決勝まで進むと、対戦する可能性のある
ウエールズはウルグアイ/ユルグアイ(南アメリカと世界で違うようです。)に合わせて
いました。最後のプレー、タッチに蹴りだせば終わるのに、それから
トライを取りに行きました。ガレス・デービス速いですね。
ジョシュ・アダムズも5トライ目で松島とトライ王競うかも知れませんね。
ウエールズは怪我から治ったり、盲腸の手術の後の初試合で
当たりに行くプレーは少なかったです。

BBCでも台風と大きく取り上げて居ました。
日本人とイギリス人のカップルが
中継で出てきました。
なぜかウエールズのジャージー着ている人でしたが。

サブちゃんも見ていたようです。

文化放送のラジオ中継です
歓声を楽しみたい方。
大畑アンバサダーが開設しているのは番組出てるからですね。

試合前のこのラグビーを貶める記事ひどすぎますね。

記事が削除されているようです。それほどひどい記事でした。
この中に出てくるプロデューサーはオリンピックと
サッカーの人のようです。ためにする発言しています。
ラグビーを排除してきた人でしょう。
若い人も今回ファンが増えていると思います。
ラグビーの大きさを知りません。それに
今後他の地上波がラグビー放送に参入しないと
日テレの一人勝ちがが続きます。
こんな発言を吹き飛ばしてほしい。
吹き飛ばしました。
ジャパンが成し遂げたことはこういうラグビーの
立場を強くすることでもあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

スコットランド戦、強風が残ってキック処理も問題に。

まだ発表されてませんが、あると思います。

試合開催が発表されました。

台風が持ってきた南の暑さと湿気も日本有利ですね。

湿度は意外に低いようです。

日本だけでなく世界も注視する一戦です。

台風の被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
大雨台風でしたね。
堤防を越えて水が溢れ1階にいた人が溺死したケースが
あるようです。
台風上陸時955hpaでした。
風は東京では1時間ほど強かったですが、10年ほど前の
直径1mぐらいの大木が倒れた台風のほうが強かったです。
今朝は根木公園に行ってみましたが、小枝が多く、
直径10cmほどの枝が数本落ちていましたが。
風についてはテレビがややミスリードした感じはあります。
釜石でのゲーム中止になりましたが
大雨が降って災害の危険があるからのようです。
熊本はほとんど影響ないので試合は開催されます。
日本列島同罪に長いです。

環七の下にも巨大な貯水池があるようです。
横浜国際も

中止になった試合、テレビ局が補償を要求するかもしれません。
特にイングランド対フランス、視聴者が多いようで

ウエールズ、のエドワーズコーチとだけで誰かと思いましたが
ショーン・エドワーズでした。

アイルランドはバンデイ・アキがレッドカードでしたが大勝しました。
セクストンが入ると、全く違います。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

台風19号にはお気を付けください。

大きい台風で雨と風が強いようです。

皆さんお気を付けてください。

狩野川台風に似て雨も多そうです。
進路が台風19号と似ているようです。
877hpaといいますからさらに強力でした。
雨が多かったようです。

スコットランド戦明日でやってくれると信じています。

耳なし芳一の物語はアイルランド人によって生まれた。

前のタイトルですが、
テレビでやってましたが小泉八雲(ラフカディオ・ハーン )は
アイルランド系なんですね。母はギリシャ人です。
アイルランドサポーターが松江を訪ねていました。
耳なし芳一が代表作の一つですね。
まんが日本昔ばなしより。長いので飛ばしてください。暇なときに。

壇ノ浦で沈んだ平家が芳一に語らせるという話です。

スコットランドいらだっていますね。
試合がないと、訴訟という言葉も出しています。
プレイヤーは、ツアーキャプテンのStuart McInally(ロシア戦出てました。)が
リザーブで、代わって今日が34歳の誕生日のグレッグ・レイドローが主将に戻り
必勝を期します。、彼のスコットランド代表としてラストゲームになるかもしれません。
スコットランドが負けたらです。

賭けはまだスコットランド優勢です。

横浜国際競技場
への東京から電車での行き方です。
前に行った時と違う方法があるかもしれません。
明日は行きませんが、決勝は行くので。

ウエールズ、ユルグアイ戦メンバー
Wales team: 15. Leigh Halfpenny, 14. Josh Adams , 13. Owen Watkin, 12. Hadleigh Parkes, 11. Hallam Amos, 10. Rhys Patchell, 9. Aled Davies, 1. Nicky Smith 2. Ryan Elias, 3. Dillon Lewis, 4. Bradley Davies, 5. Adam Beard, 6. Aaron Shingler, 7. Justin Tipuric (Capt), 8. Aaron Wainwright

Replacements: 16. Elliot Dee 17. Rhys Carre 18. Wyn Jones 19. Jake Ball 20. Ross Moriarty 21. James Davies 22. Tomos Williams 23. Gareth Davies

先発はフィジー戦出た人二人ですが中々強力メンバーです。
ベアードは盲腸の手術をしてから初出場です。
リス・パッチェルは音楽の才能があり、ピアノを弾くようです。
コーラスでもリードしていました。

ウエールズは帯山中訪問
試合に出ないメンバーですね。

イタリアのパリセが中止になったことで、台風でなく、オールグラックス優遇だとも
言ったようですね。全く的外れなことです。
観客の安全を考えてのことだと思います。
パリセは4回目のワールドカップ出場のようですが、
引退を飾りたかったようです。
その引退試合はウエールズが用意してくれるようです。
ガトランド最後の試合11月30日にバーバリアンズコーチとして、
後任のW・ピバークのウエールズととワールドカップ後にするようですが、
その主将に名が挙がっています。
あと数名のイタリアの選手も。

ワラビーズ、ジョージアに苦戦したようですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

ジョー・ストランスキーとアンドリュー・マーテンズ

二人ともとも日本に来て、副音声の解説していますね。
1995年のワールドカップで決勝を争ったスプリングボックスとオールグラックスの1FE同士です。
延長戦、ジョーのドロップゴールが決勝点になりました。

ジャパンのジャージーが女性にも売れているようです。
試合の時だと思います。普段街中では見かけにくいかもしれません。

本当に一生に一度になったかも。
台風で2試合中止になるまでは、成功で、いつかまたワールドカップ開催が
できそうでしたが、プランBが用意できないのでは、観客移動がむずかしいでしょうから、
また日本でやりたいという国が減るかもしれませんね。

豊田スタジアムの試合が中止になるとは思いませんでした。
東京から行く人も多く交通の問題が大きかったのかもしれません。

台風情報です。

ウエールズはフランスと対戦することになりましたが
ちょっと嫌ですね。
イングランドとフランスと試合した後だと納得しますがいきなりはちょっと。
ただ2011年に準々決勝で対戦して、サム・ウオービトンのスピアタックルで
レッドカードになった試合のリベンジにはなります。

ダン・ビガーはユルグアイ戦は休ませると思います。
パッチェルの控えですが、ハードリー・パークスかリアム・ウイリアムズか
Hallam Amosがフライハーフをやることになりそうです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

ウエールズ、フィジーに珍しく先制2トライ許すも総合力で逆転勝ち

少し苦戦の原因はcubbyカビーでした。foxフォックス(ジョナサン・デービス)の弟、ジェームズ・デービスの2ペナルテイが2失トライに結び付きました。
セブンズ全英銅メダリストですが15人制に慣れておらず、ブレーキになっていました。
怪我でもないジャステイン・テイプリックを休ませたのが影響しました。
兄は大活躍でしたが。
ダン・ビガーはリイアム・ウイリアムズとぶつかって、HIAでした・
キックが正確だけに気になります。

前にも書きましたが、私は趣味で書いており、また仕事がとても忙しいので

語句が正しくない場合があります。そのあたりはご容赦ください。

日本-スコットランドは台風は過ぎ去るので交通機関などが
問題でなければ開催できると思います。

スコットランドBはロシア相手に9トライでした。
強いですね。

問題は12日のイングランド-フランスですね。

ファビアン・ガルティエが6ネーションズから
今大会フランスを変えたようです。64キャップ
24回主将。
4回ワールドカップ出場
アルゼンチン戦、試合開始から見違える攻撃していました。
イングランド戦が面白そうです。
フランスはワールドカップ準優勝3回。つまり決勝に3回出ています。
ラグビー大国で強国です。
フランスをやってみなければわからないと言っている人も
いますが、それはフランスの力を知らないからです。
オールグラックスは何回やられて、ひやひやしたかです。
決勝で2回対戦2勝ですが、2回負けたこともあります。前回は大勝でしたが。
今年のフランスも先制攻撃タイプですね。

イングランドもオープンサイドフランカーを二人使っているようです。
Sam Underhill and Tom Curryです。これでオールグラックスと
ワラビーズの3チームになりました。今は効果が出ていますが
強い相手とまだ試合していません。ワラビーズのぞいて。

2027年のラグビーワールドカップ開催にロシアが立候補するようです。
そのころには、昨日と違うロシアになりそうです。
アメリカも立候補するかもしれませんね。
米露超大国の一騎打ちになるかも。

マー・ノヌーがMLRのサンジェゴとサインしたようです。

ノーベル賞、この季節恒例ですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

台風とワールドカップ試合の影響

東京はかなり冷たい北風が吹いています。偏西風Westerlies でしょうか。

明日朝16度予想です。

台風を東よりに進路を変えてくれないですかね。
希望ですが。千葉の人たちがかわいそうすぎます。

台風に影響を受けそうな、12日と13日の試合
日本戦だけでなく、イングランド対フランスもそうですね。

台風については暖かい海水が残っているので、勢力が衰えないようですが
東のほうにそれて欲しいです。交通機関に被害が出ると12日、13日の開催が
危ないですが、最終戦のころには東北沖に抜けそうです。
この前の台風も福岡では開催できましたし。両方ともフランス関係ですね。

台風の目?になるか。
でも釜石でも試合があるんですね。

ウエールズの新アタックコーチのステイーブン・ジョーンズは
12年前のワールドカップでフィージーに8-34 負けた試合に出てたようです。
フィージーにスペースと時間を与えるとつなぎまくられると経験して
知っています。
大量リードしても、前の2試合の様な
受けて中だるみするとかなり持っていかれることになります。

ちなみに2015年大会もフィージーとユルグアイが同じプールで
フィジーには23-13で勝っています。
ワラビーズも同プールでした。この時はワラビーズが15-6勝っています。
2大会連続で4チームが同じプールというのも。

昼食に食べたとんかつ屋で、おばさん(あ)が入りそうな人達が熱心に
ラグビーの話していました。恐るべし32.8%。

静岡県内の小中学生1万6000人が試合を
スコットランド対ロシア戦に
そうでしょうね。
がら空きよりいいでしょうね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

前半大量リードか後半の後半逆転か?

ワールドカップ様々なゲームスタイルがあります。
特に顕著に分かれるのがウエールズと
ジャパンです。

日本は勝ち味が遅いですね。後半の後半から逆転、リードを広げる
感じです。
アイルランド戦 後半逆転しています。

サモア戦 後半7点差になってから特に終了前

オールグラックスも終了20分前のスタミナで差をつけることが
多いですが、JJもやはりそうみたいです。

ただしこれは多分にラッキーな面もあります。特にサモア戦のボーナスポイントは
とてもラッキーでした。サモアがBP狙いに行かなければ取れなかったでしょう。

これと逆なのがウエールズです。
対ジョージア 前半29-0です

対ワラビーズ 前半23-8

先制攻撃で大量リードして逃げ切っています。
反撃に中だるみがあるときがありますが、最後は
突き放しています。

どちらがいいかですが、ウエールズに安定感があります。
大量リードされたほうは、あせって追いつくのがむずかしくなります。

ジャパンも前半からリードするようにしてほしいです。ヒヤヒヤしますから。

ジャパンが1位通過して、ボックスに勝ったらウエールズと対戦する可能性があります。

ウエールズ二人変更
ウエールズフィジー戦二人変更
L Williams; North, Jonathan Davies, Parkes, Adams; Biggar, G Davies; Wyn Jones, Owens, Francis, Ball, Alun Wyn Jones (C), Navidi, James Davies, Moriarty.
ジャステイン・テュピリックを休ませるようです。
Fox cubbyのジョナサン・デービスと弟のジェームズが同時出場します。

プロップCarreがリザーブに入りました。

熊本では13日にウエールズ対ユルグアイが開催2試合目で
行われます。ジャパンの試合の直前ですね。
フランス対トンガは2万8千人集めたようですが、
試合終了後に帰ったらジャパン戦間に合わないようです。
PVやってほしいです。
試合の途中で帰るのはよくないと思います。

スーパーラグビーとアルゼンチンとはあまり関係ないと思います。
フランスとは接戦で、今大会のフランスは強いです。
イングランド戦はレッドカードが影響していました。観客の興味が
そこで終わってまさしくCプールで死の試合になってしまいました。
故意でやったものでなく、偶発的でした。

スーパーラグビーの他の3国は皆選手出ていますからね。
レベルの高い試合を多くしたほうが強くなるに決まっています。
ベスト8に行けたらそれが出るんじゃないですかね。

誰だって最初はにわかです。かく言う私も1969年は。
50年後もラグビーファンであってほしいです。

血液検査9年連続パーフェクト、血管は生まれたばかりの赤ちゃんと同じなので

あと何年見れるでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

スコットランドとジャパンのサモア戦の比較

スコットランドはサモアに34-0でノートライに抑え完封していました。
危なげない勝利です。
ジャパンは38-19で1トライ取られています。
共に4トライで攻撃力は似通っています。
守りはスコットランドが勝っている?
現時点ではややスコットランドが有利かも。
試合運びがうまいですね。
直接対決でどうなるかわかりませんが。

ホームだから楽観論が多いようですが
簡単な相手でないということがこの件ですぐわかることです。
強敵です。それにスコットランドは日本を知っています。
アグリーに来ますから。ボックスとアイルランドとは違う日本との

対戦経験があります。1回BIライオンズに取られた時、日本に負けていますから余計研究していると思います。

ジャパンもこの試合を目標にして
ボコってくれると思いますが、選手たち今までで
最高のプレーをすることが必要だと思います。

トンガはフランスに2点差負けでした。相性がいいのでしょうか。
若手だったようですが。
フランスのバックスにはフィジーアンが何人もいてアイランダー対決の
面もありました。
2011年は勝っています。ただフランスはそれでも決勝に行っています。
オールグラックスに1点差負けでした。

台風が今週末に来そうですが、影響なければいいです。

視聴率32。8%だったようです。
サモアには勝つと思っている人が多いので
その分あがらないこともありそうです・
スコットランド戦は50%以上を期待。

サンスポは毎日ラグビー記事載せていましたね。

ネットがない時代買って読んでいました。


ノーサイドゲームもワールドカップ盛り上げに少し貢献ししたようです。
ラグビー経験者の協力。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

ジャパン、健闘サモアにスタミナで勝りBP勝利。&南アフリカday


サモア、イエローが1個だけで、ブレイクダウンもよく、後半かなり詰められて
両チームキックも決まり、好ゲームになりました。最後にフリーキックをスクラム選んでくれて
それがボーナスポイントにつながりました。
山中がやや中途半端なプレーがチャンスに広がらなかった面があります。
スコットランド戦は先発は福岡、レメキがウイングでっ松島FBになるかもしれません。
姫野は地元で活躍しました。
堀江が出てくるとチャンスが多くなりますね。
ルーク・トンプソンが出ると出ないでは大きな違いがあります。
ジェームズ・モーアはタックルは多くしていますが、前に行きすぎがあり
気を付けてほしいです。

ジャパン、スクラムでペナルティ取りましたが、エデイ時代と
どうでしょうか。もう少し押してペナルティ取ったと思います。

スコットランド戦が天下分け目の試合になりました。
だいたい勝たないと行けないようです。
負けた場合もB1、つまり7点差負けで相手にBPを
与えないと2位通過になるようです。

レフリーがヤコ・パイパーで、ラピースと意識して話しているようでした。
副音声の解説がジョーストランスキーで、アナウンサーも確かそうだと思います。
ジョーは普段しないインタビューも買って出て、ラピースと話したいようでした。

イングランド対アルゼンチンは笛が一貫していなかったようです。
身長差があるラバニーニのファレルへのハイタックルでレッドになりましたが
ツイラギも着地していない相手にタックルしたようで
これもレッドでもおかしくなかったようです。
ナイジェル・オーウエンス年老いたのかも。
片方レッドだと試合壊れます。

こちらはイエローがあってもよかったと
サー・クライブ・ウッドワードが言っています。

ワラビーズ戦ストリーカーが出ましたね。オージーだったようですが
南半球のゲームでは時々出ます。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

ジャパン、健闘サモアにスタミナで勝りBP勝利。&南アフリカday


サモア、イエローが1個だけで、ブレイクダウンもよく、後半かなり詰められて
両チームキックも決まり、好ゲームになりました。最後にフリーキックをスクラム選んでくれて
それがボーナスポイントにつながりました。
山中がやや中途半端なプレーがチャンスに広がらなかった面があります。
スコットランド戦は先発は福岡、レメキがウイングでっ松島FBになるかもしれません。
姫野は地元で活躍しました。
堀江が出てくるとチャンスが多くなりますね。
ルーク・トンプソンが出ると出ないでは大きな違いがあります。
ジェームズ・モーアはタックルは多くしていますが、前に行きすぎがあり
気を付けてほしいです。

ジャパン、スクラムでペナルティ取りましたが、エデイ時代と
どうでしょうか。もう少し押してペナルティ取ったと思います。

スコットランド戦が天下分け目の試合になりました。
だいたい勝たないと行けないようです。
負けた場合もB1、つまり7点差負けで相手にBPを
与えないと2位通過になるようです。

レフリーがヤコ・パイパーで、ラピースと意識して話しているようでした。
副音声の解説がジョーストランスキーで、アナウンサーも確かそうだと思います。
ジョーは普段しないインタビューも買って出て、ラピースと話したいようでした。

イングランド対アルゼンチンは笛が一貫していなかったようです。
身長差があるラバニーニのファレルへのハイタックルでレッドになりましたが
ツイラギも着地していない相手にタックルしたようで
これもレッドでもおかしくなかったようです。
ナイジェル・オーウエンス年老いたのかも。
片方レッドだと試合壊れます。

こちらはイエローがあってもよかったと
サー・クライブ・ウッドワードが言っています。

ワラビーズ戦ストリーカーが出ましたね。オージーだったようですが
南半球のゲームでは時々出ます。

ブログ村ラグビーに参加しています。

 


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

ジャパン、サモアに規律で勝負。

テイム・ナナイ・ウイリアムズとツシ・ピシには注意が
必要ですが、スクラムで押してくれると思います。
NZのTVONEが豊田スタジアムの近くから日本戦の
レポート入れていました。
準々決勝はNZでも関心が高いようです。
来週オールグラックスもトヨタタでイタリアと
試合しますし、キーラン・リードもトヨタ入りしますから。

重野はスコットランド戦には出てくるでしょうか。
トライオブザイヤー候補の再現を期待したいです。

サー・グラハム・ヘンリーがオールブラックスファンが
傲慢になっていると話しています。
ブロデイ・レタリックがナミビア戦に出るようです。

6日日曜に東京スタジアムでナミビアと試合します。
こちらも中3日ですね。
メンバーだいぶ変わっていますが。
1FEはモウンガもボーデンも休ませて
ジョーデイです。リザーブにSHが二人います。
TJペレナラが1FEもカバーするんでしょう。

カナダとナミビアは20カ国で一番下の2国ですから
大勝して当たり前です。予選リーグが楽ということがいいかどうかです。

ウエールズハードリー・パークスは全身テープだらけのようです。
それだけ厳しいゲームをしているということですね。
他のチームもそうかもしれません。

熊本城が一部公開されるようです。
6日にフランス対トンガがありますから。

130kg以上あるプロップたくさんいますね。
タメイフナが150kgですが。
ジョージアにも何人も。

スプリングボックス対イタリアはイタリアのプロップの
lift and dropのスピアタックルでレッドまではそれほど一方的ではありませんでしたが。
イタリアとジャパンは力が接近しています。
ボックスも、FBのオリ・レルーがやや切れがないですね。
モールでトライ取っていました。日本戦考えていますね。

テレビ局がごく一部でワールドカップで場外戦やってる感じです。
ラグビーを全く放送しない局が目くじらをたてることもないことを
針小棒大?に取り上げています。
粗探しですね。2週間でそれが反応のようです。
利害関係がないというか、ラグビーが盛んになると、影響が
大いにあるからでしょう。

頑張れ日テレ。TTBSもひるおびや爆笑問題では熱心にやっています。
フジテレビも朝のニュースでは取り上げていましたが。
司会者は何ゲームも見に行っている人もいます。
ジャパンの活躍とワールドカップででこういうことが露になっています。
今までいかに偏っていたかがわかります。
あと4週間ありますのでどう変化していくか興味あります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

ワールドカップ開幕して2週間

熱戦が続いています。
適当なタイトルが考えられなくて。苦笑。

ジャパンは豊田スタジアムで明日サモア戦ですね。

23日にウエールズ対ジョージアを見に行きましたが。

ジャパンのタイトヘッドAsaeli Ai Valuはロビーの勧めで
プロップに転向したようです。

ジャージーメーカーも大変です。1試合で100枚用意

フィジーがジョージアに7トライ取りました。自信回復したようです。
雨のせいかハンドリング悪かったですが。
ウエールズは来週水曜対戦します。
注意が必要な相手です。前半大量リードしても中だるみが恐いです。

アダム・ベアードはヒースロー空港に向かうバスの中で盲腸が痛くなったようです。
日本行きの飛行機に乗る直前ドクターが病院に行き検査を決定したようです。
keyhole surgery腹腔鏡下手術?で手術したようです。
体重が落ちたようですが、トレーニングは再開しています。
決勝トーナメントには出てくるかもしれませrん。ユルグアイ戦になりそうです。

ボリス・ジョンソンはウエールズが決勝出ても来日するでしょうか。

リチャード・カフイとアンデイ・エリスがワラビーズコーチのチェイカの
レフリー批判はチームに悪影響と話しています。
東芝と神鋼でプレーして日本の雰囲気にも詳しいです。
チェイカは追い詰められているようです。

江戸時代幕末に横浜でラグビーがプレーされていた?

通説では
1899年、ドワード・ブラムウェル・クラークと田中銀之助が初めてだと言われていますが。
1863年からプレーされていたようです。
外国人同士のようですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

オールグラックス、ワールドカップ参加が最後に決まったカナダに9トライ

カナダはワールドカップ参加がドイツ、香港に勝って最後に決まりました。
オールグラックスには一方的な試合でした。
ソニーがスピードある動きしていました。
リイコが少し戻ってきたようです。

ステイーブ・ハンセンが左腕に黒いテープつけてましたが
元オールブラックスのタイニー・ヒルが亡くなったからです。
92歳でした。
カナダは昔は強かったですが、今後また強くなるかもしれません。

今は参加国の中で一番弱いのかも。
強い時にはエニスがサントリーに、IBMにも来てたと思います。
福岡の試合は強い雨が降るときもありましたが
台風がやや西にそれたのでそれほど影響は
ありませんでした。

カナダコーチのキングスリー・ジョーンズとサー・グラハム・ヘンリーは
ヘンリーがウエールズコーチのころからの付き合いのようです。
だからアドバイザーを頼んだんですね。


ワールドラグビーが3つのレフリーののミスを認めたことに
ついてジャパンの反応をフリーマン記者がフォローして
いただきました。日本は我関せずですね。結果が
覆ることはないと思います。
アイルランドではでもあれはレフリーのミスだと
言い続けるかもしれませんね。

ジンザン・ブルックは歴代NO1のNO8ではないです。
ワールドカップ優勝はないですし、一番は先日亡くなった
サー・ブライアン・ロホーでしょう。
次が今のキーラン・リード、その次はバック・シュルフォードでしょうね。
その次でしょう。
ジニーはドロップゴールを決めたりしていましたが、サー・ブライアン・ロホーも
キックを使っていました。昔はFWもキックを使う人おおかったです。

ジニーはシェルフォードのすぐ後でした。

ウエールズNo8のロス・モリアテイは父とおじがウエールズ代表で
第1回のワールドカップでワラビーズに勝ったようです。3位決定戦で。
家族でワールドカップでワラビーズに勝っています。

ジョージ・グレーガンが日本がワールドカップで勝つと感じている
言っています。なんというかそれだけです。

今週はイングランド対アルゼンチンも注目の一戦です。
すでに舌戦が始まっています。
クレイビーが退屈だと言ったことに、何人かの人が反論しています。
アルゼンチンはフランスに負けて後がないので。

ワールドカップ盛り上がりに置いてけぼりくってるテレビ局が
くさすような放送しているところもありますね。的はずれで
ますます遅れるでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

ワールドラグビー、アイルランドのオフサイド判定でレフリーの3つのミスがあったことを認める。

普通テイア1有利に吹くものですが、ジャパンは
レフリーも味方につけたようです。

アイルランドコーチのジョー・シュミットが日本戦、レフリーの
オフサイド判定がおかしかったと言っていてワールドラグビーも認めたようです。
タッチジャッジのガルセのコールもあるようですが。

ロシア戦のナイジェル・オーウエンスもジェームズ・モーアの
ノーアームタックルを見逃しましたが、いつのまにか
誰も口にしなくなっています。
それだけ開催国有利なところがあるんでしょうね。

エコパで決勝トーナメントをパブリックヴューイングを行うようです。
本来は6試合の内1,2試合試合が開催されてもおかしくない
観客数ですが、次日本で開催の時はそうなるでしょう。

大分は屋根を閉じるようです。
今日オールグラックスは中10日でカナダ戦です。
台風は風雨は強いと思います。
観客の移動が大変だと思います。

福岡風雨の中での試合になりそうです。

サヴィアがゴーグルを使うようです。
左目が少し悪いようで、ワールドカップでは初めてになります。

ウエールズは琵琶湖近くの大津に行っていますが
雷に驚いているようです。


ロブ・ペニーRob Penneyがワラターズコーチに決まったようです。
ダリル・ギブソンの後任です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

スコットランドはありきたりですがやはり強いです。

BPも取りました。ロシア相手にも取るでしょう。
ロック。ジョニー・グレイがMOMでした。
タックルしていましたね。
予選最終戦が大きいゲームになると
ジョー・ストランスキーが言っていました。
ボックスの優勝1FEです。
アイルランドと同様強力な相手です。

サモアは違うスポーツのルールでやっている
感じがします。イエロー2枚でレッドでした。
ジャパンもサモアにはBPも欲しいです。

静岡ショックで静岡が世界のラグビーの記憶に残る地になりました。

アイルランド戦ラジオのニッポン放送でも放送してたんですね。
歓声がテレビよりすごいです。

テレビ、全局がワイドショーで取り上げています。横並びですから。
内容はほとんど同じです。

10月2日福岡と大分で2試合ありますが、台風は
大丈夫でしょうか。
東シナ海で九州に近づきそうですが。
台風情報

ウエールズ、ワラビーズ戦はBBCはextravaganza豪華なショーと表現していました。
オールグラックスはカナダ相手にバレット兄弟3人そろい踏みです。
ステイーブ・ハンセンがチェイカやオーストラリアの
人のレフリー批判をたしなめています。
負け犬の遠吠えですね。
日本が;強くなるのはラグビーにいいとも言っています。

ウエールズはフィジー戦は大分で10月9日ということがあり
開いています。
フィジーはチームが対照的なジョージアと花園で
10月3日です。

ラグビーランキング
ウエールズ2位、ジャパン8位。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (4)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »