« スコットランドとジャパンのサモア戦の比較 | トップページ | 台風とワールドカップ試合の影響 »

2019年10月 8日 (火)

前半大量リードか後半の後半逆転か?

ワールドカップ様々なゲームスタイルがあります。
特に顕著に分かれるのがウエールズと
ジャパンです。

日本は勝ち味が遅いですね。後半の後半から逆転、リードを広げる
感じです。
アイルランド戦 後半逆転しています。

サモア戦 後半7点差になってから特に終了前

オールグラックスも終了20分前のスタミナで差をつけることが
多いですが、JJもやはりそうみたいです。

ただしこれは多分にラッキーな面もあります。特にサモア戦のボーナスポイントは
とてもラッキーでした。サモアがBP狙いに行かなければ取れなかったでしょう。

これと逆なのがウエールズです。
対ジョージア 前半29-0です

対ワラビーズ 前半23-8

先制攻撃で大量リードして逃げ切っています。
反撃に中だるみがあるときがありますが、最後は
突き放しています。

どちらがいいかですが、ウエールズに安定感があります。
大量リードされたほうは、あせって追いつくのがむずかしくなります。

ジャパンも前半からリードするようにしてほしいです。ヒヤヒヤしますから。

ジャパンが1位通過して、ボックスに勝ったらウエールズと対戦する可能性があります。

ウエールズ二人変更
ウエールズフィジー戦二人変更
L Williams; North, Jonathan Davies, Parkes, Adams; Biggar, G Davies; Wyn Jones, Owens, Francis, Ball, Alun Wyn Jones (C), Navidi, James Davies, Moriarty.
ジャステイン・テュピリックを休ませるようです。
Fox cubbyのジョナサン・デービスと弟のジェームズが同時出場します。

プロップCarreがリザーブに入りました。

熊本では13日にウエールズ対ユルグアイが開催2試合目で
行われます。ジャパンの試合の直前ですね。
フランス対トンガは2万8千人集めたようですが、
試合終了後に帰ったらジャパン戦間に合わないようです。
PVやってほしいです。
試合の途中で帰るのはよくないと思います。

スーパーラグビーとアルゼンチンとはあまり関係ないと思います。
フランスとは接戦で、今大会のフランスは強いです。
イングランド戦はレッドカードが影響していました。観客の興味が
そこで終わってまさしくCプールで死の試合になってしまいました。
故意でやったものでなく、偶発的でした。

スーパーラグビーの他の3国は皆選手出ていますからね。
レベルの高い試合を多くしたほうが強くなるに決まっています。
ベスト8に行けたらそれが出るんじゃないですかね。

誰だって最初はにわかです。かく言う私も1969年は。
50年後もラグビーファンであってほしいです。

血液検査9年連続パーフェクト、血管は生まれたばかりの赤ちゃんと同じなので

あと何年見れるでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« スコットランドとジャパンのサモア戦の比較 | トップページ | 台風とワールドカップ試合の影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スコットランドとジャパンのサモア戦の比較 | トップページ | 台風とワールドカップ試合の影響 »