« 新南半球6ネーションズ、日本とフィジー加入か? | トップページ | がっかりすることないガトランド、多彩な人種の決勝戦の両チーム »

2019年11月 1日 (金)

イングランドとスプリングボックスの決勝は2007年以来の2回目。

イングランドは4回目の決勝進出です。ボックスは3回目。
優勝は2003年の1回になります。ボックスは2回優勝。
1991, Twickenham: Australia 12-6 England
2003, Sydney: Australia 17-20 England
2007, Paris: England 6-15 South Africa

今回は2007年の再戦になります。
ガルセスがファイナルのレフリーですが
またしてもボックスの試合です。
今度はどういう笛を吹くでしょうか。
また?

昨日の話題の続報ですが、今日。日本協会の森会長は
南半球6ネーションズ入り要望で会談するようです。
共同通信が伝えています。
デイリーが少し詳しい感じです。

ワールドカップはそう来るもんじゃないので
南半球6ネーションズは毎年あるので
これと、あと6,11月のテストを中心に考えたほうが
いいかもしれません。
あとスーパーラグビーも。
トップリーグも大事ですが、
国際試合ということで、ワールドカップが
盛り上がったこともあると思います。

ワールドカップ日本再招致はいいと思いますが。
2023年のフランス大会のあとは
候補国として
南アフリカ 1995年。
オーストラリア 2003年
NZ 2011年
英国 2015年
アメリカ
ロシア
イタリア ?
南米 アルゼンチン/ブラジル
が入る可能性ありそうです。
6,7国の候補があると思います。次回2023はフランスなので
1 2027
2 2031
3 2035
4 2039
5 2043
6 2047
7 2051
日本 2019年で
20年後、2039年を目指したいんでしょうが、
難しいかもしれませんね。
アメリカはMLRがその間にもっと広がるでしょうから
可能性高いと思います。普及させたいとワールドラグビー思うでしょうし。

ブライアン・オドリスコール日本で見てるんですね。
ランドローバー アンバサダーでした。
ジャステイン・マーシャルも。

次回ワールドカップフランス大会の話題です。
来年チーム抽選会があるようです。

ダン・カーター日本を称える。
オールブラックスについてはリッチー・マッコーと
こういう結果になるかもねと思ってたかもしれません。

デイブ・レニー元チーフスコーチもNZ協会からオールブラックスコーチについて
打診が。
ワラビーズコーチ候補に名前があがっていますが
母国からとなると、別物のようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

|

« 新南半球6ネーションズ、日本とフィジー加入か? | トップページ | がっかりすることないガトランド、多彩な人種の決勝戦の両チーム »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

Wales戦
ハンセンと今日の試合が最後になるベテラン勢に花道を飾ってもらいたいです!
HBはペレナラとバレット長兄が観たかったなー
Go All Blacks!!

投稿: オールブラックスファン | 2019年11月 1日 (金) 11時49分

選手も今日が最後の試合の人多いですね。
長く活躍した人たちです。
二人はまだプレーすると思います。
でもウエールズにも66年ぶりに。
いい試合を。

投稿: recabs | 2019年11月 1日 (金) 12時04分

誰かが書いてましたが、ボックスは12年周期で優勝しているそうですね。
そうすると明日はwww
チャンピオンシップ加入歓迎したいのですが、会場が悩ましいですね。
猛暑の中試合させるわけにはいかないし。
札幌ドームくらいしか、思いつきません。
レジェンド集結してます。
Twitterで早稲田でのチャリティ風景が。
ウィルコ、ダラーリオ、グリーンウッド、シェーン、BOD、グレーガン、ハバナ、マーシャル他にも。
子供達、どれだけ知っているか分からないですが、オールドファンwは号泣ものです。
どこかのセレモニーには、、シャバルも。
お祭りが明日で終わってしまうのは、悲しいですね。
本当に、良いものを貰いました。

投稿: タネン | 2019年11月 1日 (金) 12時25分

開催は7,8月ですからね。
ナイトゲームはどうですかね。
祭りの終わりは寂しいものですね。
ジャパンのウエールズ遠征の時の
numberのコピーです。
松尾主将の好成績の時です。

投稿: re | 2019年11月 1日 (金) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新南半球6ネーションズ、日本とフィジー加入か? | トップページ | がっかりすることないガトランド、多彩な人種の決勝戦の両チーム »