« オールグラックス対イングランドは2002年から16勝2敗 | トップページ | 2003年のリベンジができるかオールブラックス »

2019年10月25日 (金)

ジェイク・ホワイト、ワールドカップは強い主将・ロックのチームがエリスカップを掲げる。

ワールドカップ優勝コーチですが、
アラウイン・ジョーンズをリッチー・マッコー、フランコ・ピナー、
ジョン・イーズルズ、マーチン・ジョンソンと同じだと評価しています。
正直ですね。ロックで主将は二人です。
ウエールズの心臓だと。
エラスムズも記者会見ではウエールズを褒めています。
内心は違うんでしょうが。
リアム・ウイリアムズがかかと怪我したみたいです。
痛いですが、リー・ハーフペニーがいます。

オールブラックス対イングランドを事実上の決勝戦と言う人もいますが、
イングランドはそうではないですよね。
2003年優勝したチームほどの力ないです。
イングランドは今大会、まだ強い相手と当たってないです。
フランスと試合してないですし、レッドカードのアルゼンチンでしたから。
ワラビーズは、ワラビーズのワールドカップ史上で最弱でした。
オールブラックスもベストでないし。
両チーム年齢とかキャップ数似通っていますが。
オールブラックスはラインアウトを増やすでしょうね。
平均身長だいぶ違うようです。
2位決定戦というところかも。
スパイ騒動って、エデイが言い出したことなので、作り話でしょう。
何か言い出すのはいつもエデイですから。
安っぽいすぐわかるマインドゲーム。自信がないんでしょうね。
選手には迷惑かも。
優勝するチームがどこになるかです。

ジェイク・ホワイトと対極をなす発言です。

デイブ・レニーが次のワラビーズコーチになりそうです。

トニー・ブラウンは日本に来ないと思います。
オールブラックスのアシスタントコーチになる機会は
そうありませんから。

日テレ、ラグビーワールドカップ、最初は孤軍奮闘
ジャパンの選手が優先して出演しているのも当然ですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« オールグラックス対イングランドは2002年から16勝2敗 | トップページ | 2003年のリベンジができるかオールブラックス »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オールグラックス対イングランドは2002年から16勝2敗 | トップページ | 2003年のリベンジができるかオールブラックス »