« オールブラックスもウエールズもホームに帰国 | トップページ | スプリングボックスの強さはあらためて、2m級のロックが3人いたから? »

2019年11月 6日 (水)

トニー・ブラウン、ジェイミー・ジョゼフとの絆は強い。

オールブラックスコーチ候補のイアン・フォスターと
スコット・ロバートソンからアタックコーチとして誘われていましたが
両方とも断りました。JJとやっていきたいと。
JJにもオールブラックスから打診はあったと思います。
このペアが候補であることは事実のようです。
応募するかまだわかりません。

今とは考えていないかもしれません。
日本で続行するなら、トニー・ブラウンも残るようです。
4年後はウオーレン・ガトランドと競うことになるかもしれません。
それまで持たないと思いますが。
ブラウニーもこの二人がうまくいかないかもと見極めしている
かもしれませんね。

次のオールブラックスコーチ選考には
サー・グラハム・ヘンリーも入るようです。
よさそうですね。

6ネーションズからも日本に誘い。
まだ一紙だけなので、確かかわからないところもあります。
ラグビーチャンピオンシップ参加が4,5年後ということに
なりそうなので
イングランドは来年、神戸と大分でテストとありますが。
ウエールズも日本に行きたいようです。


スプリングボックスも帰国しました。
コリシ主将は全国民の勝利だと話しました。
今までの2回が建前だったのに対して、今回は実があります。
写真を見ればわかりますね。
これから南アフリカはまたワールドカップを開きたいと思うでしょうし
ボックスはもっと強くなりそうです。

負けて悪びれて,勝って奢る。・・・
そういうチームもありましたが。

TJペレナラは人間性を感じます。負けて悪びれずですね。

キーラン・リードはNZに帰りましたが
またすぐ日本にやってきます。
ブロデイ・レタリックもですかね。
今度はトヨタと神鋼で対戦することに。

トップリーグのチケットが取りにくくなっているらしいですが
新国立競技場でやりましょう。すぐそうなると思いますが。
8万人の球技専用にするチャンスです。サッカーと共同で。
ラグビーは1チーム15ポジションと一番多く、観客も
多くなります。

珍しい人がラグビーファンになっているようです。
かなり熱心な。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« オールブラックスもウエールズもホームに帰国 | トップページ | スプリングボックスの強さはあらためて、2m級のロックが3人いたから? »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

ジェイミー、第一希望はABsでしょうね。
大チャンスですから。
2027南アフリカ、2031アメリカなんでしょうか?
2035にヨーロッパへ行き、2039に普及国でしょうね。
南米もしくは日本?
もうその頃は足腰が立ちません(笑
ああいう記事を見ると、今回ボックスが優勝して良かった気がします。
負け惜しみ半分ですがw
今回は正直、最初から諦めムードでした。
ワラビーズは、しっかりとしたHCが欲しいです。
ABsもワラビーズも世代交代ですね。
ボックスは、成熟期かもしれません。

投稿: タネン | 2019年11月 6日 (水) 12時07分

JJわからないです。オールブラックスコーチとしての実績では
まだ足りない感じもあります。確実になれると思わないと応募しない
ような気もします。南アフリカ開催、この勢いでやりたいでしょうね。
ボックスはロックの二人が次はちょっとかも。
堀江選手はロックの押しが強かったと言っていますから。
ワラビーズはオージーのコーチになるようでないと。

投稿: recabs | 2019年11月 6日 (水) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オールブラックスもウエールズもホームに帰国 | トップページ | スプリングボックスの強さはあらためて、2m級のロックが3人いたから? »