« ウオーレン・ガトランドWarren Gatland今回はオールブラックスコーチには応募せず。 | トップページ | ラグビーが国立競技場に帰ってきますね。 »

2019年11月13日 (水)

NZのスーパーラグビーsquad早くも発表

日本に来る人が多くて、だいぶ様変わりしています。
クルセーダーズではスコット・バレットが主将になりました。

オールグラックスはまだ休むと思いますが
年明けにウオームアップゲームが始まると思います。

ウエールズのJonathan Davies と Rhys Patchell
が怪我の手術が必要で、6ネーションズには出られないようです。
膝と怪我を痛めました。

11月30日に、ウエールズとバーバリアンズの試合が
プリンシパルスタジアムでありますが
選手は
Barbarians squad for 2019 Tests:
ワールドカップ優勝メンバーから何人か入っています。
ローリー・ベストはいますが、イタリアノパリセの名はないです。

Forwards: Tendai Mtawarira (South Africa), Rory Best (Ireland),Enrique Pieretto (Argentina), Luke Jones (Australia), Matt Philip (Australia), Pete Samu (Australia), Marco van Staden (South Africa),Josh Strauss (Scotland), Andrew Makalio (uncapped/Crusaders),Campese Ma’afu (Fiji), Hencus van Wyk (Uncapped/Sunwolves), Tyler Ardron (Canada), Angus Cottrell (uncapped/Rebels).

Backs: Makazole Mapimpi (South Africa), Mathieu Bastareaud (France), Lukhanyo Am (South Africa), Jano Vermaak (uncapped/Stormers), David Havili (New Zealand), Morne Steyn (South Africa), Santiago Iglesias (Argentina), Curwin Bosch (South Africa), Billy Meakes (uncapped/Rebels), Bautisa Ezcurra (Argentina), Andre Esterhuizen (South Africa), Joe Powell (Australia), Dillyn Leyds (South Africa).

ONE TEAMのポーズだそうです。
おりひめジャパン、ハンドボール女子日本代表です。
熊本で開催です。
チケットまだあまり売れてないようですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウオーレン・ガトランドWarren Gatland今回はオールブラックスコーチには応募せず。 | トップページ | ラグビーが国立競技場に帰ってきますね。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

RWC後は、メンバーが様変わりしますね。
この中の若い目が4年後花開くことになるので、違った意味で楽しみです。
少し苦い経験をした、ブリッジやリースが成長するのか?
リーコが巻き返すのか。
フランクスの後釜はとか。
リードの後は誰でしょうね?
ここは、あまり思い浮かびません。

投稿: タネン | 2019年11月13日 (水) 11時48分

サム・ケインやTJペレナラ等主将経験者はいますが
これほどガラっと変わるのも珍しいです。
それほど、ベテランが長くプレーしてたんでしょう。
若手にはチャンスです。

投稿: recabs | 2019年11月13日 (水) 12時02分

今年のチーム、私的には2003と似ていると思ってました。
若い才能は、結構いたのですが、空回りして。
キャプテンという意味で、ソーンとリードが重なり合ったりして。
2003は8年かけてチャンピオンになりました。
4年で立て直すには、強いリーダーが必要ですね。
誰なんでしょう?
私はボーデンに期待してます。

投稿: タネン | 2019年11月13日 (水) 12時59分

バレット兄弟はいますね。
ボーデンは3m前PGから主将としてはどうも。

投稿: reca | 2019年11月13日 (水) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウオーレン・ガトランドWarren Gatland今回はオールブラックスコーチには応募せず。 | トップページ | ラグビーが国立競技場に帰ってきますね。 »