« イングランドとスプリングボックスの決勝は2007年以来の2回目。 | トップページ | 新時代のスプリングボックス3回目の優勝。おめでとう。 »

2019年11月 2日 (土)

がっかりすることないガトランド、多彩な人種の決勝戦の両チーム

ウエールズ代表も。

ウエールズはオールブラックスにダブルスコアでした。
NZは半分はアイランダー系ですが、ウエールズはウエールズ人が
中心です。
だから66年も勝てなくなったんですね。

勝ってた頃はマオリがいましたが。今はサモアから移民を受け入れてから

勝てなくなりましたね。

ベン・スミスにウエールズやられました。イングランド戦にも
出してほしかったです。

決勝戦の両チームはもっと多彩ですね。
この大会から顕著になった感じがします。

ウエールズにもトビー・ファラタウがいて、アンスコムもいて、二人は怪我で今回出てないですが
NZからハードリー・パークスもいますが、ウエールズ人中心です。

イングランドはブニポラ兄弟、
ツイラギ、ウイングのフィージアンと、アイランダー系も強さの中心のようです。
また、マロ・イトジェやシンクラーの黒人系、コートニー・ローズもそうですよね。
人種が多彩です。
前の3人は、ウエールズでラグビー始めたようですが、親が移住、
イングランドのクラブに移っています。

エデイだけの力じゃない感じがします。イングランドのリッチなクラブの
おかげもあるかも。
ボックスもマークスを控えにしたボナンビ、ビースト、コリシ、センターのアム、
コルビとマッピンピの両ウイングと非白人が力でポジション取っています。
5人非白人をというのは昔のことで、身体能力の強さを発揮しだしています。
これで南アフリカ全人種のチームになりましたね。
今後これはもっと進むでしょう。そして強くなると思います。
今大会、スタンドにボックスのファンに非白人の人が目立ちます。以前の大会には
感じられなかったことです。

ウエールズ見てると、両チームいいよね。と思います。苦笑。

ステイーブ・ハンセンもウエールズコーチ時代オールブラックスに大敗しています。
ハンセンは2002年から2004年までウエールズのコーチでした。
2003年ワールドカップではNZと同じプールでオールブラックスに53対37で負けています
ノックアウトステージでイングランドに負けています。

またサー・グラハム・ヘンリーは1998年から2002年までウエールズのコーチをしています。
1999年ワールドカップではEプールまであり、1プール4チームでサモアに負けています。
ノックアウトステージではワラビーズに負けています。

二人とも、準々決勝で負けています。

がっかりすることないウオーレン・ガトランド。
ワールドカップ優勝コーチの二人の先輩よりいいので。

ウエールズはイングランドと対戦成績はほぼ互角です。
フランスにはやや勝ち越しています。

それでイングランドが決勝進出4回目、フランス3回で、ウエールズ0というのは
何故なんでしょう。2011年はウオービトンのレッドがなければ決勝進出できたと思います。
今回はレフリーの変な笛にやられました。フランスもフィージー系多いですね。
ワールドカップでは6ネーションズと違って強さを発揮できないようです。
これは試合数の多さでしょうか。
6ネーションズでグランドスラムは5勝ですが、
ワールドカップで決勝に行くには6勝する必要があります。
この1勝が足りないのは、層の薄さかもしれませんね。

ガトランドはオールブラックスにいるチーフスの7人とも話したようです。
Nepo Laulala, Brodie Retallick, Sam Cane, Atu Moli, Angus Ta'avao, Brad Weber and Anton Lienert-Brown.
ソニーとも話していましたが、チーフスにいた時、知っていたか、B&Iライオンズの時か、
レッドカードがありましたが。

Paul Thorburnの話もむべなるものかな。ウエールズやアルゼンチンからすると。

怪我人が出なければ。それも勝負の内ですね。

南半球6ネーションズは日本は1024年から。
というのは、力をつけてということなのでそれが当然だと思います。
サンウルブズが帰るには10億円ということのようですが
これはスーパーラグビー開催費がかかるということでしょうか。
今までは観客もテレビ放映権も低かったので出なかったかもしれません。
日本でのスーパーラグビーは準ジャパンですから
今後は観客集まりそうです。新国立競技場だと違ってきます。
Sanzaarのマリノスは南アフリカ人ですよね。ワールドラグビーのピチョット副会長は
Sanzaarの会合にはでにくいでしょうが日本参加の推進者です。

ワールドカップの観客の雰囲気はサンウルブズの応援と重なる気が
します。それがあったので、日本の観客もわかりやすかったと思います。

来年は参加できるのですから、それこそテストマッチのような真剣さで
望んでほしいです。
そうすれば開けてくると思います。

上皇上皇后ご夫妻が観戦されたようですね。
プリンスオブウェールズのチャールズ皇太子との関係が
あるかもしれません。メッセージをやりとりされているようなjので。

エリザベス女王がイングランドを激励されたようですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« イングランドとスプリングボックスの決勝は2007年以来の2回目。 | トップページ | 新時代のスプリングボックス3回目の優勝。おめでとう。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

昨日の NZは良かったですね!
ベテラン勢が力を発揮していたと思います。
スミス・クロッティが準決勝に出ていればとjスポーツの解説陣も言っていましたね。
オールブラックスファンは皆そう思っていたはずです。Ireland戦が良すぎて、首脳陣も錯覚してしまったのかな…悔まれます。
今日は天気も良さそうですね!好ゲームを期待しています!
新横浜行きの新幹線車中より。

投稿: オールブラックファン | 2019年11月 2日 (土) 12時59分

オールブラックスの決勝戦ということでしたね。
私はリセールしたので、昨日の試合買いたかったですが
買えずじまいでした。それでは寂しすぎるので
電車で30分ですので、東京スタジアムの入口の
ところまで行きました。
Kiwi Welshいっぱいいました。
試合は駅前のマックでTVONEとBBCのライブテキストで観戦?
ハーフタイムで帰りました。

投稿: recabs | 2019年11月 2日 (土) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イングランドとスプリングボックスの決勝は2007年以来の2回目。 | トップページ | 新時代のスプリングボックス3回目の優勝。おめでとう。 »