« NZのスーパーラグビーsquad早くも発表 | トップページ | 若いオールグラックス候補達。カーター2世?のような人も。 »

2019年11月14日 (木)

ラグビーが国立競技場に帰ってきますね。

大学選手権決勝を新国立競技場で開催が
発表されました。

予想通りでしたが。

森重隆会長は満員の国立競技場でプレーした人ですから
やはりそうなりました。
明治のころははっきり覚えていませんが
釜石では確かです。4年の早明戦は国立でした。

最初に国立競技場が満員になったのは
近鉄対早稲田だったような記憶が。
1975年ですね。これを書いているのは石塚さんだと思います。
この前の大学選手権は
早稲田対明治で 観客4万人でした。
早明戦が国立に移ったのは1973年からのようです。
その年の早慶戦も?

新国立競技場ではトップリーグのプレーオフと
スーパーラグビーも開催されてほしいです。

そうなると思います。
スーパーラグビーで満員になるとSANZAARへのアピールになります。

リー・ハーフペニーはコンカッションが治って、今月末の
ウエールズ代表のバーバリアンズ戦には出られるようです。

ワイサケ・ナホロの弟キニ・ナホロもチーフスで活躍しそうです。
兄のワイサケはオールブラックスには今年は選ばれませんでしたが
この夏はタラナキでプレーしていたようです。
その後英国のクラブに行きます。
弟もウイングで去年あたりから知られていましたが。

今日のTBSの夜会にはたくさんラグビー関係が放送されるようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

 


ラグビーランキング

|

« NZのスーパーラグビーsquad早くも発表 | トップページ | 若いオールグラックス候補達。カーター2世?のような人も。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NZのスーパーラグビーsquad早くも発表 | トップページ | 若いオールグラックス候補達。カーター2世?のような人も。 »