« ウエールズの夏ツアー(NZ、日本)はless likely可能性が低い Wayne Pivac | トップページ | NZで発言力を増し、注目されているウオーレン・ガトランド »

2020年4月 8日 (水)

ウオーレンガトランド、来年のB&Iライオンズの南アフリカツアーの前にオールブラックスとの対戦も。

ラグビーの試合がないため、財政上の問題が起きていることから考えているようです。
ライオンズコーチとチーフスコーチであることから両方考えています。

近くの公園でラグビーの練習
している人達いました。ラグビーボール使って
パス練習ですが。高校生のようでした。
珍しいです。

あまり変わらないと思いますが
ロックダウン中のNZでは
クルセーダーズの選手たちが集まって練習?
したことに、NZでは首相もロールモデルに
ならないとと注意されています。
新型コロナヴァイルスが若い人が菌のを運んでいるということを
知らないんだと思います。自分は体力があるから
かからないと思っていて、周りの人に移すことが多いということです。

2015年、ジャパンがボックスに勝った試合、ジェローム・ガルセスが
レフリーでしたが、ボックスの倒れこみのペナルテイをたくさん取っています。
そして五郎丸のキックが決まって、僅差でついていきました。
ところが2019年ウエールズとボックスの試合で決定的な場面で明らかな倒れこみを
取りませんでした。一貫していませんね。何があったんでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウエールズの夏ツアー(NZ、日本)はless likely可能性が低い Wayne Pivac | トップページ | NZで発言力を増し、注目されているウオーレン・ガトランド »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウエールズの夏ツアー(NZ、日本)はless likely可能性が低い Wayne Pivac | トップページ | NZで発言力を増し、注目されているウオーレン・ガトランド »