« フイン・ラッセルFinn Russellとグレガー・タウンゼントGregor Townsend仲直り | トップページ | ウオーレンガトランド、来年のB&Iライオンズの南アフリカツアーの前にオールブラックスとの対戦も。 »

2020年4月 7日 (火)

ウエールズの夏ツアー(NZ、日本)はless likely可能性が低い Wayne Pivac

今週ワールドラグビーは遠征の決断するようです。

Hadleigh Parkes神戸ですか。
33歳、次のワールドカップは難しそうですね。
来年のライオンズは。
日本で数年プレーする力はあると思います。
kiwiなので日本に来たがることはあります。
同じタイムゾーン、10時間のフライトなので
家族にもいいです。
ウエイン・スミスが関係しているかもしれません。

2013年にジャパンがウエールズ(ライオンズに15人抜けていて、ライオンズはワラビーズに勝ちました。)
チームに勝った試合を放送していましたが
このブログで
日本-ウェールズに満員の観客の中で23‐8で勝利
書いていました。そのころはジャパンの試合でも満員は珍しかったです。1万ぐらいがほとんどでした。
当時は写真アップがココログ簡単でした。
ダン・ビガー、リアム・ウイリアムズ、ジョシュ・ナヴィデイ、リス・パッチェルがいましたね。
ブラッドリー・デービスは顔は怖いっでですが、プレーはおとなしいロックです。
リアム・ウイリアムズがまだプレーが粗いころでした。ボックス戦の失敗から
イイプレーするようになりました。

フランスのBernard Laporte、次のワールドラグビーのvice-chairmanになりそうな人ですが
世界の20のチームによるワールドクラブリーグを提案しています。ヨーロッパとスーパーラグビー、
トップリーグからも参加するものです。
Agustin Pichot,と争うようです。

クルセーダーズのリッチー・モウンガがロックダウンルールを破って
練習したようで、お目玉食らうようです。

アビガンのテレビでの紹介増えてきましたね

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« フイン・ラッセルFinn Russellとグレガー・タウンゼントGregor Townsend仲直り | トップページ | ウオーレンガトランド、来年のB&Iライオンズの南アフリカツアーの前にオールブラックスとの対戦も。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フイン・ラッセルFinn Russellとグレガー・タウンゼントGregor Townsend仲直り | トップページ | ウオーレンガトランド、来年のB&Iライオンズの南アフリカツアーの前にオールブラックスとの対戦も。 »