« Super Rugby Aotearoa NZの5チーム、レベル2の環境で開始か? | トップページ | 日テレでワールドカップジャパン予選リーグ、ロシア戦を再放送していましたが »

2020年5月 9日 (土)

ブリテイッシュ&アイリッシュライオンズとジャパン対戦かの報道

トウイッケナムでの試合になると思います。
ライオンズコーチのウオーレン・ガトランドは
オールブラックスも考えていたようですが
イングランドに行っての試合は無理でしょう。マオリはあるかもしれません。
ジャパンがこの1試合のためだけ行くのは、難しいですが、フランスとか
イタリアやジョージアとの試合があれば、行く価値はありそうです。
ホームユニオンは南アフリカに行くので。
若手は残っていそうですが。

イアン・カークパトリック、NZ協会のパトロン
なったようです。去年、サー・ブライアン・ロホーが亡くなったので
、オールブラックス史上最強のチームで生きているのが
カーキーしかいなくなりました。
ラッセル車のように、タックラーを吹き飛ばして突進したフランカーです。
リッチー・マッコーにははにプレーしていました。
ただし、性格はおとなしくて、キャプテンシーではマッコーにゆずります。
写真だけ。記事の内容はちょっと。

イングランド協会がタックルとスクラムのないラグビー?モールも。を考えているようです。
social distancingがあるので、フルコンタクトがまだできないようです。
記事の冒頭だけですが、

Luke Thompsonってリーグにもいるんですね。
リーグのプレーヤーガユニオンをプレーしたらという記事がありました。
ソニーがセンターで入っています。
逆の記事もあるようですが。

新型コロナヴァイルス関係では
こういう評価も当然でしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« Super Rugby Aotearoa NZの5チーム、レベル2の環境で開始か? | トップページ | 日テレでワールドカップジャパン予選リーグ、ロシア戦を再放送していましたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Super Rugby Aotearoa NZの5チーム、レベル2の環境で開始か? | トップページ | 日テレでワールドカップジャパン予選リーグ、ロシア戦を再放送していましたが »