« British tasteいっぱいのBridget Jones's Diary | トップページ | マフィにはあまり問題なかったんじゃないでしょうか。 »

2020年6月 9日 (火)

トニー・ブラウンTony Brown、サンウルブズ排除で南アフリカを非難

そうでしょうね。NZやオーストラリアはそこまで思っていないので
ワールドカップ開催の件で日本が南アフリカじゃなくてフランスに投票して以来
サンウルブズがターゲットにされていたようです。
南アフリカからは、選手、コーチはいっぱい来ていますが、NZやオーストラリアに比べると
まだ日が浅いです。徐々に日本との関係が修復されてくると思います。

スーラグビープレイオフにトップリリーグ2チーム参加が現実的かもしれません。

今週末、スーパーラグビーアオテアロア開幕しますが、
観客も入ってもいいようになったので、待ちわびてイーデンパーク大観衆が
期待されるようです。

Warwick Thomas Taylor
2FEでしたね。
24テストの名選手でした。

息子のトム
3テストでした。2回は交代で。

早いですが第1回のオールブラックス優勝メンバー

TBSのスポーツマン何とかですが、大畑あんまり出てなかったですね。
もっよ強烈な印象あったと思います。
オールブラックスのプロップ出ていたことも、ありパワー系は制していましたが、
室伏、100メートル10秒台のようですが、身長がちょっと。
TBSは陸上押しなんですね。
ジョナー・ロムーが出てくれば、室伏も小さく遅く見えます。

ラグビーは相手がいるので、というか向かってくる相手を倒さないといけないので
もっとパワー必要です。男だったらラグビーをやらないと。

ブリジット・ジョーンズ3は、マンマミーアと
愛と青春の旅立ちを合わせたような結末でした。
ハリーのコリン・ファレルが父親に。
BBCのIMPACTのような、ニュース番組のシーンも。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« British tasteいっぱいのBridget Jones's Diary | トップページ | マフィにはあまり問題なかったんじゃないでしょうか。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« British tasteいっぱいのBridget Jones's Diary | トップページ | マフィにはあまり問題なかったんじゃないでしょうか。 »