« キーラン・リードKieran Read an Officer of the New Zealand Order of Meritを受賞 | トップページ | スーパーラグビーアオテアロアでルールを二つ変えるようです。 »

2020年6月 2日 (火)

髭づらのコーリー・ジェーンがアジアのスーパーラグビーチームがまた入るだろうと言っています。

Covid-19 の旅行問題ではずれることになりました。
だけど、最近はジャパンが少なく、寄せ集めで勝てなくなっていました。
ジャパンと、期待できる若手が出るチームじゃないと長続きしません。
次は日本も本気で参加しないと。
ハリケーンズ、オールブラックスウイング、東芝でもプレーしましたから。
4人の?子持ちだったと思います。
体は小さかったですが、ハイパントに特に強い人で、大試合に欠かせない人でした。

イアン・マギーカンのボックス戦スタートです。
: S Hogg, A Watson, L Williams, J Davies, M Tuilagi, O Farrell, G Davies, R Sutherland, J George, T Furlong, M Itoje (Captain), J Ryan, J Ritchie, T Curry, B Vunipola

イトジェのキャプテンはいいですが、ジェームズ・ライアンはアイルランドの
ロックですよね。アラウインのほうが。ジェイミー・リッチーはいいと思います。
バックスはウエールズが3人になりました。

ブラジルは悲劇ですね。

感染者が50万人を超えました。
死者もスペインを抜き、イタリアに迫っています。

ロシアはアビガンFavipiravirを今月から、病院で使い始めるようです。
アメリカのCNBCが伝えています。
ロシアではAviifavirと言う名だそうです。ジェネリックですから。

狐の呉れた赤ん坊のテレビ版見ました。
版妻でなくて、子供の田村高廣版でした。
映画のストーリーはともかく、大井川の金谷を舞台にしていました。
主人公は川越人足です。
今はきかんしゃトーマスもあるようです。
懐かしい思い出があります。

ログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« キーラン・リードKieran Read an Officer of the New Zealand Order of Meritを受賞 | トップページ | スーパーラグビーアオテアロアでルールを二つ変えるようです。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーラン・リードKieran Read an Officer of the New Zealand Order of Meritを受賞 | トップページ | スーパーラグビーアオテアロアでルールを二つ変えるようです。 »