« ダン・カーター、オークランドブルーズでスーパーラグビーリターン | トップページ | The Rugby Paperという新しい?英国のサイト »

2020年6月 5日 (金)

Dan Carter help the Blues

前にも誘われたことがあるようですが、今回は
ブルーズ、オークランドをNZのラグビーパワー戻すということも
あるようです。
レーザーにも電話ししています。
カーターが1FEでしょうから、ボーデン・バレットはFBに移るでしょうね。
キッカーもカーターに。
家があるようです。ブルーズにはボーデン・バレットのほかに
元ハリケーンズのオテラ・ブラックもいますね。
クライストチャーチの人は裏切り者traitorというアクションのようです。苦笑。
3008年からオークランドに住んでいるようです。

ウオーレン・ガトランドもサー・グラハム・ヘンリーも歓迎しています。
Sir Grahamは日本でのプレーもよく、彼はラグビーをプレーした1FEで
最も偉大な選手だし。38歳でファンタスティックなことだと言っています。

NZだけでなく、38歳のプレーヤーに、世界でもカーターの報道一色のような
感じです。

大畑の香港セブンズのトライの試合の前と言うか、後半の
ビデオです。追い上げて最後に大畑のトライが決まりました。

ミシシッピバーニングをシネフルWOWOWで今日これから放送するようです。
ミネアポリスでの事件と同じような、警官などによる人種差別反対の人に
対しての事件を扱った映画です。こちらはKKKによる犯罪でした。
考えさせるものがあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ダン・カーター、オークランドブルーズでスーパーラグビーリターン | トップページ | The Rugby Paperという新しい?英国のサイト »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダン・カーター、オークランドブルーズでスーパーラグビーリターン | トップページ | The Rugby Paperという新しい?英国のサイト »