« イングランド協会Swing Low, Sweet Chariot、Black Lives Mattersの時代に見直しへ | トップページ | 選手が揃ってきたブルーズ、チーフに完勝 »

2020年6月20日 (土)

Swing Low, Sweet Chariotレビュー続き

ボリス・ジョンソン無神経な発言です。
禁じるものではない。

元イングランドフッカー、ブライアン・モーアはあの歌はラグビーソングとして良くない
と言っています。

CNNも報道
アメリカの黒人奴隷時代の歌ですから、アメリカでも反響が
あると思います。

歌詞があります。

Swing low, sweet chariot
Coming for to carry me home
Swing low, sweet chariot
Coming for to carry me hom

歌詞の意味

イングランド協会のレビューが今後のカギでしょう。
メロデイはいいですが,歌詞が問題で、セットですから。

スーパーラグビーアオテアロアはハイランダーズが休みで、2試合
行われます。

花園、ラグビーよっぽどヘマやったんでしょうか。

ブラジル感染者100万を超えました。
政変起こると思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« イングランド協会Swing Low, Sweet Chariot、Black Lives Mattersの時代に見直しへ | トップページ | 選手が揃ってきたブルーズ、チーフに完勝 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イングランド協会Swing Low, Sweet Chariot、Black Lives Mattersの時代に見直しへ | トップページ | 選手が揃ってきたブルーズ、チーフに完勝 »