« MLR San Diego Legionはクリス・ロブショーともサイン | トップページ | Swing Low, Sweet Chariotレビュー続き »

2020年6月19日 (金)

イングランド協会Swing Low, Sweet Chariot、Black Lives Mattersの時代に見直しへ

このブログではスイングロー・スウイート・チャリオットは人種差別の歌だと言っていました。
イングランドラグビーファンはSwing Low, Sweet Chariotを歌うのをやめるべき The Sun」

マロ・イトジェもこの歌は複雑な背景があると感じていたようです。

奴隷の歌だったんですね。イングランド協会にも黒人の人がいるようです。

傲慢で無神経はイングランドラグビーファンの歌声でしたがようやく歌わなくなるでしょうね。自国の歌を探せばいいです。


ブラジル感染者100万に届きそうです。
セブンズを辞退した人達、リオ五輪出ていますから,用意出ないことわかるんでしょうね。

Drコトー診療所
放送していましたが、2004年ということで再放送ですね。
千石規子さんも出ていました。
黒澤明監督の映画にも出ていた人です。
離島は医療問題あります。特に専門医がいません。
心臓外科医等ですね。田舎の生活に
あこがれる人もいると思いますが。
NZでも新型コロナヴァイルスの感染者が出たようです。
帰国者がすり抜けたようです。数人出ただけで限界体制です。

東京は市中感染者がまだ多いと思われますが、県またぎで

増えそうですね。

河井夫妻が逮捕されましたが、その先は

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« MLR San Diego Legionはクリス・ロブショーともサイン | トップページ | Swing Low, Sweet Chariotレビュー続き »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MLR San Diego Legionはクリス・ロブショーともサイン | トップページ | Swing Low, Sweet Chariotレビュー続き »