« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

ジャパンのロックとして、将来が楽しみな選手が多い花園の高校ラグビー

ロックは現在のジャパンでも、エデイも言っているように、
なかなか改善されないポジションですが、高校生には
期待できそうな選手が何人かいます。
流通経大柏のディアンズ・ワーナー、2メートル1、118キロ
活躍していますね。
京都成章の本橋、193cm、113kg、ジャイアン。突進で前に出ています。
中部大春日丘物部、1年、190,102
東福岡 田島貫太郎、194、87 福岡みたいに、片手でボールをつかみトライしていました。
フランスの次の大会ごろには、ジャパンの主力になりそうです。
予選で負けたチームにも何人かはいそうです。

御所実業は、ロックにコンタクトは強いですが
ラインアウトは、弱い人を、ずっと使っているようです。
これでは、優勝できそうもないと思います。
国栃戦12-5と苦戦したようです。

花園、オフロードも随所に出ていましたね。

三回戦
大分東明  ― 中部大春日丘
新興同士の対戦です。

決勝で東福岡、決勝で桐蔭学園に熊本の高校が勝ったスポーツがあります。
剣道です。
甥二人が、中学、高校とやっていました。
郡部では特に、ラグビーやってるとこありません。
保守的な県、熊本。ワールドカップやったのに。
かくして、一回戦負けでした。

三船敏郎、淡路恵子さん38年ぶりの共演でしたね。

知床旅情♪
告白シーン。

映画、砂の器の脚本は山田洋次さんもなんですね。
寅さんに、黒澤組の人が出るのも、山田監督によります。

今年も、このブログ読んで頂いて、またコメントを頂き、ありがとうございます。
最後のほうは、仕事が忙しくなり、更新少なくなくなりましたが。
皆さんよいお年をお迎えください。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

ワールドカップの影響受けている花園

選手名鑑を見るために、ラグビーマガジン買いました。
この時ぐらいです。
190cm級は、例年よりほんの少し増えた感じです。
東福岡の田島貫太郎、194cm、87キロがラックから
そのまま前に出て、走り切りトライ取りました。
マロ・イトジェが目標のようですが、プレースタイルも
似たものを目指しているようなので、いいんじゃないでしょうか。
まだ細いので、あと30kgぐらい。?
去年、東福岡は、190cm級がいないって、書いたんですが、今年は
二人ぐらい出ているようです。優勝争うチームには先発に4人は欲しいところです。
ただ、FWの平均体重90kg以上が、参加校の3分の2以上はありそうで、
これは目立つことです。
ほとんどの高校は175cmぐらいでロックというのが
多いです。
まだ長身選手は中学校でバスケットに取られているんでしょうね。
高校でラグビーに変わるというのは少ないと思います。

佐賀工業の左ウイング森山は小柄ですが、いい走りしていました。

部員数は増えているんだと思います。ワールドカップ効果が。
予選参加数は増えているんでしょうか。これはじわじわと増えてきそうです。

もちろん、何年も前から始めているんでしょうが。

高校ラグビーの結果と行ったら
MBSですね。結果はまとまっています。
試合はJスポーツで見ていますが。

仕事が忙しく、ブログ更新間が空きました。
その間試合もなかったですし。

男はつらいよ 知床慕情
で寅さんが面白いこと言っていました。
三船敏郎の獣医が、淡路恵子さんに「恋の炎でじりじり、
焼肉みたいになっちゃう」笑い。
野良犬以来の共演
世界の三船対日本の渥美清でした。
初共演ではないですね。
太平洋の翼でもありました。寅さんが戦闘機乗りでした。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

TJ・ペレナラ,3辛は辛すぎかも。?ようこそ日本へ

彼はプレーだけでなく、文化的にも存在感を出すと思います。
ペレナラは、高速フォローが特徴。ウイングの近くまで行って、チャンス広げます。
あと、トライも多いです。
キャプテンシーもあります。
私、1辛でも、目が充血します。
会見7分20秒ぐらいから始まります。30分ぐらい。
ペレナラ184cmありますが、元ウエールズSHマイク・フィリップスは191cmありました。

早稲田のルーキー、伊藤選手のこぼれ球拾ってのトライ、
数人抜きましたが、それほど凄いプレーでは、なかったですね。
慶応のほうが、体制が崩れていたので。
素質はあるかもしれませんが、早稲田関係のメデイアの人が
多いので、ちょっと贔屓が強すぎの感じがしました。
驚くほどのプレーではなかったと思います。

日本、2012年以来の寒さかもしれません。

12月なのに寒いですね。
東京、2012年1月27日世田谷でマイナス3.4°という日がありました。
当時のブログ記事
2012年1月27日朝東京、世田谷マイナス3.4°

世界と日本の新型コロナヴァイルス
大きな違いがありますね。死亡率は50倍以上、世界が高いようです。
アジアは低いですが。それで、オリンピック中止に対する
考え方が違っているようです。

志穂美悦子さんと長渕剛さんの馴れ初めも、寅さんかなと思いましたが
その前からだったようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

ラグビー日本代表の身体能力の高さ。ガッキー、ラミレスに勝利

フィットネス対決でした。
ラグビー向きのパワーが多いです。

ジャパンは今年は試合不足でしたが
トップリーグで補えそうです。?
神鋼、パナソニック、トヨタとNZ、オールブラックス風なラグビーしていますから。
東芝もそうですね。
サントリーは仮想イングランド?
最近のトップリーグ成績
エデイがサントリーの仕事するのも、そろそろ終わりそうですね。
BBCで問題ありそうでも続行だという記事が出ています。
ワールドカップで対戦する国に関係するのは、問題でやめろとなるでしょう。
今はまだ、日本には負けないと思っているので、許可したと思います。
ジャパンのDFコーチだった、プラムツリーが日本と対戦の可能性があるということで
やめてしまいました。ワールドカップ前に、オールブラックスと対戦する前でしたかね。

ちょっと過ぎてしまいましたが
Louise Ekland、抽選会でブルー一色で司会していた人です。
フランスで活躍するイギリス人のようです。
インスタグラム
フランス発、英語の需要も多いんでしょうね。
でも抽選会に出てきた、フランス人、良くしゃべります。
セバスチャン・シャバルも。
元原始人。

ジェームズ・オコーナー、チーフスでプレーしたいようですが、
ラグビーオーストラリアにブロックされたようです。
彼の両親はNZ人だそうです。生まれたのはオーストラリア。

サー・ステイーブ・ハンセンの娘Whitney Hansenはラグビーやってるんですね。
親に似て、コーチするようです。

ラグビーリパブリックさんは
前にもありましたが
スプリングボックスって書いていますね。
小林さん?
Jスポーツでそう言ってた感じがあります。

ウエールズ人キャサリン・ゼタ・ジョーンズ 身長170cmでジュリア・ロバーツは175cmです。
二人の共演の映画見ましたが、相手役が貧相に見えます。
姉妹役というのが、それだけで笑ってしまいます。
相手役は身長187cmでした。身長だけで選んだ感じです。マイケル・ダグラスの父、カークはベラルーシ人でした。

毎年、年賀状は印刷して送っているのですが、今年は
プリンターが壊れて、2年前に、ビックカメラに山積みされていた、年賀状も
印刷できる5,6千円のを買おうと思ったのですが、今年は
テレワークで品薄ということで、自分で印刷するのはやめにしました。
デザインは自分でして、はんこ屋さんに出すことに。
宛名は手書きです。
インクジェットプリンターで、ブラザーの大きくて重いのはあるようですが
あれにはこりましたから。

これには、次の話が、宛名を手書きにしようかと思いましたが、
かなりの枚数になりますので、結局、山積みのプリンターでない、少し
価格の高い、プリンターを購入しました。4,5キロあるのを、渋谷から
持って帰りました。50mぐらいで、休みながら。疲れました。

仕事では、プリンターとても、使うので、今はコンビニで。費用も
かかりますし。レーザープリンターが欲しかったですが、年賀状には
縁ありになってどうも。リコーのレーザープリンター欲しいんですが、
フォントがいいので電源の問題もあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

 

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

ジャパンには3大会連続upset大番狂わせを期待

絶好の機会の組み合わせになりましたね。
ボックス、アイルランドと2回続けて、強豪を倒しましたが
3回目として、不足がない相手です。
イングランドです。エデイに恩返しする機会になりました。
好対照の両チームです。
エデイのpower territory gameに対して、JJのパスやキックで
大きく動くラグビーは勝機あると思います。セットプレー、スクラム、ラインアウトを強化する必要あります。

ガッキー、グー君は対抗できます。2m級のロックが必須ですね。
アルゼンチンもオールブラックスを破って、自信が膨らんでいます。
イングランドとアルゼンチンはまたですね。

全体のドローは
Pool A       Pool B
New Zealand       South Africa
France      Ireland
Italy       Scotland
Americas qualifier     Asia/Pacific qualifier
Africa qualifier       Europe qualifier

Pool C       Pool D
Wales          England
Australia         Japan
Fiji         Argentina
Europe qualifier    Oceania qualifier
Qualifier      Americas qualifier


C組は、2019年大会と同じようです。
ウエールズはワラビーズとは良く、大会で顔を
合わせます。そして、フィジーとも。
今度は厳しいものになりそう。
B組は、アイルとランドとスコットランドは仲がいいこと。笑い。
しょっちゅう試合している、印象があります。近いですし。
ワールドチャンピオンのスプリングボックスは恵まれましたね。
ワールドチャンピオンは、次の大会まで、名乗れます。

A組は、そのワールドチャンピオンに3回なった、オールブラックスですが、
またイタリアです。ずっと対戦しています。そして地元フランスです。
強敵です。ワールドカップで何回負けたことでしょう。
オールブラックス対フランスもワラビーズ対ウエールズも
ワールドカップで7回対戦しているようです。

アメリカは、アメリカとそして、ロブ・ハウリーがアシスタントコーチになった
カナダも強くなるでしょう。

nine cities and run from September 9 to October 22.
で開催です。

報知によりますと
決勝トーナメントに関し、準々決勝はA組1位とB組2位、B組1位とA組2位、C組1位とD組2位、D組1位とC組2位の対戦

フランスがA組首位だと、オールブラックス対ボックスの対戦が早々にありえます。
ジャパンが2位通過だと、ワラビーズと対戦も。
ジャパン1位だと、ウエールズかフィジーになり、準決勝、ベスト4もありえます。

ノーマン・マクスウエル、コンカッションの後遺症に悩んでいるようです。
強いタックルしていましたね。オールグラックスロックでした。
1.98 m 106 kg と細かったです。そういえばヘッドキャップいつも
かぶっていたと思います。その頃から悩んでいたんでしょうね。

こじるりは
今年までやるんですね。

忠臣蔵 北大路欣也版 1996年で大石の奥さん 、りく役で梶芽衣子さんが
出ていて、祇園の遊蕩で浮橋太夫を、身受けすると言って、りくを離縁するわけですが、
りくは本懐をと言って、理由がわかっているようでした。
大石の祇園の遊蕩は敵を欺くことと、このためでも、あったんでしょうか。

この二人は、仁義なき戦いでも、恋人役で共演しています。1973年制作ですね。

「こんな」って、呉弁、広島弁
youのことでしょうね。こいつというよりおまえという感じで
仁義なき戦いで出てきます。

前前の会社で呉の人と多く話しましたが、元IHIの人達です。
こんなって聞いたことなかったと思います。

小林旭と宍戸錠が東映映画で共演していました。日活では。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

ジャパンには3大会連続upset大番狂わせを期待

絶好の機会の組み合わせになりましたね。
ボックス、アイルランドと2回続けて、強豪を倒しましたが
3回目として、不足がない相手です。
イングランドです。エデイに恩返しする機会になりました。
好対照の両チームです。
エデイのpower territory gameに対して、JJのパスやキックで
大きく動くラグビーは勝機あると思います。
アルゼンチンもオールブラックスを破って、自信が膨らんでいます。
イングランドとアルゼンチンはまたですね。

全体のドローは
Pool A       Pool B
New Zealand       South Africa
France      Ireland
Italy       Scotland
Americas qualifier     Asia/Pacific qualifier
Africa qualifier       Europe qualifier

Pool C       Pool D
Wales          England
Australia         Japan
Fiji         Argentina
Europe qualifier    Oceania qualifier
Qualifier      Americas qualifier


C組は、2019年大会と同じようです。
ウエールズはワラビーズとは良く、大会で顔を
合わせます。そして、フィジーとも。
今度は厳しいものになりそう。
B組は、アイルとランドとスコットランドは仲がいいこと。笑い。
しょっちゅう試合している、印象があります。近いですし。
ワールドチャンピオンのスプリングボックスは恵まれましたね。
ワールドチャンピオンは、次の大会まで、名乗れます。

A組は、そのワールドチャンピオンに3回なった、オールブラックスですが、
またイタリアです。ずっと対戦しています。そしれと地元フランスです。
強敵です。ワールドカップで何回負けたことでしょう。
オールブラックス対フランスもワラビーズ対ウエールズも
ワールドカップで7回対戦しているようです。

アメリカは、アメリカとそして、ロブ・ハウリーがアシスタントコーチになった
カナダも強くなるでしょう。

nine cities and run from September 9 to October 22.
で開催です。

報知によりますと
決勝トーナメントに関し、準々決勝はA組1位とB組2位、B組1位とA組2位、C組1位とD組2位、D組1位とC組2位の対戦

フランスがA組首位だと、オールブラックス対ボックスの対戦が早々にありえます。
ジャパンが2位通過だと、ワラビーズと対戦も。
ジャパン1位だと、ウエールズかフィジーになり、準決勝、ベスト4もありえます。

ノーマン・マクスウエル、コンカッションの後遺症に悩んでいるようです。
強いタックルしていましたね。オールグラックスロックでした。
1.98 m 106 kg と細かったです。そういえばヘッドキャップいつも
かぶっていたと思います。その頃から悩んでいたんでしょうね。

こじるりは
今年までやるんですね。

忠臣蔵 北大路欣也版 1996年で大石の奥さん 、りく役で梶芽衣子さんが
出ていて、祇園の遊蕩で浮橋太夫を、身受けすると言って、りくを離縁するわけですが、
りくは本懐をと言って、理由がわかっているようでした。
大石の祇園の遊蕩は敵を欺くことと、このためでも、あったんでしょうか。

この二人は、仁義なき戦いでも、恋人役で共演しています。1973年制作ですね。

「こんな」って、呉弁、広島弁
youのことでしょうね。こいつというよりおまえという感じで
仁義なき戦いで出てきます。

前前の会社で呉の人と多く話しましたが、元IHIの人達です。
こんなって聞いたことなかったと思います。

小林旭と宍戸錠が東映映画で共演していました。日活では。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

World Rugby team of the decade に異論噴出

Men’s XVs team of decade: Tendai Mtawarira (RSA), Bismarck du Plessis (RSA)., Owen Franks (NZL), Brodie Retallick (NZL), Sam Whitelock (NZL), David Pocock (AUS), Richie McCaw (NZL), Sergio Parisse (ITA); Conor Murray (IRE), Dan Carter (NZL), Bryan Habana (RSA), Ma’a Nonu (NZL), Brian O’Driscoll (IRE), George North (WAL), Ben Smith (NZL).

これは、突っ込みどころが多い選考ですね。
ロックにアラウイン・ジョーンズがいません。フランカーは両方オープンサイドフランカーで
弱そう。ポーコックでなくて、ジェローム・カイノでしょう。
NO8にキーラン・リードがいないなんて。
ブライアン・オドリスコールは
1999-2014 Ireland 133
2001, 2005, 2009, 2013 British and Irish Lions 8
で前世紀ならぬ、前10年が全盛期ですね。
ジョナサン・デービスでしょう。
2009- Wales  82
2013, 2017 British and Irish Lions 5
フッカーもデーン・コールズは機動力があり、バックス並みの走力持っています。

大体、私と一致します。

アラウイン・ジョーンズ、イタリア戦で膝痛めたようですが、
6ネーションズ大丈夫でしょうか。

女子はケリー・ブレジャーとポーシャしかわかりません。
Women's team of the decade: Rochelle Clark (ENG), Fiao’o Faamausili (NZL), Sophie Hemming (ENG), Eloise Blackwell (NZL), Tamara Taylor (ENG), Linda Itunu (NZL), Maggie Alphonsi (ENG), Safi N’Diaye (FRA); Kendra Cocksedge (NZL), Katy Daley-Mclean (ENG), Portia Woodman (NZL), Kelly Brazier (NZL), Emily Scarratt (ENG), Lydia Thompson (ENG), Danielle Waterman (ENG).

五郎丸が来年引退するようですが、テストマッチ日本の得点記録711を持っていますね。
長距離キックはタッチキックも含めて、ジャパンの武器でした。
タッチキックでは、ボックス戦、ジャパンのモールに繫がった、キックは見事でした。
解説のジョー・ストランスキーが褒めていました。アナウンサーはペップの話して
見ていませんでしたが。
サー、ジョン・カーワンがジャパンに選んでいれば、キックもっと行ったでしょうね。
足が遅かったので、選びませんでした。Victor Vitoに追っつかなかったのが響きました。

そうすれば、このキックポイントランキングに入ってきたでしょう。

エデイのpower territory gameにピッタリの選手でしたね。エデイも変わっていません。

明日ぐらいアップしようと思いましたが、話題が伸びてしまいそうでしたので。
麺が伸びるとラーメンも美味しくなくりますから。

ラ・ラ・ランド♪
ハッピーエンドの方が良かったですね。
ネバダの図書館のそばまで迎えに行って
オーデイションもついて行ったあとが話が切れています。
ミアが結婚した人との、話が描かれていませんし
結論を強引に、カサブランカのように、悲恋にした感じです。
悲恋のほうが、語り継がれると計算したんでしょうか。
ラ・ラ・ランド♪って、結局悲恋映画だったなあと思ってしまいます。
最後不自然でした。
ダミアン・シャザール、カサブランカ尊重し過ぎです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2020年12月 7日 (月)

目は仕事するには大丈夫なように良くなりました。

去年の1月から、先週まで毎日書いていましたが、
ワールドカップでアクセスが増えていましたから。
最近では毎日書くために、無理に話題を拾っていたことも
ありました。ここ数日は、さぼりたい?という感じもありました。
心配していただいた方、ありがとうございます。

今後は、ブログアップ回数減ると思います。
私にとって、仕事のテストマッチが決まりました。
ジャパンが予選リーグ突破を目指すような試合です。
全身全霊を傾けるとまではないですが、
毎日書くことは難しいです。
それに、南は試合はしばらくありませんし。
例年、クリスマスから新年は話題が少なくなります。

仕事の気分を変えるため、書き留めて、それを
何日かごとにアップするようになると思います。
とにかく、仕事の頭になっています。

オータムネ-ションズカップはイングランドが
サドンデスで、オーウエン・ファレルの2回目の
PGが決まりました。
イングランドの先発は813キャップのベストメンバー
フランスは68キャップの若手でした。
ガルテイエは、デユポンやヌタマックらの、一軍が
プレイタイム制限で使えなかったようで
2018年U20優勝メンバーの若手を使いました。
経験を積ませて、層が厚くなりました。
スクラムとモールは苦手で、サドンデスの同点に
追いつかれたのも、試合終了寸前のモールで
とられたものです。
優勝はイングランドですが、恐るべしフランスです。

イングランドのプロップEllis Gengeのヘッドバットは罰せられなかったようです。

ワラビーズ、ロス・プーマズ戦前に、新しい国歌
歌いましたね。というか現地語が一番に追加になっています。NZのように。

レイザー、B&Iライオンズスタッフに加入か
ウオーレン・ガトランドに頼んで、望んでいたことが、実現しそうです。

ONE TEAM STREETに数日なるようです。

姫野も来年のスーパラグビー契約者の名前に。
怪我から復帰した、オールブラックス、リアム・スクアイアとハイランダーズで
チームメイトになります。

リース・ホッジ、FBで出場、1FEはオコナー、大雨の中、最後のキックははずれて
ロス・プーマズとドローのままでした。

Brett GosperワールドラグビーびCEOでしたが、ちょっと節操がないですね。
ヨーロッパのNFL関係の職に就くそうです。
ラグビーのバックボーンがなさそうではありました。

Faye Dunawayフェイ・ダナウエイ、オスカー取っていたんですね。

スタンリー・トゥッチ
色々な映画出てますが、少しづつ顔が違うような。
でも、頭の形は変わらないです

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (2)

2020年12月 1日 (火)

ブログしばらく休みます。

仕事で目を酷使しており、目から出血しましたので。


ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »