« ウエールズまた14人のスコットランドに勝利 | トップページ | WOWOWとJスポーツのラグビーでの仁義なき戦い? »

2021年2月15日 (月)

フランスとウエールズ2勝

第2ラウンド済んで勝ち点で並んでいますが、イタリア戦の50点が効いています。
アイルランドは押せ押せと攻めますが2点差負けでした。

スター誕生
LRZはスチューアートホグズを二つ目の時に置き去りにしていますね。
大畑アンバサダーにも太鼓判押されていました。
I think a star is born today.
Jonathan 'Jiffy' Daviesもう一人のジョナサン・デービスですが

Scotland v Wales 1971もマレーフイールドで激闘しています。
ジョン・テイラー、ウエールズのオープンサイドフランカーが
最後逆転ゴール決めています。左足キックです。
どの前にバリー・ジョンがトライしたとき、相手とぶつかって
脳震盪だったので。このころは続行でした。HIAないので。
ジョン・テイラーは、この年のB&IライオンズのNZツアーで
史上初オールグラックスに勝ち越ししています。そのテストに
3試合出ています。
またアパルトヘイトに抗議して1968年のスプリングボックスが
英国に来た時試合に出場していません。気骨のある人です。

イタリアの選手がイングランドの選手をcrocodile rollというプレーでけがさせています。

ラグビーのcrocodile roll
相手をかえすプレーですね。
本家ワニのcrocodile roll

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウエールズまた14人のスコットランドに勝利 | トップページ | WOWOWとJスポーツのラグビーでの仁義なき戦い? »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウエールズまた14人のスコットランドに勝利 | トップページ | WOWOWとJスポーツのラグビーでの仁義なき戦い? »