« ウエールズ、14人のアイルランドに勝利 | トップページ | 姫野 in NZ Otago Daily Times »

2021年2月10日 (水)

6ネーションズ期間に変動しそうな世界ランキング

世界ランキング
主に6ネーションズの国だけですね。あとは試合がないので。
でもオールグラックスは2位になりました。
ウエールズ9位から8位に。
イングランド3位です。2位だったんですかね。
フランスにも勝てないでしょうからもっと
下がるでしょう。定位置に。
2位から3位に下がったんですね。
現在のランキング
1. South Africa (94.20 points)
2. New Zealand (88.95)
3. England (87.49)
4. France (85.30)
5. Ireland (83.42)
6. Australia (83.03)
7. Scotland (82.82)
8. Wales (80.59)
9. Argentina (80.31)
10. Japan (79.29)

Sir Clive Woodward いつものように
イングランドの敗戦を痛烈に批判しています。
3列はイングランド勢でなく、ジョシュ・ナビヂを支持しています。
ワールドチャンピオンスプリングボックスとジャパンはしばらく試合が
ありません。

ウエールズはアウエイでスコットランドと対戦します。
リアム・ウイリアムズがウイングで出てきそうです。
コンカッションが二人、トモス・ウイリアムズは
ハムストリングです。
Wyn Jonesがルースヘッドに座りリース・カレは
まだ若いということのようです。

Gethin JenkinsがDFコーチになって良くなりました。

Ellis Jenkins がけがから復帰するようです。オープンサイドフランカーですね。
かなりいいプレーしていましたが、2018年にけがしました。

Jenkinsさんは多いです。笑い

姫野はNZに着いていると思いますが、記事は出ていません

森氏がラグビーやってたのか、疑問に思うのは
フェアプレーの精神を感じないことですね。
柔道の溝口さんが今回の発言はレッドカードだといいましたが
その通りですね。ラグビーやってたなら退場すべきだと。

2階氏はオリンピックをGotoと同じように開催しようと思っていますね。
金儲けのためです。小沢さんについて自民党を出たころもありましたが。
中国重視はわからないでもないですが。

白い議員
山下JOC会長よくなりましたね。もう少し。
英国留学があり、ラグビーも見ています。日比野さんと対談していましたから。
ラグビーの最も大事にしていることはフェアプレーです。

IOCも手のひら返しましたし、スポンサー離れも起きています。
辞めざるを得ないでしょう。

おとなのけんかという映画見ました。
抱腹絶倒でした。
ジュディ・フォスターとケイト・ウインスレット共演ですが
子供のけんかの被害者家だけが舞台です。
しかし最初から最後までセリフばっかりで、ずっとしゃべりっぱなし
マラソンみたいでした。
これほど多い映画もないと思います。
ケイト・ウインスレットの気持ちの悪い時の演技が
特に大笑いでした

イカは新鮮だと風味があってとても美味しいです。
天草には海も山もあります。
タコもとても美味しいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウエールズ、14人のアイルランドに勝利 | トップページ | 姫野 in NZ Otago Daily Times »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウエールズ、14人のアイルランドに勝利 | トップページ | 姫野 in NZ Otago Daily Times »