« 姫野 in NZ Otago Daily Times | トップページ | ウエールズまた14人のスコットランドに勝利 »

2021年2月12日 (金)

テニスとリーグからちゃっかり頂くユニオンラグビー

ルールいいとこどりです。
スーパラグビーアオテアロアで二つのルールチェンジがあります。
captain's callと
goal line drop-out
ですが、前者はテニスのチャレンジみたいです。
大阪なおみ選手がよくやっています。
キャプテンがトライとか反則で微妙なプレーがあったとき、
レフリーにアピールできるようにします。TMOチェックですね。
説明は以下にありますが。
後者がどうするかわかりにくいですが
リーグの動画を見ると一目瞭然です。きっとそうでしょう。名前も同じですし。
ドロップアウトになると、スクラムリスタートになりますが、その代わり
ゴールポストの下でキックスタートしています。ドロップキックのようですね。

ここでのスクラムは時間がかかりますが、ここでトライもあるかもしれないのに。

ペレナラ、ここからのトライ多かったですし、北のチームは異論ありそうです。

スクラム軽視の南のチーム、こちらはローカルルールに終わるかもしれません。ん違うかも?

守り側の5mスクラムだけでしょうか。22mラインのDKを後ろにしたのか?うーん。

スコットランド戦ウエールズ
ジョージ・ノースもけがなのかはずれました。
osh Navidiも首をいためたようです。
その次は大丈夫そうです。

イングランドはフォードを戻し、ファレルも元通りでした。1列が戻っています。
England: Elliot Daly, Anthony Watson, Henry Slade, Owen Farrell (captain), Jonny May, George Ford, Ben Youngs; Billy Vunipola, Tom Curry, Courtney Lawes, Jonny Hill, Maro Itoje, Kyle Sinckler, Luke Cowan-Dickie, Mako Vunipola. Reserves: Jamie George, Ellis Genge, Will Stuart, Charlie Ewels, Ben Earl, Jack Willis, Dan Robson, Max Malins.

Italy: Jacopo Trulla, Luca Sperandio, Juan Ignacio Brex, Carlo Canna, Montanna Ioane, Paolo Garbisi, Stephen Varney; Michele Lamaro, Johan Meyer, Sebastian Negri, David Sisi, Marco Lazzaroni, Marco Riccioni, Luca Bigi (captain), Andrea Lovotti. Reserves: Gianmarco Lucchesi, Danilo Fischetti, Giosue Zilocchi, Niccolo Cannone, Federico Ruzza, Guglielmo Palazzani, Tommaso Allan, Federico Mori.

森氏はやめるのに、後任指名というのはおかしいですね。変わっていない。

メリル・ストリープとロバート・デニーロの恋に落ちてという映画
やってましたが、この二人が恋に落ちるはずはないと思ってしまいました。苦笑

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« 姫野 in NZ Otago Daily Times | トップページ | ウエールズまた14人のスコットランドに勝利 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫野 in NZ Otago Daily Times | トップページ | ウエールズまた14人のスコットランドに勝利 »