« 固唾を呑んで注目される林眞琴検事総長。 | トップページ | Sir Wayne Shelfordに »

2021年6月 6日 (日)

馴染みのMalcolm Marx Jesse Kriel Willie le Roux Makazole Mapimpiら6人South Africa preliminary squadに

Kwagga Smith、Franco Mostertもいます。
合わせて6人日本でプレーした人たち、来年もプレーする人もいるでしょうが、入っています。
前にクボタにいた、Duane Vermeulenは怪我のようです。
BILsの前に、ジョージアが来るようです。
全員は

ハイランダーズ対ワラターズ、副音声もやっていました。
主はフミとカベだったので聞いてもよかったですが。
ワラターズ、ジャージーがプーマズみたいになっていました。
弱いので迷走?しているんでしょうか。区別つかないです。

プーマズ

姫野はモールからのトライト、ジャッカル、得意のダンボールしての突進を短く
3回続けて、チョナ・ナレキJona Narekiのトライになりました。
チョナは175㎝ 80㎏の小柄ですが、スピードりますね。
シャノン・フリツイエルが6週間の怪我ということでこの間先発すると思います。

トニー・ブラウンは帽子をよくかぶっていますが
、KT、カール・タナナKarl Te Nanaも
同じようなのをかぶっていました。NZというより、フランス製のような感じ
彼はセブンズのプレイヤーでオールブラックスのキャップはありません。

夏のスコットランドはジェイミー・リッチーが主将になるようです。17人が新人
ルーマニアとジョージアと対戦します。名前名前という感じがしますね。
ジョージアは南アフリカに先に行って、スコットランドと対戦します。
その前に、オレンジズとも。
フランスとは秋ですね。
ジョージアは去年から積極的でテストマッチ多いです。日本の代わりもありました。
10試合しています。お座敷がかかりますね。今後強くなるかも。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

|

« 固唾を呑んで注目される林眞琴検事総長。 | トップページ | Sir Wayne Shelfordに »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 固唾を呑んで注目される林眞琴検事総長。 | トップページ | Sir Wayne Shelfordに »