« オールブラックスttoo many penaltyで自滅のフィジーに圧勝 | トップページ | オールブラックスラグビーチャンンピオンシップSQUAD »

2021年7月19日 (月)

堀江翔太と五郎丸歩、同期で今日19日テレビ視聴率争いか?

五郎丸、サンドの番組にニド目の出演。今日です。

イチド目見ました。ハハ

堀江も今日テレビ出演です。
同期ですよね。視聴率争いか。

タイトル変えました。録画してみますが合わせて5時間か。

BILs、ボックス戦メンバー予想花盛り

ストーマーズ戦MOMはアダム・ベアードでした。
守りが良かったです。

マット・ドーソン
15. Liam Williams (Wales)
14. Anthony Watson (England)
13. Elliot Daly (England)
12. Robbie Henshaw (Ireland)
11. Josh Adams (Wales)
10. Dan Biggar (Wales)
9. Conor Murray (Ireland)
1. Mako Vunipola (England)
2. Luke Cowan-Dickie (England)
3. Tadhg Furlong (Ireland)
4. Maro Itoje (England)
5. Alun Wyn Jones (captain, Wales)
6. Tadhg Beirne (Ireland)
7. Tom Curry (England)
8. Sam Simmonds (England)
イングランドがちょっとト多いですが。
サム・ウオービトンは8がファラタウで
12がバンデイ・アキでした。
2番と6番は同じです。
6番は198cm
2番は111kg

ホグもファレルもいません。
これが世界一クラスのFWでボックスも同じです。
スクラム、ラインアウトもこうでないと対抗できません。
プロップだけの問題じゃありません。スクラム世界一というなら
2m級のロック、ブラインドサイドフランカーに言及しないと。
決めるのはウオーレン・ガトランドです。

ソニーはすっかり解説者になったようです。
ワラビーズとフランスの試合でレッドカードが
出たようですが、モートロックと笛について
話しています。

ツイプロツ、ベルブリッツですか。いい選手を集めますね。
ダミアン・マッケンジーも日本に来そうです。

リポビタンDはフランス大会でもスポンサーになったようです。
エネルギードリンク部門があるみたいです。

ちなみに、私はリポDはずっと昔に1本飲んだことあるかというぐらいです。飲まなくてもエネルギッシュ。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

|

« オールブラックスttoo many penaltyで自滅のフィジーに圧勝 | トップページ | オールブラックスラグビーチャンンピオンシップSQUAD »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オールブラックスttoo many penaltyで自滅のフィジーに圧勝 | トップページ | オールブラックスラグビーチャンンピオンシップSQUAD »