« グレイグ・レイドローが先鞭をつけたからかスコットランドから続々? | トップページ | タナ・ウマンガTana Umagaすっかり実業家の顔に »

2021年8月18日 (水)

オールグラックス対スプリングボックスのテストは今度で100回目

1か月後で鬼も笑いますが?
対戦成績は59勝36敗4ドロー
南アフリカでは互角ですが
NZ、中立地では圧倒的にオールグラックスです。
でも9月25日は違うかも。BILs戦はケープタウンですから高地では
ありませんでした。

オールグラックス対ワラビーズはもっと多いです。
172試合あります。
NZの119勝45敗、8ドロー
近くに好敵手がいるからラグビーは進化します。日本も韓国、中国、香港が
強くなって欲しいです。ジャパン試合少なすぎ。
堀江翔太66キャップ。田中史朗75キャップ、アーロ・スミスと同じように
100いってもおかしくないです。

Wales, England, Ireland and Scotland - plus Australia がラッシーの件で
ワールドラグビーに申し入れたようです。
WR偉く慎重ですね。

例の投票です。
Michael Jones, Richie McCaw and Zinzan Brooke
ichie McCaw openside flanker (85 per cent of the public vote)
Zinzan Brooke at No 8 (55 per cent

Jerry Collins claiming 36 per cent , Kaino (34 per cent、Jones (29 per cent) close behind,
サーグラハム・ヘンリーがマイケルジョーンズにしたようです。
投票が恣意的な感じがするのは私だけか?

SH候補。
Sid Going (29 tests from 1967-1977)
Dave Loveridge (24 tests from 1978-1985)
Justin Marshall (81 tests from 1995-2005)
Aaron Smith (99 tests from 2012-present)
1FE候補
Grant Fox (46 tests from 1985-1993)
Andrew Mehrtens (70 tests from 1995-2004)
Dan Carter (112 tests from 2003-2015)
Beauden Barrett (91 tests from 2012-present)

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« グレイグ・レイドローが先鞭をつけたからかスコットランドから続々? | トップページ | タナ・ウマンガTana Umagaすっかり実業家の顔に »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グレイグ・レイドローが先鞭をつけたからかスコットランドから続々? | トップページ | タナ・ウマンガTana Umagaすっかり実業家の顔に »