ラグビー

2018年6月16日 (土)

6ネーションズで揉まれているイタリアFWにジャパン完敗

イタリアがティア1とは思いませんが
ラインアウトモールとオフロードで終始押されていました。
圧力がかかっていたので
ゲインできませんでした。
福岡も走れませんでした。
やはりヴィンピーとかロックで使ったり
3列も軽量化したので
その差が出ましたね。
イタリアのロック目立っていました。髪つかんだだけでなく。
松島の腰高のタックルミスもありましたし。
日本のキックは相手に渡すことが多かったです。
私は副音声しか聞かないのですが、英語放送は
なくて場内の音だけですが、観客は正しい反応を
示しています。前半、後半の中頃までほとんど
盛り上がっていませんでした。ずっとイタリアペースでした。

イタリアはスクラム、ラインアウトにはフォーカスしてませんでした。

リーチもインタビューで言っていましたが、日本相手に
いつもくる方法に対応できませんでした。
ティア1はバックスももっといいので差が開きます。
イタリアは時間稼ぎしていましたね。

日本は当然まだティア1に勝てるレベルではありません。
ジョゼフがナショナルチームの指導の経験の少なさがあると思います。
サンウルブズが勝ったのはハッテイング、ワイクスがいたのが
大きいですが、ジャパンにはまだいません。
サンウルブズがジャパンより強そうですね。
マフイは来年、レベルズから移ったほうがいいかも。
試合出すぎのようです。田村選手はサンウルブズで今年は
試合経験が少なかったですね。

松田はキックは良かったです。一本ポールに当てましたが。

フィージーがジョージアに37-15 で順当勝したようです。
https://www.newshub.co.nz/home/sport/2018/06/rugby-fiji-crowned-pacific-nations-cup-champions-after-win-over-georgia.html

福岡がSHの位置に入るのは本来はSHがあのくらいの出足がないといけないのですが
日本では大抵パス、キックマシンであることが多いので
スクラムから抜け出すプレーは少ないです。
SHはチャンスに一番近いのでティア1の国では
福岡のようなプレーするSHはいます。

ABs対フランスはボーデンに危険なプレーしたフランス選手に対して一発レッドカードでした。
他の競技にないレフリーの判断です。
ただ14人の相手に対して、26 - 13でややすっきりしません。
キーラン・リードは走り始めたようですが、ルーク・ホワイトロックでは。
ソニーは来週出るようですが、無理はしてほしくないです。
ひげの似合わないサム・ケインはペナルティが多いです。
マッコー、カーターのころのような安定した力がない感じがします。
レタリックが出ていないこともあります。U20の仇を大勝で取ってほしかったですが。U20はレイザーが
立て直しましたが、指導者の力が大きいです。

アイルランドはワラビーズにオーストラリアで39年ぶりに
勝ったようです。

テストマッチはライブでないと価値が半減します。
なんでdelayなんでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

ジャパンは強くなりましたが、イタリアはいつからティア1になったのか。

2勝目をあげたのは価値があります。

下手な国より強いスーパーラグビーでのサンウルブズの経験が
生きましたね。サムエラは使えそうで、ハッテイングとワイクスが入ればボールが
取れそうです。

6ネーションズで最近勝ててないし、

https://www.six-nations-guide.co.uk/2018/italy-fixtures.html

スコットランドとは僅差でしたが、あとは大敗しています。

2017年は大敗続きでした。

https://en.wikipedia.org/wiki/2017_Six_Nations_Championship

今年は去年に比べて、若手が出てきて良くはなっていますが。

ティア1というのは
旧IRB8国+アルゼンチンでしょ。
6ネーションズのwooden spoonのイタリアです。
ワールドカップでも日本と同じくベスト8に進出したことはありません。
ランク14位のティア1があるわけないです。
https://www.worldrugby.org/rankings/mru?lang=en
ウイキにTier 1の項目がありますが
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_international_rugby_union_teams#Tier_1
これおかしいです。6ネーションズメンバー効果なのかもしれませんね。

World Rugbyの半分を占めていますから。
関連国との通算対戦成績です。
フィージーとイタリアは6勝6敗です。フィージーもティア1にしないと。

フィージーは3回ベスト8に進出しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Fiji_and_Italy
アルゼンチン対イタリアは16勝5敗でアルゼンチン
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Argentina_and_Italy

スコットランド 21勝8敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Italy_and_Scotland

アイルランド 24勝4敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Ireland_and_Italy

フランス 37勝3敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_France_and_Italy

イングランド 24勝0敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_England_and_Italy

ABs 13勝0敗

日本より試合が多い、イタリアはティア1には日本より勝っています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Italy_national_rugby_union_team#Wins_against_Tier_1_nations

ティア1がイタリアの力だと思ったら大間違い。

こういう質問をしている人もいます。
https://www.quora.com/Are-Scotland-and-Italy-really-Tier-1-rugby-nations-Is-Argentina

日本の雑誌でもイタリアを除いている考え方があります。
これが主流でしょ。
https://diamond.jp/articles/-/79089

日本がティア1に勝ったのはボックスだけです。

ウエールズはテストと認めましたがライオンズに主力を取られた2軍でした。

この前ウエールズがボックスに勝ったような試合です。若手同士で。

ABsは後半フランスを一蹴しました。
スクラムでも圧倒していました。
クロノがいますからね。
バック3の競争が激しくなっています。ジョーデイとマッケンジーの若手がいるので
スミスがウイングに回って、ナホロもはじき出されてしまいました。

ナイジェル・オーウエンスがタッチジャッジしていましたね。

来週ふくんでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

ダン・カーター日本で2年プレーして引退

ワールドカップ、オリンピックの期間に日本にいることに
関心があるようです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/104388105/dan-carter-reveals-noble-plans-once-he-retires-after-two-years-playing-in-japan

同じフランスにいて、ABsのチームメイトのマア・ノヌーはハリケーンズに戻るのでしょうか?
家族と過ごしたいとツーロンと契約しないようですが
NZに戻る可能性もありますね。36歳まだできるでしょう。

https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/104325906/it-would-be-news-to-chris-boyd-if-maa-nonu-was-headed-back-to-the-hurricanes

三菱地所が国際ラグビースポンサーに積極的進出
スーパーラグビーのサンウルブズの試合にスポンサーに
なっていましたが、アイルランドとワラビーズの6月の試合、
さらにラグビーチャンピオンシップにもなるようです。
https://www.sankei.com/economy/news/180530/prl1805300374-n1.html

三井不動産はABsキャンプに参加ですか。

サッカーワールドカップを開催した、新潟がラグビーワールドカップ開催されませんが42,300人の新潟スタジアムがあるのに
開催地に立候補しなかったからです。当時の知事が乗り気でなかったからだと思います。
日和見だったんでしょうね。今を見ると人間性が見える時があります。

他競技に関して、ラグビーのことを伝聞で書いている人いますね。
エデイがインターナショナルスタンダードのコーチとしては日本で初めてだったのは
なぜかということですが。

マイケル・リトルひざに負担がかかる走り方していますね。
ウオルターとは違うプレースタイルのようです。

競泳の伊藤華英さんがラグビーワールドカップ2019ドリームサポーターに
なりましたが、2015年前からラグビーファンで水泳出身なのに
ラグビーの広報みたいでした。
ジャパンオープンのプレゼンターの時見かけました。

Photo_3


ジャパンのSOに松田が選ばれていますね。
NZで活躍したようですが。トニー・ブラウンの考えでしょうか。
経験を積む段階ですが何かやってくれそうな気がします。

相撲の話で古い、私が幼稚園のころ以前?だと思います。ラグビー全く知らない時代です。

栃ノ心が大関になりましたが、春日野部屋では栃の海と栃光の同時昇進以来56年ぶりのようです。
栃光は郷土天草の英雄でした。
栃光 大内山6尺6寸2m2chmの相撲です。

https://www.youtube.com/watch?v=KcygtNYUZyg

1フィートは304.8 mm、1尺は約303.0 mm
1寸3.30.303mm  1インチ 25.4

千代の山192cmと大内山
https://www.youtube.com/watch?v=yDtR3UkQguc
日本人も大きい人はいました。

栃錦と若乃花の相撲も技師同士でした。対戦成績は栃錦の19勝15敗
https://www.youtube.com/watch?v=b1irqloCbuk

相撲好きの父を連れて南阿佐ヶ谷にあった。二子山部屋に稽古を見に行ったことが
あります。苦虫を?み潰したような顔していました。
小さいころ、後で通った中学校に花籠部屋でしょうか、巡業に来たみたいで
塩まきの若秩父もきたみたいです。

69連勝の連勝記録は双葉山ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=1O7JlD_SLrg
大鵬も強かったですが誤審がありました。
相撲取りのお腹の大きさは、寄り切り,つりの時、使うんですね。

琴桜は本場所の通路で見たことありますが、頭が直径50cm、腹が1mほどあるように
思えました。フアイルランドのファーロンにも対抗できるプロップでした。
https://www.youtube.com/watch?v=yGeNO4HXxx0

相撲は土俵、土です。芝生でなかったのでラグビーはなかなか発展しませんでした。

高菜が品薄のようですが、天草でもよく食べていました。
塩辛くて美味しいです。ちょうど送ってもらったところで
食べています。
https://www.agrinews.co.jp/p44205.html
全国的に需要が増えて生産農家が増えるといいですね。
梅干しも送ってきましたが家の庭に梅の木があり、この季節
収穫した思い出があります。近くの羽根木公園には600本以上に
梅の木が植わっており、今年は豊作でした。

高菜も梅干しも私にとってはソウルフードの一種です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

サンウルブズ2勝目、オールブラックス発表。

香港セブンズをやるスタジアムではなかったですね。
取れなかったんでしょうか。
最後のドロップゴールまでは、自陣に相手が保持したまま
攻め込まれて、ターンオーバー、パーカーのキックを
福岡がキャチして、ストーマーズ陣に入っての
決勝DGでした。
スクラムが押されていましたが、ストーマーズの巨大FWは
暑さと、後ろに蹴られるキックで疲れがでたようです。
ストーマーズは黒ジャージーで余計暑さを感じたと思います。

前半取られた2トライも完全に崩されたトライではなかったですね。

解説はバイツでした。東芝にいたと思います。
香港にいるんでしょうか。

ハイランダーズがワラタスに負けて
オーストラリアのスーパーラグビーチームが
やっとNZに勝ちました。
ハイランダーズにレッドカードがあったようです。

ハリー王子結婚ですね。おめでとうございます

フランスとの6月テストのABs発表です。
サム・ホワイトロックが主将。
https://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12054243

Props:
Joe Moody, Owen Franks, Ofa Tu'ungafasi, Jeffery Toomaga-Allen, Tim Perry
Hookers: Codie Taylor, Nathan Harris
Locks: Sam Whitelock (c), Brodie Retallick, Scott Barrett
Loose forwards: Sam Cane (vc), Liam Squire, Jordan Taufua, Ardie Savea, Luke Whitelock, Vaea Fifita, Shannon Frizzel
Halfbacks: Aaron Smith, TJ Perenara, Te Toiroa Tahuriorangi
First five-eighths: Beauden Barrett, Damian McKenzie, Richie Mou'unga
Midfielders: Sonny Bill Williams, Ngani Laumape, Ryan Crotty, Anton Lienert-Brown, Jack Goodhue
Outside backs: Jordie Barrett, Ben Smith (vc), Waisake Naholo, Rieko Ioane, Nehe Milner-Skudder

強力メンバーですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

認識館認識エンジン搭載の採点ソフトのアスキーの記事

http://ascii.jp/elem/000/001/676/1676939/
かなり大きく載っていますね。
手書きの数字、カタカナ、英字大小の認識dllを納入しています。
社会問題になっている学校の先生の忙しさを
解消するのに役にたつソフトだと思います。

明日までの教育EXPOに出展されています。
スキャネット株式会社様
https://edix2018.tems-system.com/eguide/jp/result?t=ka&v=3&page=2

リリースに向けて多忙な日を過ごしています。

その認識エンジンを搭載した認識館帳票OCRはこちらです。

http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOHOR_index.htm

サンウルブズ勝ちましたね。
ハイデン・パーカーもうまくなりました。ハッテイングの活躍が
目立ちます。

他競技の悪質タックル

ラグビーだったらレッドカードですが。

繰り返し放送されるシーン一番近くで見ているのが

レフリーなのに。仕事の知人がアメフットのXリーグでプレー

していますがXリーグにルールを聞いてみました。

反則の3回ルールというのがあるらしくて、今回の1回目は

15ヤード後退だったそうです。重いそうですが、この3回というのが

ラフプレーを助長しているかもしれませんね。

プレーヤーの安全性を考えたら1回目でも

レッドカード取るように変えるべきでしょう。

ラグビーもサグビーがないとは言えない場合も。

日テレのラグビーメインキャスターに明石家さんま?
http://www.cyzo.com/2018/05/post_162153_entry.html
ありうるかもしれませんね。
タモリさんとよくラグビーの話してましたから。
知っています。
誕生日が同じなので。あとダイアナ妃。

ラグビー経験のある若手お笑いの人もいいですが

一般人にはいいと思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

ブルーズ、ジャガーズに力負け

ジャガーズNZで初めて勝ちました。
ホームでも勝ってないですかね?
ほとんどアルゼンチン代表ですから
FWが強く、スクラム等で圧倒していました。
ブルーズはほんとうに弱くなりました。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/103463551/jaguares-beat-hapless-blues-to-claim-first-super-rugby-win-in-new-zealand
雨のイーデンパークは観客はガラガラ。

サンウルブズとハリケーンズは肝心なところでスクラムで
崩されていましたね。プロップも弱いですが、3列の軽さも
影響しています。
ハリケーンズはスクラムは強いチームじゃないのに簡単に
押されていました。JJのスクラム軽視は。
サウマキがラインアウトにはいっていたりしてましたが
規律が悪くて、FWじゃないですね。
解説は先週はマーテンズでしたが、昨日はカレンでした。
サンウルブズの今年未勝利はまた Sanzaar の印象を悪くしているようです。
グレガー・ポールがまた書いています。
こう考える人が多いと思います。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12041338

驚いたのはジュリアン・サヴィアの顔が小さくなって
別人のようになっていました。そうとう絞っています。
復活しそうです。?

ブラッド・ソーンのレッズはライオンズに勝ったようです。
サンウルブズにとっては簡単な相手ではありません。

歴史的南北会談。
同じ民族、同じ言葉を話す人たちですから。分断に終止符を。
SPがラグビー選手のように走っていましたが。

仕事が超多忙で、一日ほとんど仕事しています。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

ケリー・ブレジャー80m独走トライで金メダル

女マーテンズ活躍したようですね。コモンウエルス女子セブンズ
https://www.stuff.co.nz/sport/commonwealth-games/103118175/new-zealand-womens-sevens-team-to-play-australia-in-gold-medal-match

voice of rugby Keith Quinn
John McBeth もラグビーワールドカップで聞けるようです。
日本では無理でしょうか。
ずっとスカイに取られていたのがTVNZで放送されるようです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/103142297/world-cup-commentators-will-be-familiar-voices-to-kiwis-doyen-keith-quinn-says

やはり長年の経験の声を聞きたいです。

スーパーラグビーはテストマッチの気持ちで試合しないといけません。
甘っちょろいタックルでは。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

スーパーラグビーで勝つことはワールドカップで勝つことより難しい。

サンウルブズは今まで3勝していますが、1勝目のジャガーズは
相手が世界一周したようなツアーで疲労困憊の状態でした。
去年のブルズもそうだったと思います。
ブルーズは33度の気温に相手がへばっていました。

スーパーラグビーはワールドカップ8回のうち、7勝している
国代表の母体のチームです。あとベスト4経験があるジャガーズ、下手な国より強いです。

NZの州代表は国代表より強いです。
簡単には勝てません。

世界ランク10位以下の日本が旧IRB8か国、アルゼンチン、フィジー(日本より強いですよね。)のトップ10と同じくらいのスーパーラグビーのチームに簡単に勝てません。

オークランドはカンタベリーと並んで輝かしい歴史がありますが。

ワールドカップのサモアやアメリカより強いです。
ワールドカップのいい練習と思えば、無理な期待を
しなくてもすみます。
ただ今年のサンウルブズFWに迫力ないですね。
テイアテイアをFWコーチで残したほうが良かったんじゃ。
2勝しましたから。

3列もどんどん小柄になってきて、相手にプレシャーがかかりません。
前に出てません。横に動いているだけです。3列のキャリーの差が大きいです。

190cmが一人もいない3列。これも海外だったら高校ラグビーのサイズです。

それともオープンサイドフランカーばかり3人です。

190cm級以上が二人以上いないと耐えられないのは、インターナショナルでは

常識です。FWは健闘って書いてる記者もいましたが。苦笑。ラグビーと同じレベル。

明が活躍していました。カイノは来ていませんでしたが。ハッテイングは大きさで対抗していましたが。

パスとキックだけのスクラムハーフ。ランがありません。

相手に予想がつきます。

ラグビーが軽いです。何故ブリッツを先発で出さないんでしょ。
スクラムも1回だけで、安定継続して押していません。
いいボールが出ないので尻すぼみでした。

この2年間は山田や福岡が通用していましたよね。リハビリ中でしょうか。

Aでハイランダーズに出てますけど。

今日はメインスタンドの端で見てましたが、高いですね。

ガラガラ。ゴールポストの後ろのみ入っていました。

こういう試合内容じゃ観客は減るばかりでしょ。

今日は前半は風上だったのでリードできましたが、後半は
余りチャンスなかったです。

強敵ぞろいですが、勝てるラグビーやってません。

ジョゼフのラグビー、去年のワラビーズ戦、今年2試合、同じような
経過です。正常な判断力を持てない状態なんじゃないでしょうか。

カーワンに似てきましたね。

ジョゼフは松島に八つ当たりしているようですが、確かに決定的な二つはずしていました。

レべルの低いトップリーグでいい気になっていたんでしょう。この試合戦犯は

松島のタックルミスですね。い薬でしょう。そのミスがあったら跳ね返せないギリギリの状態ですから。

ジャパンはロックはワイクスとハッテイング、そしてNZに行っているフィージアン、3列は

マフィとリーチ。

190cmにちょっと足りないですが、実績で。あとブリッツ。

不調のブルーズに輪をかけたサンウルブズの不調。勝負が見えています。

ブルーズのハドル

30dscn0438

ブルーズは、アイランダーズが多くなったことも影響していそうです。

他のチームに比べて多いと思います。やはり奔放なラグビーだけでは。

理詰めの所が少ない感じです。

ラインアウト

30dscn0445

ハーフタイムショー

30dscn0443

水泳自由形の塩浦選手が観戦していたようです。ラグビーに向いた体格ですが。
https://twitter.com/shinri_shioura

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

ファーギー・マコーミック、ウェイン・スミス

アンガスのお父さんでABsのFBで活躍しましたが
病気のようです。カンタベリー代表としての222の記録を持っていると思います。
78歳。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12020860

1.70m, 83kgのFBでしたががっしりした人でした。

http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=557

ウエイン・スミスが神鋼のジェネラル・マネージャーになりましたが
ABsのアシスタントコーチを辞める時、病気って聞いた感じがしたんですが。
カーター、エリスとクルセーダーズ、カンタベリーの人がいます。
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11970816

木津選手が神鋼やめたんですね。日本代表まだできるでしょ。

ラグビー協会本チャン体質?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830359-number-spo&p=1
仲間内なんでしょう。
私は期待していないです。あまり。
野球よりラグビーが閉鎖的なんですね。
野球で力をふるった人がラグビーではさせてもらわなかったんですから。

例外もいたと思います。
上田昭夫さんとか。

なのでNZ協会が好きです。
開かれています。
ラグビー協会の会長がABsの選手だった人が多いです。

キース・マードックが亡くなったようですね。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/102735587/controversial-former-all-blacks-prop-keith-murdoch-has-died
1972年のツアーで問題を起こして、途中のオーストラリアで降りて
そのまま行方不明になった人です。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=641
マコーミックより少し後のABです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

南アフリカ帰りはつらい、ダミアン・マッケンジーは次のABsの1FE

移動、時差で帰ってきてすぐの試合はNZのチームでも50点ほど
取られる試合があります。残っていた人も大分でてますけど。

リーチもブリッツも疲れでいつもほどのプレーしてなかったと思います。

ダミアン・マッケンジー

30damiandscn0357



一人早く出てきてました。
フィル・ベネットに似ていますね。再来です。
1FEにも慣れてきて、ステップとスピード、パス、キックも
良くなっています。魔術を見せてくれました。
トライを取れてキックも良くなったので得点が多いです。

才能です。チーフスだけでなく、ABsも大事に育てています。

ブロデイ・レタリック 2.04m, 123kg

30blodydscn0358



不幸があってABsの試合にもしばらく出ていませんでした。
プレーする気持ちが出てきたようです。
ロックはこうでなきゃ。
サンウルブズロックが弱点ですね。弱すぎます。

日本のロック暴れてないです。
姫野はフランカーで使えばいいと思います。カークの代わりに。

チーフスのハドル

30chiefsdscn0359

チーフスのABsのサム・ケイン、ネーザン・ハリス、レナート・ブラウンもいますから
やはりNZのスーパーラグビーチームは強いです.

田村優選手

30tanuradscn0360



キック2本はずしていました。

サウマキはハリスとダミアンのタックルを外していましたね。
売り出し中です。

レメキはタックルミスを恥じて頭をまるめていました。
サンウルブズはノッコンが多かったです。

ロビー・ロビンソン

20robdscn0361


古巣といとこ対決でした。チーフス時代より

スピード落ちていますね。

ソフトトライが多くて、観客も減っています。
バイをはさんでワラターズ戦はやってもらわないと。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧