ラグビー

2019年9月15日 (日)

そろそろ観戦準備も。

読売が詳しく書いています。
90分前来場がいいようです。
確かにスコットランド対ジャパンを見に行った時は
チェックにすごい時間がかかりました。
売店は混んでいそうで、水筒持参は試飲をすればいいようですが
荷物になります。
並ぶのが嫌いですが。
といっても私はあと1週間はあります。

ロシア側の詳しい記事です。
ワールドカップ出場、2011年に続いて2回目。
国内ラグビーは盛んになっているようですが、経験は不足しています。
しかし大きい選手はたくさんいます。

ウエールズ北九州到着
ほかのチームと比べてより熱狂的のようです。
オールグラックスの子供たちのハカもすごかったですが。
というのもこの1年はウエールズはレガシーつくりしてきましたから。
ライアン・ジョーンズなどコーチを派遣しています。
ダン・ビガーは日本を知っているのか落ち着いていますね。
リアム・ウイリアムズ、リス・パッチェル。ジョシュ・ナヴィデイもそうですね。
FWコーチノマクブライドも。

日テレ系地方局も19試合放送のようです。
ボックス鹿児島壮行会

ファイナンシャルタイムズが日本大会について記事書いていますが
ラグビーワールドカップの観客が増えたのは2007年大会からのようです。
日本では3放送局が放送しますので、放映権料が増加するようですが
ヨーロッパでは早朝の試合が多くなるので、やはり前回ほど行かないようです。
ラグビーの場合はヨーロッパが大市場ですね。
アメリカはもっと深夜になるでしょうか。

ファミマ、昨日渋谷に行ったら4件ほどあり、のぞいていましたが
ジャパンのラッピングは目だたない奥にあり、ないところもありました。
これが今の世間の状況でしょうね。
他の競技の場合、入口にあったような。

忠犬ハチ公もジャパンのジャージー。笑い。
気付かなかったです。日テレツイッターです。背番号は?もちろん。

崎陽軒、「メガ弁当」
ジャパン対ワラグビーの試合後(試合前は間に合わなくて)
一度買ったことがありますが、量がすごくてしかも塩分が多く
帰ってから2回に分けて食べました。
飲食物持ち込み禁止のようですが。
ファンゾーンですね。

やはり海外ラグビーファンはビールを飲むようです。
予約が埋まっているところも。トヨタもそうでしょうか。

ヤフーがZOZOを買収したようですが、それで掲示板とかブログ、HPサービスやめるんですね。
衣料の通販会社にもなるわけですね。
両方でかなり影響があったので。サービス低下でした。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

 

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

ラグビーワールドカップ参加20か国ジャージーは?

まとめた記事があります。
カンタベリー7国で圧勝です。

世界の名だたるスポーツ用品メーカー ショーケースです。

カンタベリー
ジョージア
ジャパン
アイルランド
ロシア
カナダ
イングランド
アメリカ

アディダス
オールグラックス

アシックス
スプリングボックス
ワラビーズ

ミズノ
トンガ
ナミビア

Le Coq Sportif
フランス

アンダーアーマー
ウエールズ

BLK
サモア

Macron
イタリア
スコットランド

Nike
アルゼンチン

Oxbridge
ユルグアイ

ISC
フィジー

Luke Jacobson
オールグラックスのフランカーですが、コンカッションで
NZに帰ることになりました。
柏の練習でわかったようです。
Shannon Frizellが変わるようです。
リアム・スクワイアが選ばれないのは不思議ですね。
ブラインドサイドフランカーがなかなかカイノの穴が埋まりません。

ボックスのEben Etzebethもどうなりますか。

南アフリカ生まれの人は、キース・クインによると44人だそうです。
日本にも二人いますね。13人がボックス意外です。

ウエールズロック、アダム・ベアードがアッペappendix surgery手術したそうですが
ジョージア戦出られるそうです。
盲腸軽かったんでしょうか。
アイルランドより先に出発しましたが到着のニュースがまだなのは?

北海道の水だこの予想おおはずれでしたね。
勝てるところが負けで、難しいところが勝ちでした。
ご愛敬ですが。
たこは好物です。国産に限りますけど。

シギー・金野さんがHall of Fameに。
6人です。
サー・グラハム・ヘンリーとリッチー・マッコー、ファテイアロファも。
Richie McCaw (New Zealand), Shiggy Konno (Japan), Os du Randt (South Africa), Peter Fatialofa (Samoa), Graham Henry (New Zealand) and Diego Ormaechea (Uruguay)

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

2015年オールブラックスと今年を比較したら

先発メンバーで個々に比較して総点の差を出しています。
111対101
これにゴールキックの差もありますから。
2015年は経験豊富な選手がそろっていましたが、今年は
不安定さがあります。

リッチー・モウンガ、ボックス戦に間に合ったようです。
キース・クインによると、今回全選手のうちNZで生まれた人が80人だそうです。
日本にもたくさんいそうです。


Rhys Priestlandもウエールズのフライハーフ不足で声がかかるかも
ということで本人が50キャップでイングランドでプレーしているので
代表になれないと発言しています。彼がプレーする事態に
なったら弱体化します。


アイルランドも出発です。

ボックスは寿司を楽しんでいるようです。

日本に一番慣れていますね。

ファミマを数件のぞいてみましたが、ジャパンのラッピングがあるのは半数ぐらいですね。
まだ関心はそんなもんでしょうね。始まらないと。

モートロックも小田原でキャンプしているワラビーズに不安のようです。
初戦はフィージーです・
東京新聞

テレビで宣伝している飛行機模型
各国選手団の来日ラッシュで
を買ってきました。
千円弱で。
一つで十分ですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

2011 under 20s組は豊作で今回ワールドカップ主力に

NZはボーデデン・バレットのほかに
Codie Taylor, Steven Luatua, Brodie Retallick, Sam Cane, Luke Whitelock, TJ Perenara, Charles Piutau, Lima Sopoaga and Francis Saili.
ベンチにはDom Bird, Brad Weber and Waisake Naholo.も。

がいて、怪我しましたが、ガレス・アンスコムも1FEでした。

決勝の相手イングランドにはOwen Farrell and George Fordがいました。

長く一緒にプレーしているのですね。

ただ今大会プレーヤーで一人あげると私は、アラウイン・ジョーンズですね。
ボーデデン・バレットやオーウエン・ファレルは心もとないです。

参加20か国のsquadsが決まったようです。

マーク・ロビンソンは85人の候補者からえらばれたそうです。
6の基準をクリアする必要がありました。
チューのオールブラックスの品性をやや下げる体制に
反感があったのではないかと思います。
金儲けのオールブラックスというイメージが
ついてしまいました。
それにラグビーをよく知らないということも。
ウオーレン・ガトランドのNZ復帰を邪魔したことなど
その最たるものです。

日本の岩淵専務理事もケンブリッジ大学でプレーしたことが
あり、1999年ですね。

Mark Robinson ('97 & '98) はその前2年でチームメイトでは
ありませんでしたが同窓で話しやすいかもしれません。

ウエールズは水曜出発のようです。
来ていないのはアイルランド?


野依良治さんがラグビーについて多くを
語っています。

ファミリーマートが日本代表ラッピング

最寄り駅に新しくファミマができたので
今度のぞいてみます。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

マーク・ロビンソンMark Robinsonが45歳でNZ協会CEOに。

マーク・ロビンソンは元オールブラックスセンターでケンブリッジ大学でも
プレーして日本にも来ています。2回バーシティマッチをプレー。神鋼でも
プレーしていますね。
日本をよく知っていると思います。
タラナキ協会でCEO努めていました。
同時期に同姓同名のHBもいましたが。

オールブラックスとして初CEOです。
ラグビーも知っている人が選ばれてよかったです。
チューはビジネスだけの人のようでした。

台風の進行方向右側の千葉では大きい被害が出たようですね。

オールブラックスも長袖、ズボンで来て暑そうですね。
この記事のツイッターの動画に空港とハカの歓迎があります。

イングランド、トンガ、ジョージアも着いたようです。

スコットランドは半袖、短パンで到着です。

女性誌もワールドカップ記事
女性の関心も高いですね。

1971年のイングランドと日本の試合を放送するようですが
この時もBIライオンズのNZ遠征と重なり、主力6人が来ていない
ことは忘れてはいけません。秩父宮の試合を放送するかわかりませんが。
そのときのSquad

Bob Hiller
David Duckham  O
John Spencer
John Pullin   O
Brian 'Stack' Stevens
Peter Dixon  O
3人がテストの先発でした。
ヒラーはキックのいいFB,スペンサーが通常の主将でした。

第1試合ハイライト 長いです。

ただ日本にきたイングランドは若手で後にライオンズに選ばれて
主力になった人もいます。
フラン・コットン アントニオ猪木のようなあごしていました。
ロジャー・アトリー
トニー・ニアリー
バックスはあまりその後は印象に残っていません。
ライオンズに行ったダッカム、ヒラー、スペンサーはやはり
イングランド代表として優れていました。
それでもウエールズにいい選手がいたので出れなかったです。

ちなみに、この1971年の2試合はイングランド協会はテストとして
認めていません。私は問い合わせて返事もらいました。
日本はこの接戦で勘違いしました。
ほとんど同じメンバーで2年後でしたかウエールズに
遠征して、「吹っ飛ぶ」(朝日の見出し)でしたから。
日本のラグビーメデイアは大学ラグビーと社会人のレベルで考えました。
今もそれが残っていますが。
またこの接戦により、テイア1が日本にベストメンバーを送ってきました。
ウエールズ、スコットランド、フランス、アイルランド
大敗続きでした。

エデイが出てくるまで。

日本人はできませんでした。
検証すべきでしょうね。なぜできなかったか。
ラグビーが日本で第一のスポーツでなかったからだと思います。


それもあって、NZオールブラックスファンですでテイア1の
ラグビーを話してきました。
理解してくれたのは上田昭夫さんぐらいだったと思います。
わかってもらう人にわかってもらえればいいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

オールブラックスもワラビーズも台風を心配しながら飛び立ったようです。

AirNZは今朝もう飛び立ったようですが、ワールドカップだけでなく
通常台風シーズンの日本へのフライトで慣れているでしょうから。
ワラビーズは心配して昨夜の出発を今日の午後出発に後らせたようです。
カンタス航空も慣れていると思いますが。

台風はまだ何本か大会期間中に来そうですので、影響が
心配されます。

関東地方台風が東京湾から千葉上陸して太平洋に抜けつつあります。
千葉では57mの風速を記録したようです。
進行方向の右側が風は強くなる傾向があります。南風(はえん風)ですね。
東京はやや左だったので、十数年前、近くの羽根木公園で直径1m以上の
大木が何本も倒れた時より、風は弱かったようです。
あの時より、風の音が少し小さかった感じがあります。
今回は暴風域がやや小さかったようです。
天草は台風銀座で年に数回来ていました。
不知火海で高潮の被害が出たこともあります。

オールブラックスコーチハンセンがパシフィックネーションズへの
サポートがないと、ワールドラグビーを批判していますが
ネーションズリーグはその後どうなっているでしょうか。
デューデリするということだったと思いますが。
ノーサイドゲームで出ててきましたね。

デューデリジェンス マーケティングを把握する経済調査

今回はウエールズが呪われたフライハーフ?
ウエールズ、2011年オールブラックス状態に?
フライハーフのガレス・アンスコムが前十字靱帯をやりましたが
呼ばれたリス・パッチェルがアイルランド戦脳震盪でHIAで出て
出てきませんでした。最近脳震盪を2回やって休んでいたようです。
ツアーには行くようですが。ジャロッド・デービスも
用意しているようです。これではサム・デービスも声が
かかるかも。ということは?

ジャパン対ロシア開幕戦のレフリー、ナイジェル・オーウエンスがクラブゲームで
足を痛めたようです。月曜スキャンするそうですが、日本へは
火曜日に向かうようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

ワールドカップ1試合目が強敵のチームは上げてきているようです。週明けに続々来日

アイルランド対ウエールズは19-10でした
ホームのアイルランドが攻めていました。
理由があると思います。
アイルランドはワールドカップ初戦が
22日のスコットランドです。強い相手ですから。
スコットランッドもジョージア相手に快勝しています。
ウエールズ、は23日のジョージア。相手を考えると。
ウエールズは29日のワラビーズをにらんでいると思います。

アイルランドは連勝でランク1位になるようです。

Biggar by name - bigger by nature.
ダン・ビガーは正直なようです。
インターセプトであわやトライかというプレーが
ありましたが、レフリーにトライしていないと
言ったようです。
ビガーは足が遅いので。


オールブラックス、トンガに92-7 、14トライ
日本がトンガからとった点数41-7よりはるかに多いですね。
これが優勝を争うチームです。
さらにオールブラックスは21日にスプリングボックスですから。

フランスも21日アルゼンチンですね。だから上げていたんですね。
アルゼンチンはシドニーでRandwickとゲームしています。
タイムゾーンに慣れるためですね。
この試合は見に行くのですが、すぐ次に重要な試合が
始まります。急いで帰らないと。

サモアも強いです。
ワラビーズ相手に一時は22-15と詰め寄りました。
スクラムで圧倒していました。
最後は34-15でしたが。
ワラビーズは1試合目はフィージーということもありますが。

週明けにオールブラックスもワラビーズも来日するようす。
台風Faxaiの動きに注視しているようです。エデイも。

イングランドは今日出発。
エデイもボックス対ジャパンを見ていたようで、
ハンドリングエラーが多いというのが感想でした。
今週は続々来日ですね。
トンガも高知入り

ボックスは鹿児島に移動しています。


珍しい組み合わせ対談です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

今日は暑いぞ熊谷ですね。夜でも暑そうです。

熊谷は仕事で行ったことありますが、平坦な地形でした。
スプリングボックスは初来日ですね。

オランダ語
Springbokの複数形
Springbokkenの発音
英語と同じですね。
考察探求しています。

ウエールズ、アイルランド戦メンバー
ほぼ2週間後、ジョージア戦ですから、ハーフ団がワールドカップで
どうなるか興味あります。パッチェルがアンスコムのように
先発して、ビガーが後半出てくるのか。
ハーフペニーは試合が不足しています。
Wales: Leigh Halfpenny (Scarlets); George North (Ospreys), Jonathan Davies (Scarlets), Hadleigh Parkes (Scarlets), Josh Adams (Cardiff Blues); Rhys Patchell (Scarlets), Tomos Williams (Cardiff Blues); Wyn Jones (Scarlets), Elliot Dee (Dragons), Tomas Francis (Exeter), Jake Ball (Scarlets), Alun Wyn Jones (capt, Ospreys), Aaron Wainwright (Dragons), Justin Tipuric (Ospreys), Ross Moriarty (Dragons).

Replacements: Ken Owens (Scarlets), Nicky Smith (Ospreys), Dillon Lewis (Cardiff Blues), Adam Beard (Ospreys), Josh Navidi (Cardiff Blues), Gareth Davies (Scarlets), Dan Biggar (Northampton Saints), Liam Williams (Saracens).

マクロン大統領もフランス代表を激励しているようです。

次回大会がフランスですから。

アイルランドも台風の心配をしています。予選リーグ影響受けそうですね。

フィジー代表も秋田で7日から事前合宿
2番目ですね。

京急線事故
神奈川新町~仲木戸間の踏切で事故があったようですが
京急線今年に入り何回か乗りました。

路線図
品川から京急鎌田と京急川崎の間の
雑色駅です。眼科さんに行きました。
高架の駅ですが全線ではないみたいです。

踏切に車体検知器はあったようですが、非常ボタンは
なかったんでしょうか。20分も立ち往生していたようですが。
井の頭線の踏切には今朝確認したらありました。

ほうれん草は目にいいそうです。
私はお腹が緩くなることもあって、この5年、いえ10年食べてないかも。
小松菜、おくら、ブロッコリーは食べてましたが。
私の目に
ポパイザセーラーマンになるでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

Augustine Pichot迷走発言気味

ランキングにケチつけた後に、今度はアイルランドのセレクションにも
南アフリカ生まれで居住で先月クリアしたロックを選んだことが問題あるかの
発言です。
これに対して、シュミットが怒って、ルール通りだと反論しています。
アイルランドは居住条件で選んでいるのは3人しかいないようです。
6,7パーセントのようです。日本は?
アルゼンチンは0ですが。

Johnny Sextonが今週のウエールズとのウオームアップゲームに出場するようです。
ワールドカップでアイルランドがピークにと閑雅ているようです。どのチームも
そうでしょうが。

トンガ戦オールブラックス
デーン・コールズ、レタリック、ケーン、ソニー、モウンガがいないくらいです。

モウンガの肩はまだのようで、ボーデデン・バレットが1FEです。
ジョシュ・イオアネも呼ばれましたし。

アフリカーンスの解説者  1970年
Springbokkenと言っているようです。

こちらはそのままですね。英語読み。

テレグラフの南アフリカ代表の歴史
1906 Springboksと初めて呼ばれました。
南アフリカの歴史は

いずれにしても、ラグビーがボーア人(ブール人)と白人だけのスポーツでなく
黒人、全国民のスポーつになりました。

ボックス戦に出せない南アフリカ出身選手って。

西武渋谷でもラグビー専門店

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

八村塁をNO8にって。

ダルビッシュ有は196cmあるんですね。
他のスポーツ選手をラグビーに
週刊ポスト、こっちを見出しに使えばいいのに。

スコットランドワールドカップsquad発表
コメントありません。
Forwards: John Barclay, Simon Berghan, Fraser Brown, Scott Cummings, Allan Dell, Zander Fagerson, Grant Gilchrist, Jonny Gray, Stuart McInally, Willem Nel, Gordon Reid, Jamie Ritchie, Blade Thomson, Ben Toolis, George Turner, Hamish Watson, Ryan Wilson.
Backs: Darcy Graham, Chris Harris, Adam Hastings, Stuart Hogg, George Horne, Pete Horne, Sam Johnson, Blair Kinghorn, Greig Laidlaw, Sean Maitland, Ali Price, Finn Russell, Tommy Seymour, Duncan Taylor.

ジャパン戦のスプリングボックスはべストメンバーですね。
リベンジを考えていることは確かでしょう。
それとNZのスタイルにジャパンは似ているので
シミュレーションも考えているようです。
堀江選手は大丈夫でしょうか。

オールブラックスは今週トンガとテストで
メンバーほとんど出すようです。

映画ブリトンの奇跡が英国でまもなく封切られるようで
イギリスでも観客を期待しているようです。日本より
世界のほうが多いかもしれません。

エコパの芝の状態は

ウエールズの選手たち床屋に行って髪を
さっぱりしたようです。
かなり短く切っています。ナヴイデは除くと思います。

Fox & cubbyy

金髪ですか。スーパーラグビーでいい思い出はないです。

平原綾香さんは国歌歌いますが
World in Union、吉岡聖恵さんはいきものがかりは歌われないようですね。

3回目の外科手術、30分の小手術でしたが、体にメスが入った場合
慎重にというのが経験であります。

手術前に受けていた検査全てOKでした。

血液検査 感染症
心電図
レントゲン
血液検査 心電図は大丈夫だと思っていました。朝夕合わせて1時間は散歩していますから。
レントゲンは久しぶりでした。

抜糸後は傷を保護するテープを貼るんですね。
シャワーも浴びられるようです。
今はタオルで拭いていました。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

より以前の記事一覧