ラグビー

2017年11月29日 (水)

アイルランド世界ランク3位、スコットランド6位に

https://www.worldrugby.org/rankings/mru

1 オールブラックス
2 イングランド
3 アイルランド
4 ワラビーズ
5 ボックス
6 スコットランド
7 ウエールズ
8 アルゼンチン
9 フランス
10 フィジー
11 ジャパン
12 ジョージア
13 イタリア
14 ルーマニア

アイルランドはワラビーズを抜いています。

だいぶ勢力地図が変わってきましたね。2019年ワールドカップAプール日本
厳しくなってきました。
これから6ネーションズで競ってますます強くなります。
フランスもすぐ復調するでしょう。わからない国ですから。

今年はオールブラックスのレギュラーが日本に来ています。
ソニー、バレット兄弟、サム・ホワイトロック
https://twitter.com/rugbyworldcupjp
ペレナラとマッケンジーはシンガポールでゴルフしていました。
マッケンジーは去年来ていますね。ペレナラはハリケーンズで。
ソニーも
https://twitter.com/SonnyBWilliams
久しぶりの日本を楽しんでいるようです。
ボーデンもモナコからきました。
https://twitter.com/beaudenbarrett

まだフランスにジャパンは勝ったわけではありません。
テイア1に今まで、ボックスに勝った1勝だけですから、まだまだ
遠いものがあると思います。

後半3回相手陣でペナルテイキックの機会がありました。
ラインアウトモールです。
ジャパンは2015年ワールドカップでボックス戦とスコットランド戦。それにアメリカ戦でも
モールでトライ取っています。相手研究していると思います。
そう簡単にモールからのトライ取れないと思います。
フランスもはね返して、結局点を取れませんでした。4回目でようやく
狙いキックが決まりました。
6ネーションズではなかなかトライが取れず、ペナルテイキック、もしくは
ドロップゴールで決まるという試合が多かったと思います。
守りが厳しいからです。アイルランドやスコットランドはそういう試合に
慣れています。

フランスのレキップに日本は2,3度選択ミスをしたとあります。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00010003-rugbyrp-spo
おそらくキックのことだと思います。
まだ判断がテイア1ではありません。

日本はサンウルブズでどのくらいアップするか。
予備校の冷やかしに負けるな。

ダン・カーターのツイッターで、ギタウとの11月25日のやり取りが面白いです。
https://twitter.com/dancarter
deci$ion mate.. enjo\
$と\ うーん、あからさまですね。
カーターはそれだけじゃないですが。
神鋼は大丈夫でしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

ボーデン・バレットBeauden Barrett World Rugby Men's Player of the Year に

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11948274
今年は攻守に安定してきました。

女子はPortia Woodman が受賞しました。

エデイ・ジョーンズがcoach of the Yearに選ばれました。

授賞式の模様
https://twitter.com/WorldRugby

ジャパンのフランスとの引き分けのニュースは日テレ以外の地上波でも
ビデオを放送して割と大きく取り上げていましたが、これが勝利だったら
スポーツじゃない垂れ流しのものを吹き飛ばしてくれたんでしょうが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

テストマッチでは相手陣では狙うべき

モールにこだわって、点を取れない時がありました。
またトライを取るのは難しいです。
トップリーグのような試合運びは通じません。
ティア1はモールデイフェンスも強いので。
田村優コンバージョン2本はずしましたが、PGで
リズム作ったほうがいいと思います。
1点差でも勝ですから。

ラストワプレーで逆転などを除いて。

NZのサイトが大きく取り上げています。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/99254151/missed-kick-leads-to-japan-draw-in-france

こちらはビデオ付き。

https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/brave-blossoms-nearly-stun-france-late-try-settle-draw-after-missed-conversion

福岡の早い交代も痛かったですね。藤田はまだ
フィジカルが弱いです。ラインアウトも取られたのが
あるし、ハイタックルも。
ここまできたら小さい積み重ねも大事です。
フランスは6,11月全敗ですか。6ネーションズの3勝のみ。
ジャパン勝つチャンスでしたね。

具と愛が一列を強くしています。
2019年に向けて、楽しみになりました。
ただスコットランドが
Scotland 53-24 Australia
8 tries ワラビーズから取りました。
今年のBritish and Irish Lionsには最初、ホグとセーモアの二人しか選ばれていませんでした。
ABsへの善戦、ワラビーズに大勝というのはそのうっぷんをはらしたのでしょうか。

ワラビーズにレッドカードがあったようです。ハイライト

https://twitter.com/Scotlandteam
ウエールズは多かったのに、またもや突き放されて敗戦。

アイルランドはアルゼンチンに勝利
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/42124049

日本のワールドカップ対戦相手強いですね。

グレガー・ポール記者(笑い)がカーターの神戸入りを書いています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11947990
カーターを習って日本通にならないとラグビー記者もこれからは
やっていけません。カーターはSNSも自ら更新しているようですから

子供たちとの写真を選んだのも日本好きがわかります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

ウエールスがオールブラックスに勝ったのは19 December 1953

ほぼ64年前になります。
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1399
ウエールス全盛時代の1970年代も僅差ですが勝っていません。
ラネリーは勝ちましたが。
何度も、ウエールスの勝利を期待しましたが
今年はどでしょうか。
キーラン・リードが出ないのはチャンスかもしれませんが、
ウエールスもライオンズのジョナサン・デービスと
リアム・ウイリアムズが出ません。
ただウオーレン・ガトランドにとっては、今年のライオンズと
ABsが1勝1敗1分けのある意味、決着になります。

対戦成績
http://stats.allblacks.com/asp/testrecords.asp?team1=NZ&team2=6&sdate=1884&edate=2017&ground=&country=&tourn=&submit.x=113&submit.y=9

ABsメンバー
http://www.allblacks.com/News/31804/all-blacks-team-named-for-wales-test
リエコは戻りました。

ウエールズ
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-v-blacks-team-announcement-13938875

ウエールズはガトランドの後もNZ人のコーチになりそでうす。
デーブ・レニーが有力のようです。

寅さんの山田洋次監督は黒澤明監督が好きですね。
三船敏郎も寅さんに出演しています。
https://www.tora-san.jp/movie/38/
志村喬、口精二も出てますね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

2023年ワールドカップ、1回目全投票内訳

フランスに決まりましたが、日本とアジア、計4フランスに投票しましたが、
4票は大きく、どちらに転んだかわかりませんでしたね。
https://www.irishtimes.com/sport/rugby/international/rugby-world-cup-2023-was-this-how-the-votes-broke-down-1.3293110

Ireland

England 3
North America 2
Canada 1
USA 1
Oceania 1
Total: 8

South Africa
Wales 3
New Zealand 3
Australia 3
Argentina 3
*Oceania 1
Total: 13

France

Scotland 3
Italy 3
Japan 2
Asia 2
South America 2
Europe 2
Africa 2
Georgia 1
Romania 1
Total: 18

決選投票でフランスが過半数を超える24票を獲得して15票の南アフリカに勝利

南アフリカだけでなく、アイルランドもスコットランドとウエールズがアイルランドに投票しなかったことをとを怒っています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/41995220
ウエールズは南アフリカに、スコットランドはフランスにに投票したようです。
イングランドはアイルランドに。

日本はラパセ前ワールドラグビー会長に日本大会開催でお世話になったことが
フランス投票に影響したようです。(フリーマン記者のツイート)

南アフリカにはSanzaar、NZ、オーストラリア、アルゼンチンは一致して投票しています。

NZヘラルドのGregor Paul 記者が日本のフランス投票にSanzaarが怒って
ラグビーチャンピオンシップに招待しないかもという記事を
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11946923
書いていますが、今のところ、彼だけの記事のようです。
Gregor Paulは日本嫌いのところがありますので、本当?かと思うところも
あります。日本のスーパーラグビー参加には散々けちつけてましたから、
TRC参加も嫌だという先入観が元だと記事も違ったものになります。
サンウルブズがブルーズに勝った時はだんまりでしたから。彼の記事は

必ずしも信用できません。

アイルランドの隣国のスコットランドやウエールズも違う国に投票しましたし、
日本も根回ししてないとも言えないのでは。前のしがらみもあります。

アメリカはアイルランドと関係が深いですね。

ウエールスが南アフリカにしたのは、最近関係が深まったからでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

オールブラックス、 22-17 でスコットランドとの3度目めのドローを逃げ切る

ABsはスコットランドと過去2回のドローがあります。前半は
3-3でした。

シンビンが多かったですね。ビデオ
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/99024519/all-blacks-do-it-the-hard-way-against-gallant-and-gritty-scotland-at-murrayfield

スコットランド強いです。

対戦戦跡
http://stats.allblacks.com/asp/testrecords.asp?team1=NZ&team2=3&sdate=1884&edate=2017&ground=&country=&tourn=&icount=0#pageend

両チームスコアレスも

http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1526

ジャパンは39-6でトンガをノートライに抑えました。
プラムツリーの守りが機能しました。
5トライ、田村優のキックもよく決まりました。6本決めました。

ヴァンデバルトはタックルで使われているのですね。ロックはタックルの機会が
多いので。、真壁の復帰は大きかったです。

トンガはハイタックルが多く、そういう意味ではサモアに似ていますね。
アイランダーではフィージーが強いです。
アイルランドといい試合しています。23-20

大東文化大は22年ぶりの優勝を確実にしました。
東海大に守り勝ちでした。
アマト・ファカタバは195cmで存在感を示していました。
2019年に間に合うでしょうか。次のフランス大会?

ハリケーンズのブラッド・シールズはABsに誘われましたが
イングランドを選ぶようです。親がイギリス人
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/99017711/eddie-jones-england-make-overture-for-hurricanes-star-brad-shields--report

帝京大では姫野より飯野が試合に出てたんじゃないかと思います。
外国人のロックが出てましたかね。
岩出監督のことですから。
飯野晃司
http://www.top-league.jp/player/profile/244444/
はサントリーで少し試合に出始めましたが
真壁とウイーラーがいるので先発とまでいきません。
飯野は少しサイズがあります。
トヨタで姫野がチャンスがあったということでしょうか。
JJが飯野には目が行ってないのかとも思います。
ちょっと心配ですね。飯野だったら同じように動けるかも?

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

ダン・カーター神鋼入りのようです。

フリーマン記者のツイートと記事で神戸入り濃厚のようです。
ツイッター
https://twitter.com/FreemanrugbyJPN

記事
https://english.kyodonews.net/news/2017/11/38293a3f22f6-rugby-kobe-set-to-get-carter-say-sources.html

神戸がadidaのジャージーを使っているのと
アンデイ・エリスの存在も大きいですね。
クルセーダーズとABsで長いチームメイトです。

NZのサイトもこの記事を報道し始めました。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/99010921/dan-carters-likely-team-in-japan-top-league-named

関東のチームのほうが見る機会が多いですが、
パナソニックはスタンドオフがバーンズ、山沢、松田とたくさんいるので。

ブリッツは
バーバリアンズでABsと対戦してたんですね。
https://twitter.com/williebritz8
サヴィアや元ABsが多数入っていました。
ルアツア、バード、ルーク・ホワイトロックなど。

ビーバー(スティーブン・ドナルド)今年は
東芝に入ってたんですね。サントリーから
八面六臂?の移動。

初めての人には、ビーバーというニックネームは
アメリカのホームドラマ
Leave it to Beaver
に出てくる少年に髪型、顔が似ているからです。
NZでも放送してたんでしょう。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/stephen-donaldb.html

2023年のワールドカップがフランスに決まりましたが、観客数を
考えると、南アフリカより多そうですね。アイルランドはあっさり
届きませんでした。タイムゾーンがイギリスに比べて、より深夜放送に
なりそうです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

ダン・カーター日本でプレーへ

寿司が好きで日本が好きなカーターですから。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11943734
フランスの契約が来年終わるので、家族のためにも
NZに近いところがいいようです。
来年後半からのトップリーグになるようです。
これは最近増えてきた元ワラビーズの人たちと同じですね。
ヨーロッパはNZからは遠すぎるようです。

どのチームでしょうか。前に噂があったトヨタ?

日本にとっても、ワールドカップが近くて、カーターが
日本でプレーすることはプラスになると思います。

World Rugby's Player of Year候補者が発表されています。
ボーデン・バレット、リエコ、ライオンズからも
ファレルとイトジェ
女子ではウッドマンとケリー・ブレジャーも
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/98848713/beauden-barrett-rieko-ioane-among-finalists-for-world-rugbys-player-of-year

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

旗ふりはフランスから輸入?

日産スタジアムでジャパンの旗が配られていましたが
フランスとABsの試合でフランスの観客が振っていました。
個人的にはカメラの邪魔に思います。見えない時もありますし。
傘とある意味同じですね。
試合が盛り上がりに欠くから他の方法で盛り上げようという
苦肉の策でしょうか。白熱していたら不要だと思います。

旗の後ろで見ない人が考えたんじゃないかと思います。

ロックの仕事で重要なことがあります。守り、タックルです。
ブラッド・ソーンの戻ってのタックルやジャパンでは
近鉄のルーク・トンプソンがアイルランド戦復帰したとき
タックルを多くしていました。

ソニーは2008年にツーロンに行って、ラグビーユニオン始めたので
2007年のジャパン対カナダ見てないようです。
デリバレイトノックバックを知りませんでした。

https://www.youtube.com/watch?v=DISLBsrsEmM
時間53分ごろ、カナダ主将モーガン・ウイリアムズがインゴールで
両手で出したのを、ジョナサン・カプランは見逃しませんでした。

忙しくて、ABsのテストの時は更新したいと思っていますが、遅くなりました。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

スコットランドは2009年からワラビーズに3勝3敗

2015年ワールドカップでもジュベールの誤審がなければスコットランドが勝っていました。
両国の対戦成績
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Australia_and_Scotland
ワラビーズの他の勝も僅差です。
9トライ取られて、後半通用したなんて。
180cm台のロックというと林選手時代に戻るのでしょうか。
インタナショナルではプロップかフランカーです。

日産スタジアム、食べ物とか飲み物買うの、1時間ほど並ばないと
買えない感じでした。私は買っていくことにします。
ワールドカップでは改善されるかもしれませんが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧