ラグビー

2018年2月14日 (水)

World Rugby TMOのミス認める

期待された試合に水を差しましたね。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/43046791
レフリーのガルセもおかしいと思っていましたが
TMOに未熟な人がいたらゲームがおかしくなってしまいます。
レフリーに権限を与えないと。
ワールドラグビーレフリーボスのロランドがガトランドに電話したようです。
この記事の写真を見てもアンスコムが速く抑えています。
アンスコムも一皮むけたかなというところもあります。

ガスコットはそれでもトライじゃないと変なこと
言っていましたが変な人です。

ウエールズの3列だったEmyr Lewisですが
エデイはラグビーをdisrepute不人気なものにしていると批判しています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/43031314
エデイは試合前に相手を批判して、正常心を乱そうと昔からの
見え透いた方法を取っています。変わらないですね。

6番の選手です。ウエールズの歴史ではすごいプレーヤーではなかったですが
印象に残るひとでした。
https://www.youtube.com/watch?v=QGKhY1cZuBc

エデイはワラビーズのコーチ時代からこれをやっていました。
オールドトリックと言われて見え透いています。
もう名コーチの仲間入りしたんですからいいかげんやめて欲しいです。
若い相手の選手をくさしてもしょうがありません。レス・パッチェルを
トウイッケナムで緊張するだろうとけん制しました。

エデイはワールドラグビーの決定に苦しい発言しています。笑い。
https://www.theguardian.com/sport/2018/feb/13/world-rugby-gareth-anscombe-try-wales

私はABsのコーチのニードルとかサー・ブライアン・ロホー等見ているので、
英国ではカーウイン・ジェームズも。コーチの能力だけでなく、人間的にも非の打ちどころがない人たちでした。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

ガレス・アンスコム、あれはトライだった。

アンスコムが何回か抜け出して、トライも取ったようですが
NZ人のTMOがトライではないと判定しました。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11992204
イングランド人のサー クライブ・ウッドワードやウイルキンソも認めていますが。
トライであれば、同点だったかもしれませんね。
ただ、後半追い込んだとき、ノッコンしていましたが。
リー・ハーフペニーも怪我で、ウエールズは
重要な試合はケガ人が多いですね。
イングランドはパッチェルとアンスコムを狙ったキックが
多かったです。常に押し気味でした。

フライハーフのRhys Patchellもひざを痛めて怪我したようですが
彼の初キャップは2013年のエデイコーチ時代のジャパンなんですね。
第1テストのようです。20歳の時です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Rhys_Patchell

イングランドはswing low sweet chariotをまだ歌っていますが
少し声が小さくなった気がします。?
イトジェやコートニー・ローズはどう聞くんでしょう。
黒人差別の歌です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

6ネーションズ優勝回数38で並ぶウエールズとイングランドが今週ツイッケナムで対戦

wiikiです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA#優勝回数

2012年にも両国は一度並んでいますね。
36回で、それでウエールズが2連勝で離して、ここ2年
イングランドが連勝して並んでいます。
今回も勝ったほうが優勝に近くなります。

アイルランドもいますが。優勝回数ではフランス(25)、スコットランド(22)、アイルランド(22)と続きます。

イングランドもイタリア戦最後には点が離れましたが、ケガ人がいて
それほどダントツの力を持っているわけではありません。

ウエールズはジョージ・ノースがベンチに入っただけの変更のようです。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/42961305
リアム・ウイリアムズはフィットしているようですが、メンバーに入っていません。

アンスコムを使うのがわからないところです。スコットランド戦でもチャンスが
止まっていましたが。Sam Davies はオスプレイズが不調で、怪我もあって
6ネーションズスカッドから外れているようです。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/42952404

ウエールズ協会の発表にはキャップ数が出ています。
http://www.wru.co.uk/eng/news/40297.php#.WnnFH0dG1jo
スカーレッツの若いバックスは1と2がいます。

サム・ウオービトン、タウペ・ファラタウも怪我で3列が新しくなっています。

イングランドはSHのベン・ヤングが怪我のようです。NO8は小柄ですが
イタリア戦で2トライ取ったSam Simmonsがいます。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

ウエールズ4トライでスコットランドにに34対7で勝利

ワラビーズに大勝したスコットランドに、ウエールズはワラビーズには負けえて
ボックスには勝っていました。ケガ人が多く苦戦だと思っていましたが
意外な勝利でした。
前半ラッキーなトライが続き、スコットランドに細かいミスが続き
一方的な試合でした。スコットランドの意外な脆さでした。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/42917731

Rhys Patchellは191cmのフライハーフです。スカーレットでプレーしています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/42239497

ウエールズスカッドです。
http://www.wru.co.uk/eng/matchcentre/wales_seniors.php
ウエールズ長く見てませんでしたが、新しいプレヤーが出てきてますね。
Aaron Shingler大きい3列です。MOMでした。
http://www.wru.co.uk/eng/matchcentre/wales_seniors.php?player=83909&includeref=dynamic

リアム・ウイリアムズもジョージ・ノースも、ジョナサ・デービスもダン・ビガーも怪我で出ていませんでしたが。

リー・ハーフペニーのキックは真っすぐ飛びますね。

スカーレッツが好調なのでたくさん起用したようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000014-jij_afp-spo

ラネリー・スカーレッツ。

アイルランドはあと数秒でセクストンのドロップゴールでフランスに逆転勝ちしました。

ビデオがあります。

https://www.express.co.uk/sport/rugbyunion/914109/France-13-Ireland-15-Six-Nations

アイルランドはフランスの規律の悪さでセクストンのPGでリードしてましたが

終了前にトライでフランスに逆転されていましたが、再逆転でした。

フリーマン記者の
https://twitter.com/FreemanrugbyJPN
イングランド対アイルランドのメンバー表を見てると
懐かしいメンバーが。
フラン・コットン、
ウイーラー、
ロジャー・アトリー
トニー・ニアリー
SHのスターマー・スミス
日本に来てたと思います。

釜石と熊本で試合するチームがウルグアイに決まりました。カナダは地から落ちていますね。

そのウルグアイのラグビーチームが
アンデス山脈に飛行機がぶつかった話の
映画「生きてこそ」が
深夜WOWOWであるようです。
http://www.wowow.co.jp/detail/010314/-/02

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

third Bledisloe Cup in Yokohama

October 27 だそうです。
やはりブレデイスローカップも横浜で開催になりましたね。
去年ワラビーズが来て、今年November 3,味の素スタジアムでジャパン戦で
来日するABsですが、話が出ていた試合は消えませんでした。
ABsは横浜での経験がこれでできることになりました。
http://www.allblacks.com/News/31975/bledisloe-cup-match-confirmed-for-japan
ハンセンはトヨタと大分を視察していますが、横浜も行くんでしょうね。
https://www.asahi.com/articles/ASL1Z4GLTL1ZTPJB00G.html
2009年も東京でありましたが、旧国立競技所のピッチがタッチライン際に
芝生が敷いてなくアダム・トムソンがタックルしにくかったですが
今度はちゃんとしていると思います。

ラグビー関係のラジオです。TBSです。
Radikoのタイムフリーで聞けます。
ワールドカップを盛り上げよう
「ラグビー」「サンドウィッチマン」で検索を。
http://radiko.jp/#!/top

TBSにはレンジーが朝ちゃんに
出演しましたし
https://twitter.com/rugbyworldcupjp
ワールドカップ放送するんでしょうjか。
高校ラグビーやってますからね。
スクールウオーズも。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

Thugbyもインターナショナルスタンダードか?

Thugby Thug + rugby
https://www.urbandictionary.com/define.php?term=Thugby

紳士のスポーツと言っているラグビーに他の面もあることは
よく知られていることです。
最近もワラビーズのケプーが3週間の出場停止を受けました。
https://www.rugby.com.au/news/2017/11/28/kepu-banned-march

イングランドの主将は常連です。
https://www.sportsjoe.ie/rugby/everybody-wants-to-talk-about-one-thing-after-dylan-hartleys-latest-red-card-shame-105727

ボックスも多いですし、

http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/thugby-spoils-the-game-and-brings-disgrace-to-springboks-20130920-2u5d8.html

ABsにもあります。

ただラフプレーに関しては厳しくなっています。

何試合か出場停止だと思います。

日本のレフリーも対応が間に合ってないかもしれませんね。
メデイアも。

テレビ中継も。海外だと問題のシーンは何度も繰り返し映します。
日本のテレビ、ワールドカップでは国際映像に使えないかもしれませんね。
臭い物に蓋をする感じですから。
ラグビーに限りませんが。

ジャパンもかってスコットランドにThugbyをやられたことがあります。
1970年代フル代表で来たスコットランドの両ロックがジャパンロックの小笠原博選手に
スタンピング、頭が血だらけになって、包帯でターバンみたいになりました。
それでも孤軍奮闘。日本ベストロックです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

真壁伸弥選手デビッド・ポコック選手をノックアウト

日本選手権&トップリーグプレイオフ決勝前半の
後半に、サントリーロック真壁がボールを持って突進したとき
パナソニックポコックと頭がぶつかりました。真壁選手は前傾姿勢で
ポコックはやや高かったです。麻生レフリーはすぐポコックのHIA(Head Injury Assessment) を指示していました。
このプレーが勝敗をわけたかもしれませんね。
真壁選手は試合開始前入場の時、ものすごい顔していました。

ポコックに限らず、日本に来る外国人選手は日本は
フィジィカルさでヨーロッパより楽だという考えがあります。
それで面食らったと思います。ただ頭は双方にとっては危険なものだと思います。

やられたほうが弱いのは確かですね。予期してないので危険です。

やはり危険防止からあれはレッドカードではないかと思います。

ロックのプレーはこういうものです。パインツリー
http://www.youtube.com/watch?v=iwIAnr1zm3I&feature=related

元ウエールズのライアン・ジョーンズが九州に来るようです。
https://twitter.com/kumamotorugby01
今はウエールズ協会で働いています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/35493268

アイルランドのウイング、トミー・ボーは引退するようですね。
肩の古傷があるようです。

ラグビー次はスーパーラグビーの前に2月3日からの
6ネーションズですね。
http://www.wowow.co.jp/detail/112194

パナソニックのFWがやや押され気味だったのは、フランカーがポコックと
布巻の二人オープンサイドフランカーを使ったからもあると思います。
コリーが怪我したからだと思いますが、ロビー・デイーンズはワラビーズでも
二人オープンサイドフランカーを使ったことあります。
サントリーはツイが目立っていました。フランカーは守りだけではだめです。
攻守に活躍しないと。

日本の正月番組でABsプロップの Nepo Laulala が出て優勝したのは知っていましたが
NZ同士の対戦だったようですね。shot put (砲丸投げ)のリオ五輪銅メダルの
Tomas Walshに勝ったようです。使う筋肉が違うんでしょうね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Tomas_Walsh

そのビデオが今頃NZサイトに。
https://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/100619238/all-blacks-prop-nepo-laulala-destroys-shot-put-star-tom-walsh-in-test-of-strength

予選から見たい人は
パワー・ウオール ラウララ youtube
でサーチしてください。

Nepo Laulala
クルセーダーズで13テストです。Owen Franksの後継者でしょうか。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=1139

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

攻めのサントリーが受け身のパナソニックに勝利

沢木監督のインターナショナルを目指している(流主将)がロビー・デイーンズの
ワラビーズ時代からのプレシャーが少ないラグビーに勝ちましたね。
パナソニックはトヨタにスクラムを粉砕され、ラックも押された弱点を
サントリーにつかれました。
バーンズのすぐの交代は山沢がまだ経験不足で、両ウイングにほとんど
ボールが回りませんでした。自分で行ったりキック蹴ったりでつぶれることが
多かったです。
ギタウのうまさが目立ち、またしてもバーンズはそれを見ているだけでした。

サントリーの2トライはギタウが絡んでいますから。
ポコックにしても、バーンズにしても狙われていて(悪い意味でなく)
プレーができなくなりました。

松島も存在感を示していました。
パナソニックはジャパンがサントリーに比べて多いことも受け身になった
ようです。田中フミが2回ラックでボールに絡まれましたし。遅いです。
ロビー・デイーンズのチームにはプレシャーをかけるのが鉄則です。
ABsがワラビーズに対した試合をサントリーがやったような感じです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポコック対マクマーン、ギタウ対バーンズも。ワラビーズ多数

正1FEのギタウとワラビーズではやや出番が少なかったバーンズの
判断も興味があります。
ワラビーズの生涯ポイントです。
http://stats.espnscrum.com/scrum/rugby/records/player/most_points_host.html?id=6;type=team
3位 MJ Giteau in Australia C,FH 2003-2016
15位 BS Barnes in Australia C,FH 2008-2013

ABsとワラビーズのテストで二人が出ていたころ
http://stats.allblacks.com/asp/testrecords.asp?team1=NZ&team2=1&sdate=1995&edate=2018&ground=&country=&tourn=&icount=20#pageend
ギタウが1FEでバーンズが2FEで両方出ている試合もありますが
ギタウが多いですね。そのあたりの精神的な面が日本ではどうでしょうか。
ちなみにイオアネもポコックも同時代で出ています。このころは
ロビー・デイーンズがコーチでした。

ダニエル・ヒーナも2キャップです。ウエールズとイングランドのテストに出ているようです。

ワラビーズが6人。

そしてジャパンが16人ですか。もう少しいますかね。

サントリーとパナソニックの日本選手権ですが、ピアのチケット売り切れでした。
両チームポジション別に対抗するところもあり面白いですね。
ウイングは山田、福岡に分があるでしょうか。
FBは松島対藤田も面白いですね。
スクラムハーフは田中対流のこれもジャパン対決になりました。
中村対松田の帝京大対決も。
松島と松田の仲良し?松松の対戦も。
ロックもウイーラー、真壁対ヒーナン、ワイクス。
電車でTシャツ短パンはウイーラーでしょうか。ABsではないですが。
マオリでは出ています。
パナソニックは控えのFWは小柄ですね。
サントリーは190cm級が3人控えています。
パナソニックは控えのバックスは山沢、イオアネがいて
力が劣りません。

ヤマハでは大田尾選手がブーツを脱ぐようです。
大田尾、大西コンビのころのヤマハは面白かったです。
土壇場の逆転が多くて。山村選手はまだ続けるのでしょうか。

Lima Sopoaga が2019年前にNZを離れるようですが
1FEはボーデン・バレットガいて、ソポアガはNO2でした。
ワールドカップ前の決断に何があったんでしょう。
ダミアン・マッケンジーをFBから1FEにポジションチェンジが
あるからでしょうか。オールブラックスで先発だと
海外に行くことはほとんどないですがやはり将来を
感じているんでしょうね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

ボーデン・バレットBeauden Barrett婚約おめでとう。

フィジー旅行中に発表しました。
落ち着いたプレーするようになりましたね。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/100396858/beauden-barrett-and-partner-hannah-laity-celebrate-with-champagne-during-fiji-trip

ポコックも近いんでしょうか。日本選手権決勝が終わったら
オーストラリアラグビーからのサバティカルも終わりブランビーズに
帰るようです。
http://www.canberratimes.com.au/rugby-union/brumbies/samesex-marriage-elephants-lions-and-rugby-david-pococks-12month-sabbatical-20171218-h06k85.html

レフリーのナイジェル・オーウエンスはクリスマスから過食症だ
そうです。この期間は食べ過ぎになりますね。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/100416952/rugby-referee-nigel-owens-admits-bulimia-relapse

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧