ラグビー

2018年4月17日 (火)

ケリー・ブレジャー80m独走トライで金メダル

女マーテンズ活躍したようですね。コモンウエルス女子セブンズ
https://www.stuff.co.nz/sport/commonwealth-games/103118175/new-zealand-womens-sevens-team-to-play-australia-in-gold-medal-match

voice of rugby Keith Quinn
John McBeth もラグビーワールドカップで聞けるようです。
日本では無理でしょうか。
ずっとスカイに取られていたのがTVNZで放送されるようです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/103142297/world-cup-commentators-will-be-familiar-voices-to-kiwis-doyen-keith-quinn-says

やはり長年の経験の声を聞きたいです。

スーパーラグビーはテストマッチの気持ちで試合しないといけません。
甘っちょろいタックルでは。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

スーパーラグビーで勝つことはワールドカップで勝つことより難しい。

サンウルブズは今まで3勝していますが、1勝目のジャガーズは
相手が世界一周したようなツアーで疲労困憊の状態でした。
去年のブルズもそうだったと思います。
ブルーズは33度の気温に相手がへばっていました。

スーパーラグビーはワールドカップ8回のうち、7勝している
国代表の母体のチームです。あとベスト4経験があるジャガーズ、下手な国より強いです。

NZの州代表は国代表より強いです。
簡単には勝てません。

世界ランク10位以下の日本が旧IRB8か国、アルゼンチン、フィジー(日本より強いですよね。)のトップ10と同じくらいのスーパーラグビーのチームに簡単に勝てません。

オークランドはカンタベリーと並んで輝かしい歴史がありますが。

ワールドカップのサモアやアメリカより強いです。
ワールドカップのいい練習と思えば、無理な期待を
しなくてもすみます。
ただ今年のサンウルブズFWに迫力ないですね。
テイアテイアをFWコーチで残したほうが良かったんじゃ。
2勝しましたから。

3列もどんどん小柄になってきて、相手にプレシャーがかかりません。
前に出てません。横に動いているだけです。3列のキャリーの差が大きいです。

190cmが一人もいない3列。これも海外だったら高校ラグビーのサイズです。

それともオープンサイドフランカーばかり3人です。

190cm級以上が二人以上いないと耐えられないのは、インターナショナルでは

常識です。FWは健闘って書いてる記者もいましたが。苦笑。ラグビーと同じレベル。

明が活躍していました。カイノは来ていませんでしたが。ハッテイングは大きさで対抗していましたが。

パスとキックだけのスクラムハーフ。ランがありません。

相手に予想がつきます。

ラグビーが軽いです。何故ブリッツを先発で出さないんでしょ。
スクラムも1回だけで、安定継続して押していません。
いいボールが出ないので尻すぼみでした。

この2年間は山田や福岡が通用していましたよね。リハビリ中でしょうか。

Aでハイランダーズに出てますけど。

今日はメインスタンドの端で見てましたが、高いですね。

ガラガラ。ゴールポストの後ろのみ入っていました。

こういう試合内容じゃ観客は減るばかりでしょ。

今日は前半は風上だったのでリードできましたが、後半は
余りチャンスなかったです。

強敵ぞろいですが、勝てるラグビーやってません。

ジョゼフのラグビー、去年のワラビーズ戦、今年2試合、同じような
経過です。正常な判断力を持てない状態なんじゃないでしょうか。

カーワンに似てきましたね。

ジョゼフは松島に八つ当たりしているようですが、確かに決定的な二つはずしていました。

レべルの低いトップリーグでいい気になっていたんでしょう。この試合戦犯は

松島のタックルミスですね。い薬でしょう。そのミスがあったら跳ね返せないギリギリの状態ですから。

ジャパンはロックはワイクスとハッテイング、そしてNZに行っているフィージアン、3列は

マフィとリーチ。

190cmにちょっと足りないですが、実績で。あとブリッツ。

不調のブルーズに輪をかけたサンウルブズの不調。勝負が見えています。

ブルーズのハドル

30dscn0438

ブルーズは、アイランダーズが多くなったことも影響していそうです。

他のチームに比べて多いと思います。やはり奔放なラグビーだけでは。

理詰めの所が少ない感じです。

ラインアウト

30dscn0445

ハーフタイムショー

30dscn0443

水泳自由形の塩浦選手が観戦していたようです。ラグビーに向いた体格ですが。
https://twitter.com/shinri_shioura

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

ファーギー・マコーミック、ウェイン・スミス

アンガスのお父さんでABsのFBで活躍しましたが
病気のようです。カンタベリー代表としての222の記録を持っていると思います。
78歳。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12020860

1.70m, 83kgのFBでしたががっしりした人でした。

http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=557

ウエイン・スミスが神鋼のジェネラル・マネージャーになりましたが
ABsのアシスタントコーチを辞める時、病気って聞いた感じがしたんですが。
カーター、エリスとクルセーダーズ、カンタベリーの人がいます。
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11970816

木津選手が神鋼やめたんですね。日本代表まだできるでしょ。

ラグビー協会本チャン体質?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830359-number-spo&p=1
仲間内なんでしょう。
私は期待していないです。あまり。
野球よりラグビーが閉鎖的なんですね。
野球で力をふるった人がラグビーではさせてもらわなかったんですから。

例外もいたと思います。
上田昭夫さんとか。

なのでNZ協会が好きです。
開かれています。
ラグビー協会の会長がABsの選手だった人が多いです。

キース・マードックが亡くなったようですね。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/102735587/controversial-former-all-blacks-prop-keith-murdoch-has-died
1972年のツアーで問題を起こして、途中のオーストラリアで降りて
そのまま行方不明になった人です。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=641
マコーミックより少し後のABです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

南アフリカ帰りはつらい、ダミアン・マッケンジーは次のABsの1FE

移動、時差で帰ってきてすぐの試合はNZのチームでも50点ほど
取られる試合があります。残っていた人も大分でてますけど。

リーチもブリッツも疲れでいつもほどのプレーしてなかったと思います。

ダミアン・マッケンジー

30damiandscn0357



一人早く出てきてました。
フィル・ベネットに似ていますね。再来です。
1FEにも慣れてきて、ステップとスピード、パス、キックも
良くなっています。魔術を見せてくれました。
トライを取れてキックも良くなったので得点が多いです。

才能です。チーフスだけでなく、ABsも大事に育てています。

ブロデイ・レタリック 2.04m, 123kg

30blodydscn0358



不幸があってABsの試合にもしばらく出ていませんでした。
プレーする気持ちが出てきたようです。
ロックはこうでなきゃ。
サンウルブズロックが弱点ですね。弱すぎます。

日本のロック暴れてないです。
姫野はフランカーで使えばいいと思います。カークの代わりに。

チーフスのハドル

30chiefsdscn0359

チーフスのABsのサム・ケイン、ネーザン・ハリス、レナート・ブラウンもいますから
やはりNZのスーパーラグビーチームは強いです.

田村優選手

30tanuradscn0360



キック2本はずしていました。

サウマキはハリスとダミアンのタックルを外していましたね。
売り出し中です。

レメキはタックルミスを恥じて頭をまるめていました。
サンウルブズはノッコンが多かったです。

ロビー・ロビンソン

20robdscn0361


古巣といとこ対決でした。チーフス時代より

スピード落ちていますね。

ソフトトライが多くて、観客も減っています。
バイをはさんでワラターズ戦はやってもらわないと。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

サンウルブズ2点差もモールに差が

タックルも良くなって、サウマキも活躍しましたが
ライオンズはモールで簡単に得点していました。
ラインアウトも良くなかったです。

レメキが3本タックルはずしたのが痛かったですね。

アイルランド対イングランドと試合が重なっていたので
全部は見ていないですが。

アイルランドは守り勝ちでグランドスラムでした。ファレル父がライオンズDFコーチの
力を見せました。
FWも強く、SH、FH,FBがしっかりしています。
イングランドは3敗で5位でした。
Wales ("a shit place") and "scummy" Irelandとエデイが言った
イルランドやウエールズよりも下ですから
英語で何というんでしょう。笑い。
scummyくだらない shit うんち
https://www.theguardian.com/sport/2018/mar/14/england-rugby-six-nations

コーチが口が悪すぎで、選手も規律が良くないですね。
各国イングランドを研究しています。
エデイが日本のコーチ時代ベストのテイア1に勝ったのはボックスだけだと思います。
スコットランドには勝っていません。
このレベルになるとそう勝てるものでもありません。
エデイ礼賛一色が変わるかもしれませんね。
ワールドカップ後、ワラビーズコーチに戻ったりして。

今年来日するイタリアは若手が出てきています。
全敗でしたが、いい局面もありました。
スコットランドには惜しい試合をしました。

スコットランドは得点力とラインアウトがやや弱いようです。
日本には強いですけどね。

ウエールズはフランスに1点差の勝利でした。
ケガ人が戻ってきて、あとジョナサン・デービスです。
ワールドカップでは今度はそろって欲しいです。
フランスもワールドカップになると変わるかもしれません。?

東京で桜が開花ということですが近くの羽根木公園と北沢川緑道は
まだ数本で咲き始めた段階です。
満開になるのはまだ何日か必要です。
北沢川緑道桜道 去年
http://iinada.la.coocan.jp/JEHOR_index/NEWJEHOR_inada-taka2.htm

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

アイルランド優勝、イングランド、フランスに敗れ連敗

アイルランドはスコットランドに完勝でした。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/43319510
アイルランドは強力ですね。
フランスはパリでイングランドに快勝でしょうか。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/43309179
イングランドはペナルティが多かったですね。
次のツイッケナムでのアイルランドも強敵です。

イングランドはフライハーフのフォードが平凡ですね。
セクストンやラッセルに比べても目立ちません。
ライオンズにも選ばれていませんし。

1FEはカーターのこのプレーです。
https://twitter.com/AllBlacks
3月5日の誕生日のところにライオンズ戦のビデオがあります。
一人で33点取りました。
アンデイー・レズリーはピトーン、ウエリントンの元ABs主将で
NO8でした。小柄でした。キャプテンシーがあったので。

http://www.petonerugby.com/latest-news/news-archive/display/102
カーターとバレットを比較している記事もありましたが
得点記録が
テスト
112 1,598
62 465

サンウルウズはセットプレーが弱いのは相変わらず。
スクラムはずっとですが、ラインアウトも差があります。
それにタックル弱かったですね。
簡単に抜かれすぎです。
相手チームは弱点を突いてきます。
エデイ時代はここで耐えられましたが、
サンウルウズ、ジャパンもこれでは
アイルランド、スコットランドに対抗できるまで
なるでしょうか。
とにかくスクラムとラインアウトが弱いです。

見るに堪えないので、時間が重なっていた6ネーションズを見てしまいました。
あとはハイライトを。

それに流がスーパーラグビーデビュー年なのに
主将というのは早すぎる気がします。
インゴールで抑えそこなってトライ取られました。
トップリーグでいいから、スーパーラグビーで
通じるとは言えません。
こう見てくるとブランビーズ戦が惜しかったです。
スタジアムで観客を入れて、ニュースになるような
ウオームアップゲームをやったほうが良かったんじゃ。
ラグビーを磨いて開幕を迎えないと。
サンウルウズ、今年はトップ5を目指すようですが
ボトム5になりそう。これからさらに強いNZのチームと
当たります。ブルーズも強くなっています。
勝利のためにはフィットしている人を使うべきで
日本人が怪我も多いので使わないことは問題では
ありません。強ければ観客も入ります。

今日は311ですね。津波地震でした。
http://en-trance.jp/rugby

三か所で起き、三角波で高くなりました。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

レベルズセットプレーでサンウルブズを圧倒

フォースから移った主将でワラビーズのロック、アダム・コールマン
https://www.rugby.com.au/players/adam-coleman#Super-Rugby
を中心にラインアウト、スクラムで圧倒し
インターセプトしかチャンスありませんでした。
ラインアウトは投げるところがありませんでした。
去年のジャパンのワラビーズ戦もそうでしたが。
その時の研究したものをおなじだったかも。
レベルズ、レッズにも勝っていたんですね。
前5人が押されて、リーチも動けませんでした。
ジャパンは、この試合はアイルランドとスコットランドは見ると思うので
同じく大きさで圧倒しにくりと思います。
サム・ワイクスが細く見えました。ワイクスもフォースだったんですね。
コールマンが出てきたので日本に来たのかも。コールマンがワイクスを
良く知っているので、それでラインアウトが取れないことがあったかもしれません。

記事
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/101952828/melbourne-rebels-roll-sunwolves-for-unbeaten-start

エデイ、スコットランドファンに囲まれていろいろ言われたようです。
こういう行動は良くないことは当然です。

エデイの試合前の相手チームへの発言が原因であることは明らかですね。
パッチェルやラッセルへの発言は、相手チームのファンにとって、好感を持つものなど
いません。反発がほとんどでしょう。
何もなくてこの事件が起きたわけではないと思います。挑発したからです。
これでエデイももう言うことはないでしょう。

Filo Tiatia オークランドのFWコーチになったようです。
去年サンウルブズのコーチでブルーズに勝ったことですし。
オークランドはアラマ・イエレミアがコーチです。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/former-all-blacks-forward-filo-tiatia-joins-auckland-coaching-line-up

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

ソニー・ビル・ウイリアムズ(Sonny Bill Williams  SBW)有名税

NZ協会もルースターズもすぐ否定したようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12002134
こういう偽記事がと時々ありますね。

スクールウオーズ上映中止。
ものすごい恩恵をラグビーが得ているのに。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00010000-victory-spo&p=1
ラグビー協会のO〇の考えのようです。
色々な場面でラグビーのフェアプレー精神
、評判を下げている人ですよね。
こんなの追放しなきゃ。
利権屋の小判鮫でしょ。
協力してくれる人もあきれています。

池田純氏のツイッター。
https://twitter.com/ikejun

マラソンで16年ぶりに日本新記録が出たようです。
1億円が効いたようです。
日本人はマラソンに向いているところもあります。
https://www.youtube.com/watch?v=lql3UKTcfvk

ブログ村ラグビーに参加しています


ラグビーランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

フィン・ラッセルスコットランド、エデイイングランドに完勝

ワールドクラスになっちゃいました。
前の2戦でプレーが悪くて批判されていたようですが
MOMの活躍でした。
さらにセンターのヒュー・ジョンーズが3回ブレイクし
2トライの活躍で、日こちらもMOM級でした。グレガー・タウンゼント新しい
ラグビーやっていますね。ブレイクダウンが強く
カウンターアタックします。

スコットランドのツイッター
ビデオあります。
https://twitter.com/Scotlandteam

イングランドはウエールズ戦もTMOのミスがなければ
分けていたでしょうし、ウエールズに実力勝したアイルランド戦も残っています。
言われたことしかしないようです。
これで、エデイ一色だったラグビーメデイアも落ち着きを
取り戻してくれればと思います。ワラビーズの時は
結構負けていましたから。ジャパンでもスコットランドに勝てませんでした。

サンウルブズは後半ウオームアップ試合がなく、錆びついていましたね。
ABマッチやったほうが良かったんじゃ。
スーパーラグビー初出場の流がポストに当てるミスから
始まり、ラックに横に入ったり、ノッコンオフサイドで
自滅していきました。
この時間帯前に出るプレーがほとんどなかったです。
サウマキは良かったですが、トップリーグの疲れが残っている?
リーチ、立川、松島等がまだ出ていませんので。

記事が載っています。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/101743251/brumbies-survive-sunwolves-scare

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

サンウルブズ、今年の成果が来年のワールドカップを占う?

6,11月のウインドウマンスのテストマッチでは、試合数が足りなく
スーパーラグビーが強化には持ってこいでしょう。そのため
JJもトニー・ブラウンもサンウルブズも引き受けたんだと思います。
メンバーもそろいましたね。
知っている人が多いと思いますが
メンバー
https://sunwolves.or.jp/team/player/2018/
FWは大きくなり、プロップ、ロックが前の2年より良くなりました。
バックスも速い人が多くなりました。

ウオルターリトルの息子マイケルとジョゼフ
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=112731&code_s=1003
ウオルターとジェイミー・ジョゼフとはABsでチームメイトでした。
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1945
ウオルターのほうが多いですが、ほかに何試合か。

Brad Shields はまだイングランド行っていないんですね。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11996645
ABsのジャージーを着る機会はあるでしょうか。

Danny Ciprianiは若い時は悪ガキだったんですが成長したでしょうか。
ケリー・ブルックとはどうなったんでしょう。
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1196624/Its-getting-Kelly-Brook-Danny-Cipriani-visit-estate-agents-prepare-step.html

Hayden Parkerはハイランダーズのよしみで参加したんでしょうか。
マオリにもなっていません。サイズが足りなかったです。
ハイランダーズ優勝に貢献したのはソポアガだったと思います。
去年か、おととしもう一人ウエリントンから来た人と同じくらいでしょう。

ロビー・ロビンソンはスタンドオフで先発です。FBが向いていると思いますが
田村優選手は怪我のようです。スーパーラグビーではチーフスでFBやってた時が
一番活躍したと思います。スピードがありました。

エデイ・ジョーンズがまた、スコットランドにマインドゲームをしかけてます。苦笑。
フィン・ラッセルがワールドクラスと褒め殺しをしたのですが、
いつもの通りなので、スコットランドの主将に軽くいなされています。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/we-dont-take-much-notice-scotland-play-down-eddie-jones-six-nations-mind-games

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧