ラグビー

2017年10月22日 (日)

オールブラックス、オーストラリアでここ10年でワラビーズに5敗目

2ドローもあります。その間27勝はしていますが。
wiki
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Australia_and_New_Zealand

結構負けています。グラウンドが固いということもあるかもしれません。
ボーデンが出てなくて、ソポアンガでは攻撃が弱くなっていました。
ソニーはボール奪ったり、リエコへのパスを出したり動いていました。
ハンセンも信頼しています。

パナソニック対サントリーは21-10でした。
ジャパン  11人対4人では自然な結果でしょうか。
ハイタックルは一度でシンビンでしょ。

サントリーは後半はモールしか攻め手がなかったです。
そういえばギタウが出てなかったですね。
怪我でしょうか。それがわからない。記事で出ないですね。
怪我情報。サービス不足です。みみっちいんですよ。
出しても大した問題じゃないです。
サントリーは今シーズンはリコー、ヤマハ、トヨタにも競った試合で
そう強さを感じませんでした。
体調不良でジャパンを辞退したひとも何人か出ていましたが、前半のツイ以外はプレーに精彩がなかったです。

ノーサイドは両チームよかったです。トップ2チームがこれを続けて
トップリーグプロトコルにしてほしいです。勝っておごらず、負けて悪びれずですから。

松田いいですよね。ランもキックもいいです。
トニー・ブラウンSOとして考えていると思います。

パナソニックは去年からFWを強化しました。

JJもトニー・ブラウンもパナソニックのようなラグビーやりたいんでしょうね。
スマートな。それでジャパンが多いのかも。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

守るべきもの

民主主義、戦争のない日本、経済。
1980年代まで日本は豊でしたが。

地元最寄り駅で立憲民主党の落合貴之候補が
商店街練り歩きをしていました。

30dscn0322


区内の個人商店生まれということで

30dscn0324

ツイッター
https://twitter.com/ochiaitakayuki

プロフィール
http://www.ochiaitakayuki.com/profile

区立の小、中卒業のようです。
私立もいいものがありますが、公立というのは政治家では
珍しいですね。
私も学習塾もない公立でした。

選挙関係は投票日の更新はいけないようです。
都の選挙管理委員会に確認しました。

升永英俊弁護士も同様な支持をされています。
https://twitter.com/masunaga_hide
青色LED訴訟」、一連の発明対価裁判で知られています。
知人の公平良三氏
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-72bf.html
の別の講演会でお話を伺ったことがあります。

福田康夫さんみたいに、「私はあなたたちとは違うんです。」と
言った立派な人もいますが。世襲の人がそうだとは限りませんね。

ラグビーの話ではオールブラックスが8年世界ランク1位で強すぎでは
たいくつだとサー グラハム・ヘンリーが言っています。

https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/97839338/henry-all-blacks-domination-boring

エリスカップは国内各地を巡回しているようです。仕事では何回も行った
品川のキヤノンプラザでも展示するようです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000307.000013943.html

神鋼が先週キヤノンに負けたのは会社のこと知っていたかもしれませんね。

東芝といい、トップリーグのチームが影響を受けていますが、

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

目覚めたスプリングボックス24-25オールブラックス

ボックスは主将エツザベスがよくキャリーし、ヤーガー、デユトイと2mを超える人が3人いて
ボールキープ、奪取力が上がりました。スクラムは押されましたが。
後半は非白人はいないようでした。
フッカーのマルコム・マークスもターンオーバーを3回していました。

この両チームが2019年ワールドカップでは同じBプールです。

ABsはレタリックが出ていないので、ボーデン・バレットがヘッドノックで
ソポアンガに交代しましたが、リエコとダミアン・マッケンジーが
トライを挙げました。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/97659383/all-blacks-hang-on-to-win-an-absolute-classic-at-newlands

両チーム前半は意地になってて、10分延長していました。

トップリーグでは1勝のキヤノンが連勝中の神鋼に勝ったのは意外でした。
コーチがトンズラしてまとまりがありませんでしたが。

エリスカップ釜石を訪問中
https://twitter.com/rugbyworldcupjp

立憲民主党ができて、政治の争点が整理できてきましたね。
植草一秀さんがまとめています。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/248-02c8.html
旧民主党も、混在していてわかりにくかったですが
これですっきりしました。独立党か植民地政党の違いですが。

フォロワーが16万人になろうとしています。
https://twitter.com/CDP2017?lang=ja

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

ビッグネーム、ハリケーンズ、ジョン・プラムツリーJohn Plumtreeジャパンのディフェンスコーチに

プラムツリーはハリケーンズのアシスタントコーチで去年の優勝に貢献しました。
ジャパンもディフェンスが強化されそうです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/97479134/hurricanes-assistant-coach-john-plumtree-takes-up-defence-job-for-japans-brave-blossoms
キイウイですが南アフリカのセブンズで2試合出ています。
シャークスのコーチもしていますね。

日本協会の紹介です。
https://www.rugby-japan.jp/2017/10/02/defense_coach/

ここにきてFilo Tiatiaを変えたり、プラムツリーを起用したりようやく本気になってきましたね。
ジャパンにスーパーラグビーコーチが3人になりました。
スーパーラグビーのコーチは6ネーションズのコーチのような重みを
持つときもあります。
エディ時代に集まり始めたころに似ています。

ミーズ時代の選手I. S. T. Smithが亡くなりました。

1965年ボックス戦3-1でシリーズ勝利の第4テストで2トライしたウイングです。
ビデオもあります。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11928551
メンバーは
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1543

ボックスではロックの. C. H. du Preez
スクラムハーフで主将のD. J. de Villiers が知られた選手だと思います。

政治がどこかの紐付きと違う?紐付きにようやく日本の政党ができそうですが。

ブログ更新は不定期になります。ニュースによります。重要なときに。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams SBW)全盛期を過ぎていない

ローリー・メインズが最近の静かさについていちゃもんを
つけいますが、今は娘が二人生まれて優しくなっているだけでしょう。
ソニーは2019年ワールドカップまでABsと契約しているんですね。
ピークはワールドカップでしょ。

プーマズは前半地元満員観衆の中で借りてきた猫みたいでした。

ABsはボーデン・バレットとダミアン・マッケンジーのWFFEが
効果的です。マッケンジーを使い続けているのは経験を積んで
効果をあげています。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/97427083/player-ratings-which-all-blacks-shone-against-argentina-in-buenos-aires
後半はABsもだれて、シンビンやパスも正確さを欠いていました。
プーマズはラインアウトモールだけ対抗していましたが、スクラムも2回押されましたし
攻め手が少ないです。

ブラッド・ソーンBrad Thornレッズのコーチに。
オーストラリアですが、ユニオンの仕事をするのはいいことですね。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11927762

パナソニックとNTTコムのジャージー色同じですね。

サンウルブズがJJがコーチになりましたがFilo Tiatiaはトップリーグどこかに
紹介するんでしょうか。?

仕事の忙しさは相変わらずです。
ブログ更新はABsかジャパンのテストがあるときぐらいに
なると思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

New Zealand 57, South Africa 0 オールブラックスが強過ぎたのではなく、スプリングボックスが弱くなりました。

ABsの最大のライバルだったボックスの姿は今はありません。
今年初黒星のようでランク3位だったようですが。それにしても8トライ、シャットアウトというのは。
フィジカルでABsに負けてました。フッカーのマルコムは良かったですが。
最初のスクラムだけ。
何故か?。非白人選手を5人ですか、使う規定があるようです。
黒人選手全然目立たないですよね。特に後半の人たち。
代表の力がない人を使っているので
差が出ています。
南アフリカ人口の90%は非白人のようです。政治的理由で
こういう規定があるのでしょうが、それは南アフリカの自滅破滅だと思います。
マンデラ大統領だったらこんなことはしなかったと思います。インヴィクタスに
それを思わせるシーンがありました。
逆差別ですよね。南アフリカの黒人選手は小柄な人が多いです。

ヤンキース(ヤンチェス)いいですかね。飛距離がないようですし
ポラードのほうが良さそうですが。白人選手が委縮していますね。
ラグビーは力のある人を使わないと。

British and Irish LionsとABsは互角でした。あの緊張感はボックス戦には
ありませんでした。これがイングランド相手にはそういきません。

リアム・スクアイアはフィフイタに刺激されて、激しいプレーしてましたが肩に頭が
あたってヘッドノック。スコット・バレットがかわりに6番に入り活躍してました。
今後厳しいポジション争いが予想されますね。

ャパンは今回のNDSはかなり絞り込んでいる感じはありますね。
斎藤記者のレポート
https://rugbyjapan365.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8/%E3%80%8C%E4%B8%8D%E5%8B%95%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8D%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%80%99%E8%A3%9C%E9%81%B8%E6%89%8B%E5%BC%B7%E5%8C%96%E5%90%88%E5%AE%BF%E3%80%8C%E7%AC%AC%EF%BC%95%E5%9B%9ENDS%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%80%8D%E3%81%8C%E9%96%8B%E5%82%AC

バックスはスピードのある人を選んでいます。ウイングは jet shoes (byポコック)福岡、山田(勝負強さですが)松島、レメキがいますから。それにアンドレ・テイラー。

藤田はコーラ戦でトライ取ったのですが、切れてる感じはありました。

パナとコーラ戦のあと、福岡、ラファエレ、ツポー、松田で写真撮っていましたが
参加が決まっていたのですね。

それではずれたのが、江見、五郎丸?中鶴は守りが。

スタンドオフに松田が選ばれて、山沢がいないのも。試合経験の差がありそうです。

ロックがワイクスは今年はまだですかね。身長がサムエラのほかに後二人は欲しいところです。

この選考、JJとトニー・ブラウンの中では、かなり選んでいますよね。二人が考えてるのは

スピードラグビーですね。FBはアンドレ・テイラーと藤田か。

話題にならないのは?

遠い親戚がいい発言されています。ラインアウトモールだけでは成長がありません。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/11/kiji/20170911s00044000263000c.html
兄の奥さんの弟さん。
お会いしたことはないですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

>2017-2018トップリーグTry of the year?福岡堅樹選手のコカコーラ戦のトライ

自陣ゴール前から90m近く走り切って、先ずラファイエレを抜いて4人ほど抜いています。
Jスポーツの第4節のハイライトにあります。

1分50秒ごろからです。
ポコックのトライの後に。
https://www.youtube.com/watch?v=uDvxA1cJ3Ns
コカ・コーラはツポーや副島のジャパンがいて、前半は健闘していました。

この福岡のトライは大畑の香港セブンズ、スコットランド戦を思い出します。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-f84c.html
位置といい距離といい似ていますね。大畑が世界にでるきっかけでした。

佐賀の試合でラグビー記者氏が行っていないようで、このプレーが
報道されていません。

やっぱりラグビーは足の速い人をスターにするのがいいんじゃないでしょうか。
キックも価値はありますが。
スクールウオーズとか、もいいですが、新しいものを作り出さないと。

今福岡堅樹から目を離せないでしょ。各紙福岡番がいてもおかしくないのでは。

世界的なスピードスターですから。

ラグビーはトライですよ。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

NZ greatest rugby player Pinetree Sir Colin Meadsの葬儀

サー ブライアン・ロホーの最後の別れの言葉は さよなら パイントリーでしたね。
葬儀の模様はネットで生中継され、NZのみならず、世界で見た人が多いと思います。
NZで最も偉大というんですから、世界でと言ってもいいでしょ。

1967年のツアーメンバーも参列していました。
サム・ストラハン、グラハム・ソーン、アール・カートン、イアン・かークパトリック
ラグビーをオープンプレーに変えたという遠征でした。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/sir-colin-meads-flashback-standout-1967-tour-great-britain?auto=5554358366001

NZ協会会長のohn Sturgeon
サーグラハム・ヘンリー、ステイープ・チュー、サージョン・カーワン等も。

サー マイケル・ジョーンズ、ジョシュ・クロンフェルド等
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/96226110/kevin-norquay-te-kuiti-stops-to-farewell-sir-colin-meads

NZ首相、野党党首もいたようですが、家族、ラグビー葬でした。

ビデオ 赤色のブレザーはキングカントリーカラーのようです。

12人の孫の内一人が男の子で、あとの11人は女の子です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

ブレデイスローカップ今年も保持、ブラックファーンズ優勝

NZ国内ではワラビーズ21連勝でした。
ダミアン・マッケンジーのパスをファラウが
インターセプトしたり、アーロン・スミスがゲニアに
2回走られたりして、もつれましたが
走力のある、ペレナラが出てきて逆転しました。
追悼試合だったのでやや硬かったです。
ベン・スミスとレタリックが抑えたのはトライでしょうね。
TMOが判定をくつがえしましたが。
ハイライト
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/96189372/late-try-by-barrett-saves-all-blacks-from-embarrassing-loss-to-wallabies
ソニーは頭を打って元気がなかったです。

ブラックファーンズは前半は巨漢が多いイングランドに
押され気味でしたが、後半はFWのパワーキャリーで
圧倒し、イングランドは沈黙でした。
MVPはポーシャやケリーでなく、ハットトリックのルースヘッドプロップでした。
ポーシャはチャンスは少なかったです。
イングランドのFBのエミリー・スカーレットはランもキックも
よく正確で飛んいました。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/96193956/sublime-second-half-secure-womens-world-cup-for-black-ferns

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

ロビー・ロビンソン(Robbie Robinson)リコーでスタンドオフで活躍

RRはスピードがあるので、ギタウをアンクルタップで
松橋のトライにつながりました。江見にも簡単に追い付いていましたし。
NZU20では、クルーデンが主将の時、日本に来て、FBでプレーしていました。
ハイランダーズ、チーフスではFBのプレーが多かったです。
SOはあまりプレーしていず、ゴールキックもそんなに蹴っていません。

今をときめく、ダミアン・マッケンジーはいとこです。
http://www.stuff.co.nz/waikato-times/sport/chiefs/10191056/Cousin-Robinson-clues-up-new-Chiefs-recruit
顔が似ていますね。

RRはマオリでジェミー・ジョゼフと知り合いだと思います。

古豪リコー復活か。伊藤、水谷。サントリーたじたじの場面もありました。スクラム押されてましたし。31-15。サントリー、セットプレーに弱点がありますね。
松島が走って突き放しましたが。NTTコムに17-13で勝ったのも力が上がっています。

昨日ネット障害が色々ありましたが、私のところもHPのカウンターが動かなくなりました。
3時間半ほどで解決しましたが。

今日はブレデイスローカップ2戦目、女子ワールドカップ、サクラフィフテイーンと香港の
ゲーム、そして決勝、トップリーグと忙しい日ですね。

ニューヨークタイムズもコリン・ミーズの追悼記事を書いています。
https://www.nytimes.com/2017/08/22/sports/rugby/colin-meads-dead-new-zealand-rugby-star.html
テスト連勝記録実質ミーズ時代のものが残っているので、トップオブザワールドのこと
日本のメディアも触れてほしかったですが少なかったです。

トップリーグという名前ですが、世界のトップには関係ないようです。
ABsもブラックファーンズも今日は追悼試合です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧