ラグビー

2017年7月20日 (木)

グレガー・ポールGregor Paul 記者オーストラリアのことでお茶濁しています。

散々サンウルブズのことけなしていましたがブルーズに大勝した
サンウルブズのことサの字も出てきません。
これがブルーズが勝ってたらまたshame と書いたんでしょうね。
スーパーラグビーのレベルが落ちたということでいろいろ書いていました。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11892615
しかし何も触れないというのは、少しは認めたんでしょうか。
しぶしぶなんでしょうね。でもこれからは無視はできなくなります。

スタッフのほうが少しブルーズに触れています。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/94896059/does-anyone-think-crusaders-v-highlanders-wont-go-to-the-wire
サンウルブズに降伏して、ブルーズ史上最大の敗戦で来年の課題が見えてきました。
セットプレーの安定、ラインアウトも随分取られていました。明確なゲームプラン
リーダーシップです。NZで一つだけブルーと言っています。

サンウルブズ勝利はじわじわとNZにも影響を与えていますね。

しかしサンウルブズの勝利の瞬間の写真が使われるのは痛快ですね。

うーん
イコールコンデイションなんですが
ピッチが44度近いところではやりたくないそうです。
負けた言い訳がましいですね。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/94941939/sanzaar-receives-clear-message-in-wake-of-blues-meltdown-in-extreme-tokyo-heat

ワールドラグビーがルールを半分にすることを検討し始めたようです。、
http://www.sport24.co.za/Rugby/plans-to-reduce-rugbys-laws-50-20170719

ヤマハというのは、私ファンだったから知っていますが(ケヴィン・シューラーの
ハラハラドキドキラグビーの頃)選手層が薄いんです。
トップリーグは勝ってないですし、サントリーにも負けたでしょ。
やりくりしています。
そういう考え方で日本代表のスクラムを作っちゃいけません。
ナッカンを連れて行ったとき、ジョークと思いました。1回で終わったし。
日本人はプロップ体系の人多いし、日本人のスクラムコーチ出ても
いいですが、代表のスクラムが体制が変わるたびに変わってはいけないです。

横から押されて崩れるぐらいだと。左右上下に押してゆさぶるんですから。
単に弱い人使っただけでしょ。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

オークランド、ポンソンビーの伝説のウイングBG Bryan Williams

第1回ワールドカップよりもっと以前の1970年代初めの
オークランドのプレヤーです。
ABsとバーバリアンズのトライのビデオがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=LmPyXylT7GA
この試合は有名なガレス・エドワーズのトライの試合の
翌年のもので、試合はドローでした。
こちらのビデオはあまり見る機会が少ないかと思います。
30 November 1974
Fulltime - New Zealand 13,  Barbarians 13
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1682

バーバリアンズはスプリングボックスに勝ったメンバーが混じっていますね。

ロジャー・アトリーがいます。イングランドで日本に来ています。

その前の試合
27 January 1973
Fulltime - New Zealand 11,  Barbarians 23

http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1652

BG
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=954

スーパーラグビーは8チームによるQualifiersが
始まります。

Friday 21 July 2017 18:35 Brumbies   v   Hurricanes 

Saturday 22 July 2017 16:35 Crusaders   v   Highlanders 

21:30 Lions   v   Sharks 

Sunday 23 July 2017  00:00 Stormers   v   Chiefs

サンウルブズがここに出るのはいつになるでしょうか。

ブルーズ敗戦のショック大きいようです。
主将のJames Parsons は恥ずかしくてファンに謝罪したようです。
タナ・ウマンガコーチの解任は避けてくれと言っています。
ブルーズ、オークランドフランチャイズの最低のがっかりした結果の一つだと
思っているようです。
サンウルブズはブルーズより必死で
フィジカルだった。
空港につきたくなかったようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11892292

今のブルーズはそんな立派なチームでもなんでもありません。
かってのチームはそれこそほとんどがABsでしたが。
今回来たチームには先発は一人でしたから。

それでもサンウルブズが勝ったことは価値があります。

ブルーズもここから復活は速いかもしれません。いい薬に。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

オークランドが強かったころ

やはりフィッツイ、ジニー、フォックス、ウエットン兄弟の頃でしょうか。
ほとんどがABsでした。

1987年ワールドカップファイナル

https://www.youtube.com/watch?v=WgWdc1ZBPsk

オークランド出身者が多数です。

http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1871

9人。

Steve McDowall 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=562

Sean Fitzpatrick 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=278

Olo Brown 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=94

Gary Whetton 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=943

AJ Whetton 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=942

Michael Jones 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=443

Zinzan Brooke 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=88

Grant Fox 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=286

John Kirwan 
http://stats.allblacks.com/asp/Profile.asp?ABID=467

ポンソンビーはオークランドの名門クラブですが
ブライアン・ウイリアムズや
リエコもそうですね。
http://stats.allblacks.com/asp/clublist.asp?sl_id=Ponsonby&Stats_ID=75

Auckland Universityには
フィッツイ、カイノがいます。

Auckland Marist

カーワンですね。

Grammar

ウエットン兄弟以降ABsは出てないようですが。

指導者が育たなかったのが凋落の原因でしょうね。ウエリントンからタナに来てもらっていますから。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

サンウルブズ、ブルーズに勝利はスーパーラグビー世紀の番狂わせthe upset of the century だそうです。

NZヘラルドがようやく整理した記事を掲載しました。

通常朝更新ですが、時間がかかりました。整理しきれてないんでしょう。
今世紀の最大だと言っています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11891803
ブックメーカーのオッズが賭けは圧倒的にブルーズだったようです。

サンウルブズの守りは"relentless"容赦ないとウマンガも認めているようです。

48-21で勝ちましたが、27点差も5-1のアンダドッグで勝った
2番目の得点差のようです。

でもブルーズの今の状態で、こう、ブルーズを持ち上げてるのが
まだわかっていないと思われます。そう思いたいんでしょう。
ブルーズにABsが7人いたといっても、今年試合に出てたのは
二人だけです。ソニーとリエコは来てないので。
後の人は数キャップですから。ルアツアは15キャップですが控えが多かったです。

ワールドカップにも出られませんでした。ハンセンが使ってくれないので

ラムを頼ってイギリスへ。福岡をステップで抜いて片鱗を見せましたが。

初戦に来たハリケーンズだったらこういう試合はしなかったです。

でも、これはウマンガには薬が効いたでしょうから、来年以降の
立ち直りには生きてくると思います。

ヘラルドのトップです。大々的に取り上げています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/headlines.cfm?c_id=80

まあ、でもビッグネームではありますので、この効果は広がっていくでしょうね。

まあ、そう言ってくれるんだった受け入れればいいでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

サンウルブズは来年は勝利は増えると思います。

オースラリアカンファレンスに属するので、時差と旅行の
疲れが大きく軽減します。

また南アフリカツアーはそれに加えて、高地という問題も
ありました。アウエイでの勝利を期待したいです。

オーストラリアはNZに25勝0敗でした。

その点でも。

ブルーズ戦の勝利を見てだと思いますが、ピチョットワールドラグビー副会長が

ラグビーチャンンピオンシップに日本を加入させたいと言っています。

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11891279

これは大変でしょうね。8,9月の期間ですからトップリーグが

形骸化します。実際NZなどでは国内リーグにはABsはほとんど出れなくなりますから。

タイトヘッドプロップで大きい選手が増えてきたのは
ジャパンにとってもいいですね。

具 智元 184cm 122kg
ラックでもファムイナに当たり負けていませんでした。日本代表になってほしいですが。
ダルマゾがほれ込んだものがあります。
渡辺隆之 180 120
知念 雄  184 125

ロックは身長が欲しいです。
この秋のツアーからある程度固定して
経験を積ませてほしいです。

秋はワラビーズもきますし、フランスとも対戦します。

試す試合じゃないです。

フィロ・テイアテイアは2テストですが、
ブルーズコーチのタナ・ウマンガと、解説だったカルロス・スペンサーと
同じ試合に先発したことがあります。奇遇ですね。
2000年イタリア戦。
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=2064
タナとはハリケンズのチームメイトで
同じサモア系で良く知っていると思います。

NZヘラルドは静かです。
グレガー・ポール記者は何も書いていません。
あきらめてるのかも。
かってのオークランドは、カンタベリーと並んで最強でしたが
今は見る影もないですね。

ソニーは出場停止中なので家族を連れて
フィージー旅行です。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11891082

ソニーとリエコが来なかったのはサンウルブズにはラッキーでした。

Alun Wyn Jones, Jonathan Davies ウインブルドンでテニス観戦
数日前に英国に帰国して、息抜きでテニスを見たようです。
テレビで抜いたかもしれませんね。Ken Owens も。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/welsh-rugby-stars-spotted-relaxing-13337400

JPRはテニスの選手でしたし、ガレスもよくやってたようで
身近なスポーツかもしれませんね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

サンウルブズ、NZ最下位のブルーズに大勝Sunwolves 48 - 21 Blues

ブルーズはタナ・ウマンガが立て直していますが
まだ途上のチームですね。かってヘンリーの下で
スーパーラグビーに優勝したチームとは違います。
今年British & Irish Lions には勝ったチームですが
プレイオフ進出もなく、、42度の気温の中で、モチベーションも低かったようです。
またかってのNZ最強州のオークランドとも違います。
とっちらかっていますよね。
NZスーパーラグビーで一番弱いチームだと思います。
ウイキより
https://en.wikipedia.org/wiki/Blues_(Super_Rugby)#Super_Rugby_Era_.282011.E2.80.93present.29

Season-by-Season Resultsを参考に

2011年に4位でしたが、それ以降は
12
10
10
14
11
と下位が続いています。長い低迷が続いています。
今年は7勝でNZのチームの中では5位です。
http://www.sanzarrugby.com/superrugby/

ですから、NZのスーパーラグビーチームに勝ったと言っても
まだ他のチームとの差はあると思います。
喜びすぎない方がいいと思います。

私はブルーズに鼻を明かしてほしいと書きましたが、
グレガー・ポール記者は何と書くでしょうか。笑い。

ブルーズ批判されています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11891092

ホームに帰って、サンウルブズ守りもよかったです。
バックスも福岡、松島のウイング、ラファイエレとツポーのセンター、
といいプレーヤーが育っていますね。このメンバーは
日本代表の基本になりそうです。
FWはブリッツ、松橋、それからタイトヘッドの具が良かったですね。
ある程度、2019年のメンバーが少しづつ見えていた気がします。

田村優選手のインタセプトされ癖は直さないと。
3回目じゃないでしょうか。
コンバージョンは合わせて3,4本はずしていましたね。
これも入れないと。

ビデオです。

https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/94750201/woeful-blues-suffer-shock-upset-to-storming-sunwolves-in-final-round-of-super-rugby-season

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

レベルズかフォースがトップリーグに加入したいって?

オーストラリアのスーパーラグビーチームを削るのは
難航しているようです。南アフリカの2チーム、チーターズと
キングズはうまいぐあいにヨーロッパのリーグ参入が決まりました。
同じタイムゾーンだからです。
それを見て英国のガーデイアン紙が
オーストラリアと同じタイムゾーンのトップリーグに
加入したらと書いています。?!
ワラターズが日本によく来ていますし。
https://www.theguardian.com/sport/2017/jul/14/move-an-australian-super-rugby-club-to-japan-and-solve-aru-problems

実現はどうでしょうか。難しいかも。
日本にレベルズやフォースのファンが多いとは
思いにくいです。
でもトップリーグが国際化はしそうです。

ただこまり切っているようですね。
メルボルンやパースのラグビーの灯を消してはいけないので。

噂なので信憑性はないですが
Sharksもヨーロッパリーグにに加入したいということがあるようです。
旅行は楽ですし、テレビ放送が同じです。
そうするとレベルズとフォースも残ることができます。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

マロ・イトジェMaro Itojeの歌に続いてTadhg Furlongも歌われています。A rock at the right of the scrum♪

イングランドのロックでライオンズのロックの先発を手に入れたイトジェですが
マロ・イトジェの歌があります。
Oh Maro Itoje
https://www.youtube.com/watch?v=_q4YuBlaeAQ

ラグビーの楽しみというか、アイルランドの24歳のお相撲さんのようなタイトヘッドプロップTadhg Furlong、日本に対して強敵ですが、も歌われています。
Laura Wright 、イングラン協会専属国歌シンガーのソプラノ歌手と弁慶いえ、ワールドカップ優勝のイングランドロックのベンケイが
NZのライオンズのファンゾーンで歌ったようです。呉越同舟ですね。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/soprano-singer-rugby-pundit-belt-13315495
ドリス・デイのケセラセラ'Que Sera Sera' toにのせて
'Tadhg Furlong, Furlong, he's big and he's f****** strong' was coined
A rock at the right of scrum♪
名前が詞になり歌にマッチしています。
イングランド人の二人がアイルランドの選手の歌を。ライオンズのいいところですね。
ローラ・ライトは日本でいうと、さしづめ山崎紘菜さんか田中美里さんというところでしょうか?
NZまで見に行ってたんですね。

ドリス・デイ
https://www.youtube.com/watch?v=2uBiLsQl8v8

ライオンズのホープ二人が雑談しています。
https://www.youtube.com/watch?v=n4KWaHHkG5E

2019年ワールドカップもこういう雰囲気がやってくると思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

サー ガレス・エドワーズSir Gareth Owen Edwards 今日70歳に

英国の最大のラグビースターガレスの誕生日です。
おめでとうございます。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/sir-gareth-edwards-turning-70-13315404
ウエールズが来た時、秩父宮に練習を見に行き、
1mぐらい近くで見ました。
ウエールズ代表として11年プレー、53キャップ、ライオンズ10キャップです。
ガレスを見た後だと、どんなスクラムハーフも見劣りしますね。
マッコウは50cmぐらいで渋谷Adidasすれ違いましたが。

スーパ^ラグビーからはずれたキングズとチーターズは
ウエールズ、アイルランド、スコットランド、イタリアで作っている
PRO12に参加するようです。
タイムゾーンは同じなので、南北の移動がありますが
拾う神はあったようです。
http://www.newsletter.co.uk/sport/rugby/rugby-south-africans-keen-on-move-to-pro12-1-8051486

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

非公式第4テストの行方、やぼなイングランド協会、エディの決断は

オールブラックスとバーバリアンズの対戦が今年11月4日にツイッケナムで予定されています。
そこでライオンズを収集してシリーズの決着をしようという動きが出ています。
それに対して、イングランド協会はその後の秋のテストマッチの準備があるので
選手を出せないと言っているようです。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/40559009
ライオンズとABsの対戦は12年後になり、それまで持ち越されることになります。
イングランドは10人以上ライオンズに出ていたので、そこが抜けるとバーバリアンズが
ライオンズとは言えなくなります。
今回のライオンズの団長はイングランドのスペンサーなので説得してほしいですし
エディにもこころよく選手を出してほしいです。
ラグビーが勝利者であるために。
イングランドは次の週からArgentina, Australia and Samoa と試合のようです。

バーバリアンズはガトランドの承認を得て、このアイデアを進めているようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11888749

イングランドはクラブがライオンズに選手を出し渋るということもあり、ライオンズの将来に
影を投げかけていますが。
選手は出たいでしょうね。

選手会は必要でしょうが、日本代表にもサンウルブズにももう出ないということでしょうか。
ふーん。
マレットがトップリーグには出て、サンウルブズに参加してないと言ってましたが。
ジャガーズはほとんどがピューマズなので。だから強いです。
サンウルブズは日本ラグビーをあげてではないので1勝しかできないんでしょう。
両チームに参加して、その上選手会をやればいいのですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧